ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

首都ヘルシンキ
面積33万8472平方キロメートル
人口560万4558人(2023年12月)
建国1917年12月6日(ロシア帝国より独立)
通貨ユーロ(2002年2月 – 使用中)・(マルッカ(1860年4月 – 2002年2月)
公用語フィンランド語・スウェーデン語
国家元首(職)大統領
政体議院内閣制 共和国

フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、フィンランド語:Suomen Tasavalta、スウェーデン語:Republiken Finland、通称:フィンランド)は、北ヨーロッパに位置する共和国スカンジナビア半島東部に位置し、スウェーデンノルウェーロシアとは国境によって隣接している。


国体の変化が激しい歴史を有する国で、1918年12月に君主制から共和制へ移行し、1809年9月にロシア帝国に併合されてフィンランド大公国が成立するまでスウェーデン王国に属していた。1917年11月にロシア帝国が10月革命で崩壊し、それに伴って同年12月に独立を果たした後は4度も戦争を経験しており、特に冬戦争と継続戦争で幾らかの土地をソ連に割譲された。


歴史

1581年7月にヨハン3世が後のフィンランド大公であるフィンランド及びカレリア大公となり、スウェーデン王国が宗主国となる形でフィンランド公国の建国が宣言された。しかしこれはフィンランドに植民したスウェーデン人が中心で、長くは存続しなかった。1721年9月にニスタット条約が締結され、フィンランドの一部(カレリア)がロシア帝国に割譲された。1809年9月にアレクサンドル1世はフィンランド大公国を建国し、フィンランド大公を兼任した。この時にフレデリクスハムンの和約が締結され、フィンランドはロシア帝国の統治に服した。


1917年12月にロシア帝国から独立し、1922年12月にソビエト連邦が成立した後は冬戦争継続戦争を一貫して不利な状況で戦い抜いた。冷戦時代は自由・民主主義を守りながらもソ連の影響下にあった。当時は資本主義経済を維持しつつも外交的には東側の1国であるかのように振る舞っており、国内でも冬戦争でのソ連の侵略に言及するのはタブーとなった。


政治

国家元首である大統領の任期は6年で3選は禁止され、議会制民主主義の国で議会が国権の最高機関である。エドゥスクンタ(Eduskunta)と呼ばれる議会は一院制で、200議席を15の選挙区に分けている。更に比例代表制選挙で選出されて政党助成金制度が存在し、任期は4年だが途中で解散される場合もある。先進的な北欧型の福祉国という印象が強いが、戦後は敗戦国の地位にもあって賠償金などの支払もあり、国政での労働者の権利を拡充する政策は後回しにされた。


議院内閣制

半大統領制に近い議院内閣制の政治制度を採用しており、かつては1919年7月に政体法で成立した半大統領制制で、そのシステムを世界で最初に採用した国であった。しかし2000年3月と2012年3月に憲法改正で議会の権限が強化されると、大統領の権限は議会と内閣へ段階的に移行し、または議会の協賛を必要とする事項が増えるなどして大統領の権限は大幅に制限された。


首相の指名は議会の役割となって任命権は形式化され、内閣のその他の大臣を指名する事も首相による指名を形式的に任命するのみとなった。更に政策を決定する際は内閣の提案に基づかなければならず、内閣の提案も無しに大統領が自発的に政策を決定できなくなった。外交と安全保障に関する分野は国家元首である大統領が担うとされているが、その政策も内閣と共同して決定される事が基本となっている。議会の解散権は首相が提案しなければ行使できない事が規定され、法案の拒否権は議会が再度可決すれば大統領の署名が無くても法案を成立させられるようになった。


国内

少なくとも現状では国内情勢は安定しており、2011年6月から2022年7月まで世界失敗国家ランキングで最下位に入り、つまり世界で最も失敗国から遠い国と評価されていた。2023年6月は最下位では無くなったがそれでも下から3番目で、現状では世界でもトップクラスに安定した国と評価されている。世界で政治家による汚職が少なく、2024年1月時点でデンマークに次ぐ2位となっている。


国際関係

1945年9月に第2次世界大戦が終結した後、資本主義を維持したまま共産化やワルシャワ条約機構に加盟する事も無く、ソ連へ配慮しながらも中立国として国際的立場を維持した。2022年2月にロシア・ウクライナ戦争が開戦したのを契機にNATOの加盟をめぐる審議を開始し、同年5月に隣接するスウェーデンと共に加盟を申請した後、2023年4月に31か国目の加盟国となった。


日本

日本とは歴史的に独立以来第2次世界大戦中の後半(1944年9月 – 1957年3月)を除いて友好関係にある。経済的には木材の輸入が多く、日本はフィンランドにとって林業産品の最大のお得意様で、最近は駐日大使館の公式アカウントが荒ぶっていたりもした。フィンランド国内では現在でも猟銃としてかつての日本陸軍三八式歩兵銃が使用されている例が見られるが、それは冬戦争の前後に大量に輸入したものが先の大戦が終結した後に放出された事に由来する。


軍事

陸軍・海軍・空軍で構成されるフィンランド国防軍を保有し、この他に内務省の指揮下にある国境警備隊があり、有事の際は軍に統合される。半年から1年間の徴兵制を実施しており、18歳以上の男性が対象となっている。ただし女性は志願制だが、例外として宗教法人であるエホバの証人の信者は良心的兵役拒否の下で免除されている。


地理

全体的に平坦で高い山地が少ない。おおよそ南部の湖沼地帯と、北部のラップランドと呼ばれる地域の一部を含む平野に分類される。最高地点はノルウェーとの境にある標高1365メートルのハルティ山の1324メートル地点にある。


経済

豊富な木材資源を活かした林業・製紙・製材を初め、化学・金属産業が中心である。日本にもフィンランド産の木材・製材品が多く輸入される。他にもIT産業が盛んで、携帯電話メーカーであったノキア(現在は通信機器メーカー)などが有名である。


経済は高所得国の部類に入るが、2008年9月にリーマンショックが発生してから失業率が高い状態が続く。他の北ヨーロッパ諸国と比べるとほぼ日本の高度経済成長と同じぐらい経済が発展した時期が遅く、外需依存率の高さとユーロ圏に組み込まれている事もあって世界的な景気変動の影響を受けやすい。2002年2月に通貨がユーロになり、1860年4月から使用してきたマルッカを廃止した。


文化

ラップランド日本では「ニルスのふしぎな旅」でのガンの群の最終目的地・サンタクロースの公認居住地の1つ(他にグリーンランドなど)として知られ、クリスマスをテーマとしたテーマパークなどがある。


世界で1番ダサいPVはこの国で製作され、エアギター・奥様運び・携帯電話投げ・サウナ・アヴァント水泳・雪合戦大会・コケモモ摘み・泥サッカーといった奇抜な大会で知られる。モータースポーツの世界で優秀な成績を残す選手を多く輩出しており、業界内ではフライングフィンと呼ばれている。この愛称自体は元々陸上競技の選手に与えられていたもので、モータースポーツ選手に限定されずに使用されている。


言語

公用語はフィンランド語(スオミ語)とスウェーデン語の2つで、この内フィンランド語は周辺のヨーロッパ系言語とは全く異なるウラル系の言語で、同じくフィン・ウゴル語派マジャル語エストニア語とはいとこ同士のような関係である。印欧語と異なるので欧米人にとって最も難しい言語に数えられるが、日本語とは発音・文法など近い面が多いので比較的簡単そうに思えるが、やはり日本人にとっても難しい。


スウェーデン語が公用語となっているのは長らくスウェーデンの支配下にあった名残であるが、現在でもオーランド諸島をはじめとしてスウェーデン系フィンランド人は全人口の6パーセント弱を占めている。日本で定着している「フィンランド」という国名はスウェーデン語由来の呼び方であり、フィンランド語では「スオミ(Suomi)」と称される。


余談

日本でのフィンランド像

フィンランドは他の北ヨーロッパ諸国と並び、子育て支援や福祉国という点でリベラルなイメージが先行する一方、トルコなどと共に一部の人々によって歪んだ親日のイメージが広められている側面がある。例えば日露戦争の勝利がフィンランド独立の後押しとなったとしばしば言われ、軍歌が作成された事に見られるように一部では日本の勝利を歓迎する風潮もあったようである。


実際には多くのフィンランド人がロシア軍に参加して日本軍と戦っており、フィンランド大使館は独立の直接の契機として第1次世界大戦ロシア革命」を挙げている。日露戦争の影響をはっきり否定した事があり、東郷ビールの逸話(親日の記事を参照)のような偽史創作実話については迷惑がっているようである。


一部の人々にとってのフィンランド像は昔からこう言ったものだった訳では無い。冷戦時代には反共意識が強かった日本の保守層から、当時のフィンランドの対ソ外交政策がフィンランド化などと揶揄され、ソ連の属国などと侮蔑される事も多かった。実際に中曽根元首相が防衛努力の必要性を強調する意味でフィンランドを引き合いに出し、フィンランド大使館が抗議した。これが一転したのは冷戦が終結した後、冬戦争での奮戦が知られるようになってからである。


関連項目

ムーミン NOKIA Linux

フィンランド軍 マンネルヘイム シモ・ヘイヘ Suomi

スオミネイト:古くから存在するフィンランドを擬人化した存在。フィンランドの地理を説明する際にしばしばこのスオミネイトの体の部位に例えられる。

サンタクロース


関連キャラクター


まだらミイラ/カルマ西洋妖怪


曖昧さ回避


関連イラスト

フィンたん・・・マジ?

関連記事

親記事

北欧 ほくおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2754207

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました