ピクシブ百科事典

目次[非表示]

妖精すぎるアイドル

プロフィール

名前双葉アリア
学年中学1年生
身長154cm
誕生日12月24日
好きなもの大自然、スズラン
特技動物たちと仲良くなること
愛用ブランドMy Little Heart(マイリトルハート)
CV前田佳織里
歌唱担当るか from AIKATSU☆STARS!


概要

アイカツスターズ!』の登場人物。
DCD「星のツバサ・4弾」より登場。2017年8月19日、ちゃおサマーフェスティバル2017にて発表された。

森と湖が豊富なフィンランドで産まれ、大家族のなかで育った天才少女。
白鳥ひめも認めるアイカツの申し子で、彼女のステージは「まるでオーロラ」と評される。フィンランドの大自然で生まれ育ったためなのか、自然の息吹を感じることができる超天然な女の子でもある。
アイカツに恋していると公言し、通りすがりの相手に対して老若男女を問わずアイドル活動を始める事を勧める癖があり、また、撮影見学に夢中になるあまりカメラの正面に立つ、来日するまで男性のアイドルが存在する事自体知らなかったなど別の意味でも超天然である。
第26代S4および関係者からは、「まるで四ツ星学園に入学した頃のゆめみたい」という共通認識で見られている。
一方、初対面の相手に対してその人物の内面を表す花を贈る事を習慣としており、作中で最初にエルザ フォルテの本質に気付くという洞察力を持っている。

アニメでは第72話にて、アイカツランキング今注目のアイドルとして虹野ゆめと共に紹介される形で初登場。
正式な登場は同話の後半で、彼女はこの時に開催された第25代S4のイベントを観覧して「やっぱりわたしはひめちゃんのアイカツが大好きです!」という感想をもらしている。

本格的登場は第76話。ひめが自分のブランド、"My Little Heart"のミューズの後継者としてフィンランドから日本に連れてくる。
実はひめの幼いころからの知り合いで、ひめからピアノを教わっていたという師弟関係にある。そのときにアイカツの楽しさもひめから教わったとのこと。
"My Little Heart"のプレミアムドレスのお披露目ステージで、木星のツバサをいきなりゲットするという、鮮烈な日本デビューを果たす。
なおこのとき用いたアイカツ!カードの学生証は、既知の学園のものと異なるものであり、この時点では、おそらく母国のアイドル学校に所属しているものと考えられる。

続く第77話では、ひめに連れられてヴィーナスアークを訪れる。そこで出会った花園きららからヴィーナスアークが世界のアイカツを学べる場所だと教わる。
その後、エルザフォルテからスカウトを受けた際に探究心を表す赤いカーネーションを渡し、「わたしのアイカツはフィンランドが全てです。でも、エルザさんと世界中のアイカツを知りたい」と言って受け入れ、ひめも愛弟子が自分の足で歩き始めた事を祝福した。

アイドルデビュー後は妹弟子に当たる虹野ゆめとの交流の中からアイカツの楽しさを再認識した事で、アイカツランキングを駆け上がっていく。アリアにとってアイカツとはみんなで楽しむための物で、そこには優劣など無い。この考えはゆめと共に参加した『みんな輝け!ドリームアイドルオーディション』で特に顕著に現れる。
しかし、悪い言い方をすれば楽しいだけのアイカツしか知らずに成長したという事に他ならず、楽しめない仕事に興味を持たないアリアは自分の才能に蓋をしてしまっていた。

そんな中でアリアは自分を越えるためのアイカツという真逆のアイカツ観を持つ香澄真昼と出会う。真昼のアイカツ観を理解できないアリアは、ひめの提案により真昼が辛くてもアイカツを続ける理由を知るために真昼の山籠もりに付き合う。
真昼が容易くやってのけるアイカツに対して本気になるという事が自分には出来ないという事実に、アリアはアイドルになって初めて悔しいという感情を覚える。しかし、真昼はアリアに悔しいと感じるのは本気になれている証拠だと言い、「頑張った自分をちゃんと認めてあげてね」と諭す。悔しいという気持ちはアイカツに本気だという証、この気持ちがあるからアイカツをより楽しむ事ができるのだと知ったアリアは、真昼をもう一人の師と仰ぐようになる。
修行の総仕上げとして参加した『ハッスルアイドルフェス』でアリアは真昼に敗れる。しかし、アリアはアイドルとして階段をまた一つ上がるのだった。

余談

声を担当する前田佳織里は虹野ゆめ役の富田美憂とはリアルでも同じ事務所の先輩後輩の関係である(前田の方が3歳年上)。本作以降でも共演する機会が多い他、一緒に番組をやる仲である。

関連イラスト

Aria
🌹


双葉アリアさん
水と雪の国から


関連タグ

アイカツスターズ! 白鳥ひめ フィンランド 木星

桜坂しずく中の人繋がりアイドル関係者。結成発表の同じ製作会社によって公式にサポートされています。
アイラ・ユルキアイネン製作会社同じアニメに登場するフィンランド出身の超天然
双葉杏名字繋がりのアイドル関係者。

人称・口調・口癖・呼称

一人称
  • アリア
二人称
  • 明確な二人称は皆無
口調
口癖
  • 「双葉アリア、アイカツの花を咲かせましょう」
  • 「ドレスは、きれいのおまじない!」
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・馴染みが薄い人物⇒「苗字・名前+さん」
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒「名前+ちゃん」
  • 虹野ゆめ⇒「ゆめちゃん」
  • 白鳥ひめ⇒「ひめちゃん」
  • 音羽舞桜/ハナ⇒「舞桜ちゃん/ハナちゃん」
  • 珠樹るり/ルリ⇒「るりちゃん/ルリちゃん」
  • 月城愛弓/キューピット⇒「愛弓さん/キューピットさん」
  • 梅小路響子/ビート⇒「響子さん/ビートさん」
  • 本谷栞/シオリ⇒「栞ちゃん/シオリちゃん」
  • 栗六杏/アン⇒「杏ちゃん/アンちゃん」
  • 陽明咲/ローズ⇒「明咲さん/ローズさん」
  • 糸井紗良/サラ⇒「紗良さん/サラさん」

関連記事

親記事

ヴィーナスアーク ゔぃーなすあーく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「双葉アリア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「双葉アリア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 786587

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました