ピクシブ百科事典

ティノ・ヴァイナマイネン

てぃのゔぁいなまいねん

ティノ・ヴァイナマイネンとは、『Axis Powers ヘタリア』に登場するキャラクター「フィンランド」のこと。
目次[非表示]

この名前は、読者からの「もしキャラクターたちに人間風の名前を付けるとしたら?」という質問に作者が答えた名前で、あくまでも「もし」の話なので、漫画本編ではほとんど使われていない。
国名である「フィンランド」とのタグ住み分けの為こちらのタグを使うことを推奨する。
名前の元ネタは、彼の家の民族叙事詩「カレワラ(Kalevala)」の老英雄(魔術師でもある)ワイナミョイネン(Väinämöinen)からだと思われる。

ファンからの呼び名は「フィン」「ティノ」「モイモイ」「嫁」「女房」「鬼神」「スオミ」など。

プロフィール

国名フィンランド共和国
人名ティノ・ヴァイナマイネン
一人称
方言なし(丁寧語が多い)
誕生日12月6日
首都ヘルシンキ
国花スズラン
身長170cm弱~180か180以上?(過去にはスウェーデンより12cm低いと本人が発言。尚、ドイツ、イタリア、プロイセンと身長比較されたイラストが公開された際には、イタリアより少し低いか同じくらいであることが判明した。)
仮想年齢20歳(※少年と紹介されたことが数回ある)
声優水島大宙


初期は明るい金髪に碧眼や銀髪碧眼だったが、途中からは髪色が白金色・淡い色の金髪、目の色は碧眼・青緑・緑・紫と複数に増えて、髪と目の色のカラーリングの組み合わせが豊富なキャラクターになっている。

期間限定で出ていたキャラクターデザイン(サンタのイメージで初期はぽっちゃりめのイメージだったが、国民性のイメージとはかなり違いがあるらしい。国民性のイメージで長身痩躯で筋肉質・無表情に近く若干しかめ面・目が作品内のスイスのキャラデザと似ていて、スイスよりも背が高くスウェ-デンよりも華奢なイメージ)も含めて、体型や容姿・髪型が色々変化している。ファンがフィンランドのキャラクターを初めて見た時期によって大幅にイメージが各々異なるようだ。

現在でも時々フィンランドとアイスランドの容姿が似ていて、フィンランドの表情が笑顔でないイラスト時(通常時のフィンランドは北欧メンバーの中で穏やかな笑顔で居ることが多い)は2人を見間違えるファンもいるようだ。見分け方として、髪の毛先に癖が無い方がフィンランドである。

外見の容姿に関しては、容姿は作者から原作のブログで「可愛い」・「女の子に見える」と紹介されたことがある。キャラクター紹介で「少年」と紹介されたことが数回あるが、外見年齢設定は20歳で「青年」として紹介もされた不思議な部分がある。おそらく、若さと成熟さを兼ね備えていると紹介された部分を表現しているのかもしれない。
一度原作者にフィンランドの警察官のコスプレをさせられていたが、ファンの間ではその制服は女性用だったのではないかとの疑惑を持たれている。


サンタムーミンサウナで有名な北欧のスカンディナヴィアの一国。ちなみに国土は結構平坦。
呼ばれ方は、親戚設定のあるハンガリーからは「フィンちゃん」、ほとんどの登場キャラクターからはフィンランド(さん・君)または「フィン」である。ベラルーシや謎のキャラクターからは「鬼神」、作者からは「スオミ」(フィンランドの正式名称がスオメン・タサヴァルタで通称がスオミなため)・作中のイベントでは「嫁」と呼ばれていたこともある。

本編が始まった初期から登場している(通常は北欧メンバーとして登場しているが、枢軸メンバーとして原作で紹介もされている)キャラクターなので、本編の枢軸や連合などのメインメンバーの話にも顔を出すことが多い。

同じ枢軸メンバーである日本・イタリアとは友達関係の設定がある(クリスマスで人手が足りなくて困ったときにプレゼント配りを手伝ってくれた)。ドイツのイタリアについての苦労話を苦笑しつつ聞き手に回ることも多い。エストニアとは親友兼兄弟の間柄である。

ドイツさんがムリゲーすぎる件では、優等生らしく笑顔で協力してくれるありがたい国。

不思議なセンスの持ち主で、自国の妖精は見えて会話もできる(時々本人は無自覚に他国の妖精も見えて会話している)。

サンタクロース発祥の地であり、自身もクリスマスにはトナカイの引くそりに乗って世界中を回る。
クリスマスにサンタとしてソリで空を飛びながら、プレゼント配りの最中にソリが突然のアクシデントで壊れた時は魔法で直す意外とロックでパンクでメタルな不思議君。

魔法は使える(原作で紹介された人名名字の由来が神話の魔術師である。)けど、ログハウス作りやハロウィ-ンの衣装などを自分の手で時間をかけて手作りする方が好きな凝り性なので、緊急時以外では普段使わないようにしている。

温和で素朴な性格で、頑張りやで力持ち。真面目だがたまにドジっ子で、よく側溝にはまるらしい。
静かそうに見えるが、小声でお喋りで、話し始めるとかなり長くなる。
大人しく見えるが結構勇ましい面もあり、寒さに異常に強い上に火事場の馬鹿力が半端でない。
突くと10回までは許してくれるが、それ以上やると何倍にもなって返ってくるよ!
趣味は妙な奇祭を色々開催することで、祭りで奥様運んだり携帯投げたりする。
でもって兄弟兼親友のエストニアが上位かっさらっていく。

兄弟兼親友のエストニア以外には、大抵丁寧語で喋り、さん・君付けで呼ぶ。
甘いお菓子とサウナが大好きで、家にはサウナがある。
ちなみに、彼独特の叫び声は「おひゃあああああ!!」。
彼のよく言う「モイ」「モイモイ」は、フィンランド語でそれぞれ「こんにちは」「さようなら」という意味。

原作でフィンランドとハンガリーは同じフィンウゴル親戚(初期のハンガリーから見たキャラ相関図でフィンランドにフィンウゴル親戚と矢印を向けていた)の設定があり、ハンガリーはフィンランドの事を「フィンちゃん」と呼んでいる。(普段からメールで連絡も取り合っている仲)
フィンランドはハンガリーの事を「ハンガリーさん」と呼んでいる。

フィンランドとエストニアは親友兼兄弟の関係で、作者から羨ましい関係の2国として紹介されたことがある。
フィンウゴル(ウラル)と書かれた初期の2人の相関図でエストニアはフィンランドの事を「兄として慕っている・大切な親友と思っている」とあり、一度は兄さん呼びをしたが、フィンランドからは「兄弟のように大切に思っているけど、親友としての関係を尊重したい」と兄弟よりも親友としての関係を望まれた。
兄弟よりも親友としての関係をフィンランドから望まれた時に若干エストニアが寂しそうな表情をしていたが、その希望を受け入れて現在は兄弟の友情のような親友としての関係で落ち着いている。
(初期の設定なので、移行前のサイトで現在ではリンク切れや閲覧不可の設定も含む。)

6巻ではその関係性から「本当は繋がりが強い(北欧メンバーの)フィンランドと共に北欧グループに入りたがっている。」と紹介されていた。

原作でハンガリー→(親戚)→フィンランド-(兄弟兼親友)-エストニアの関係になっていて、ハンガリーとエストニアに関してはフィンランドを通じての間接的な関係であり、原作で2人の直接的な会話や関係が出ていない。
6巻で3人が同じフィンウゴル語メンバーとして紹介されている。

スウェーデンとは、一緒にデンマークの家を飛び出して以来の付き合いらしく、彼のことは「スーさん」と呼んでいる。
歴史の中でも、よくスウェーデンと一緒にいるけど、彼の事は今でもちょっと怖い。
彼に「女房」と紹介された時は全否定したが、よく一緒に過ごしているところをみると普通に仲は良いらしい。

フィンランドの国の人の名前は、日本人から見ると響きがいかにも変だったりする。
だからなのか、彼のネーミングセンスは恐ろしく凄まじい。
彼は庭で拾った花たまごという白い子犬を飼っているが、この子犬は彼のネーミングセンスで凄まじい名前を付けられそうになっていた。

他の北欧メンツの事は、デンマークはさん付け又は「ターさん」、ノルウェーは「ノル君」、
アイスランドは「アイス君」(ただし共演していたドラマCDでは「アイ君」)と呼んでいる。

ファン作品では、たびたびシーランドから「ママ」と呼ばれているのが見受けられるが、これはシーランドとスウェーデンの関係から派生した二次設定、即ち捏造である。
(クリスマスに泣いてるシーランドを肩車してあやしたり、2011年クリスマスイベントでは彼と一緒にサンタのソリに乗っていたようだ。仲はいいようである。原作やアニメのイラストで度々一緒に居る場面がある。)

また、実在の彼の家出身の凄腕の狙撃兵が元ネタなのか、ファンの間では、時に彼自身がゴ○ゴ並みの狙撃術を持っているように描かれることもある。本家で白いコートを着て例の武器を険しい顔で構えている描写が数回描かれている。クリスマスでは例の時代について若干説明がある。

「フィンランド人は酒好き」というエスニックジョークからか、ファン作品では酒乱として描かれることがあるが、こちらも本家ではそのような描写はされていない(酒好き設定はあり)。ただし、一度だけ酔ってスウェーデンに絡んでいるような描写(いつもよりも少々強気な態度に見受けられる程度だが)がされたことはあり、絡み酒をするキャラであるという疑惑がある。

2010年のクリスマスブログでファンから、「ベラルーシの笑顔」というミッションクリアが不可能に近いリクエストをされたが、咄嗟の機転を利かせて見事に奇跡の笑顔を撮った。→サンタと奇跡の笑顔コンビ

関連人物

スウェーデン デンマーク ノルウェー アイスランド
エストニア シーランド ロシア

花たまご

関連イラスト

フィン
獅子の嫁


Tapio



関連タグ

総合タグ

ヘタリア

個別タグ

黒モイ イケモイ 白い死神 ヘイへモード

イベントタグ

呼び名ショック ヘタリア6巻花たま表紙記念

企画タグ

ティノさん誕生日記念 モイモイ☆祝祭 ティノ誕☆ モイ誕

グループタグ

2人組
ウラル組/愛 サンタ組/露 ご近所組/日 花とよめ/北伊 嫁組/洪 まるで姉妹コンビ/宇 
花たま夫婦/典 ログハウス組/米 スナイパーコンビ/瑞 あったか組/氷 メタル組/諾 白鳥組/丁 
妖精魔術師コンビ/英 花たま母子/海 サンタと少女/列 敬語万能コンビ/立 サンタと奇跡の笑顔コンビ/辺
クマ花飼い主コンビ/加 サンタと子分/南伊 とばっちりサンタと薔薇/仏 鈴蘭少年コンビ
3人組
花たま家族/典+海 めがねサンド/典+愛 北欧可愛い組or北諸お花トリオ/諾+氷 ウラルトリオ/洪+愛
4人組以上
花たま大家族/典+海+ラド
くるんモイ花組/北伊+南伊+洪
北諸組/典+丁+諾+氷
その他
のんのか枢軸

カップリングタグ

腐向けヘタリアノマカプAPH参照

他の記事言語

Tino Vainamoinen

pixivに投稿された作品 pixivで「ティノ・ヴァイナマイネン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15271540

コメント