ピクシブ百科事典

桜庭ローラ

さくらばろーら

「アイカツスターズ!」の登場人物。
目次[非表示]

強気な実力派

プロフィール

名前桜庭ローラ
学年/専攻中学1年→2年/花の歌組
身長154cm
血液型A型
誕生日11月4日
好きなものロック酢昆布
苦手なもの高い場所、ピーマン
特技イントロクイズ
趣味音楽鑑賞
愛用ブランドSPICE CHORD(スパイスコード)
決め台詞面白いじゃない
システム起動時の台詞桜庭ローラ、ここからは私の時間
スタープレミアムレアドレス使用時の台詞ねえ、信じた道を進もう!
CV朝井彩加
歌唱担当りえ from AIKATSU☆STARS!


人物

アイカツスターズ!」の登場人物。
四ツ星学園の中学校一年生→二年生。勝気な性格で負けず嫌い。

アイカツスターズ!7話


酢昆布を自室に常備し、この話を語りだしたら止まらなくなる。とあるイベントで「酢昆布アイスクリーム」を開発しており、キャンペーンガールを務めるジュエルアイスクリームにて商品化された。なお、ジュエルアイスクリームの社長によると一部からは圧倒的な人気を誇っているらしい。
考えずに走り出す猪突猛進タイプ。口グセは「面白いじゃない!」で、面白ければなんでも積極的にトライする。
そっけない態度を取りつつ面倒見の良い面を見せたりと、割とツンデレ気質だったりもする。

アイドルを目指したきっかけは、幼い頃に見たS4時代の響アンナに憧れた事だが、SPICE CHORDのドレスを着た女の子という漠然とした記憶しか残っていなかったため、当初はアンナ先生のS4時代の写真を見ても憧れのアイドルだと気づかなかった。
幼い頃から歌のレッスンを受けていた実力派であり、「花の歌組」のトップに立つことを目標にしており、後に舞組・劇組・美組でもトップに立ってS4を超えるS4、US4になるという野望を語っている。メタルドールズという三人組ヘビメタガールズバンドがお気に入り。
一方で、勉学には興味が無い方で特に数学が苦手だったが、あこの言葉によって数学に興味を持つようになる。

第1部

新入生お披露目ライブで高評価を得た虹野ゆめに興味を持つが、普段の彼女の平凡っぷりを見て本気を出していないのではないかと疑い、ちょっかいを出してからかっていた。
しかし新入生歓迎会の出し物でゆめとペアを組むことになり、共にアイカツをする中で彼女の熱意を感じたことで考えを改め、ゆめを「ライバル1号」として認定する。

第7話で彼女の家系図が登場し、彼女は代々音楽家系で桜庭権左衛門の子孫であり両親は共に日本人で名前からしてハーフと言う訳ではなく、親族にもテル(彼女の大叔父)チェリーと言ったカタカナの変わった名前の人物がいる事から桜庭家の伝統なのかもしれない。また彼女の父のいとこにさくらと言う人物がいるが、この人は関係ない。

歌組一年生の中でトップの実力者で、『幸花堂キャンペーンガール』に選ばれている他、(実際には出演できずゆめが代役を務めることになったのだが)S4との共演者を決めるオーディションを兼ねた実力テストでも勝利を勝ち取った。このようにゆめに対して一歩先んじた立場であったのだが、その後は謎の力を発現させたゆめに勝てない日々が続く。

本当のライバルへ

第21話にてシングルデビューを懸けたオーディションでゆめと直接対決をする事になる。ローラ自身は全く知らなかった事なのだが、実はこのオーディションは出来レースで結果がどうあれローラがデビューする事が決定していた
しかし、ゆめが謎の力を発揮した事でゆめがシングルデビューする事になってしまう。謎の力の事を知らず、ましてや出来レースを覆された事など知る由もないローラはゆめに実力で上回られたと思い、次の直接対決で必ずゆめに勝つ事を誓う。

そして第29話。『サッカーワールドトーナメント』のハーフタイムショーでセンターを務めるアイドルを決めるべく再びゆめと直接対決となるも、結果はまたしてもゆめの勝ちであった。
ゆめに勝てない現実に打ちのめされるローラに対してアンナ先生
「それで虹野に勝てると思っていたのか」
という厳しい言葉をかける。そしてアイドルにはそれぞれの個性があるように、輝くための方法もそれぞれ違う事を諭す。

しかし、ゆめに負け続けた事で自信を失ったローラは、自分の進むべき道を見つけれずにいた。そこで、アンナは白銀リリィの老人会慰問イベントのサポートに付けるように学園長に進言する。
イベント会場でローラは謎の老人に「お前自身が輝いていない」「前を見るあまり周りを見る余裕を失っている」という言葉をかけられる。
翌日、「私は自分自身の為に歌う」というリリィのライブに、お年寄り達が感動する姿を見る。「自分自身の為に歌う」というのはリップサービスだと思うローラだが、昨日の老人は「自分自身の為に歌うリリィにお年寄り達は感動している」と指摘、リリィも「自分自身すら感動させられない歌では誰も感動しない」と続ける。
実は、その老人はアンナの師匠であり、ローラにとっても尊敬するロックスターである内田永吉であった。
そして、ローラは自分自身の為に歌う事の大切さを学ぶ。
ちなみに、この直前の回でリリィがローラを唐突に温泉旅行に誘う次回予告が放送された事で、一部界隈ではリリィとローラのダブル不倫旅行と盛り上がった。

Going my way

前述の紆余曲折を経て自分が目指すべき道を見つけた事と、ゆめに謎の力について打ち明けられた事で、ローラはゆめと「本当のライバル」になる。その姿は真昼をして「今までのあの二人とは違う」と言わしめるものだった。

S4決定戦を前に真昼からユニット結成の提案を受け、2人でステージに立つ事になる。
ステージ前日、ローラと真昼はお互いのS4選抜にかける意気込みを語り合う。真昼から「最初は倒すべき敵だった夜空が今では刺激し合うライバルになった」事を聞いたローラは、アイカツは勝ち負けじゃなく自分らしく輝く事だとゆめに負け続けた事で気付けた事、自分らしく輝く為にはゆめというライバルが必要だという事を真昼に伝える。それを受けて真昼は「そんな2人の関係が好きだ」とローラに漏らした。
当日は大雪に見舞われたがゆめとあこの協力もありステージを成功させ、オリジナルドレスを作るためのグレードアップグリッターを手に入れる。

『S4決定戦』本番では、白銀リリィのステージに圧倒されて、「自分がやっている事は結局リリィの真似に過ぎないのではないのか」という思いにとらわれてしまう。自分が今一番歌で伝えたい事は何かを見つめ直した結果、残ったのはゆめとは色々あったが、ゆめがいたからここまでこれたという思いであった。迷いが晴れて、生まれてから今までで最高のステージと自賛するステージの結果、白銀リリィを抜いて暫定1位となる。S4戦でこれまでのローラからさらに一段上のステージをみせた事に対して、S4のメンバー達は勝利の女神は決して気まぐれではなく、今までやってきた事をちゃんと見ていると讃え、リリィもまた愛読書の一説を引用してローラを祝福した。最終的にはゆめとひめに抜かれて3位となったものの、全てを出し尽くしたローラは以前のように落ち込むような事はなく、自分の最高のステージを越えた2人を素直に讃えた。
1年目最終回ではS4になれないのであればせめて幹部生にと思っていたようで、ゆめが自分をスカウトしに来ると部屋の扉の前で待ち伏せていた。その読み通りゆめはローラを幹部生に推薦し彼女もそれを承諾した。

星のツバサ編

第2シーズンでは、ゆめをヴィーナスアークにスカウトしようとしたエルザ・フォルテを一方的に敵視するが、エルザからは「自分のブランドを持っていないアイドルに興味は無い」と言われてしまう。
隣で聞いていたゆめはこの発言に対しライバルを侮辱されたと激怒し、ローラの実力を見せつけるべく二人でステージに立つ。そのステージを見たエルザはターゲットを白鳥ひめ及び虹野ゆめ個人から四ツ星学園に切り替える。
片や、興味は無いと言われた張本人であるローラはというと、エルザから(自分がこれまで軽視してきた)ドレスの重要性を指摘されたと前向きに受け止め、ブランドのミューズを目指す事を目標に決めた。そしてスタープレミアムドレスについて学ぶため、四ツ星学園に残る生徒会長の二階堂ゆずに代わってゆめ、真昼と共にヴィーナスアークへ留学することにした。

SPICE CHORDを継ぐ者

その後、テレビ番組でゆめ、友情出演の花園きららと共に如月ツバサ主催のイベントを取材するが、トラブルにより出演予定の新人アイドルの到着が遅れてしまう。きららは「チャンスを生かせなかった方が悪い」というヴィーナスアークのルールに則り、自分達のイベントに代えてしまおうと提案するが、ローラはあくまでも前座として会場を温める事に徹する。ローラに対する不満を隠そうとはしないきららに、ローラは「ヴィーナスアークのやり方なんてわからないけど、私は誰かに寄り添うアイドルになりたい」と語る。
隠れてその様子を見ていた如月ツバサは、自身がミューズを務めているSPICE CHORDをローラに譲って渡米することを決意する。

ツバサから留学前にSPICE CHORDの後継者としてふさわしいかテストしたいと呼び出しを受け、「やらせてください」と返答したものの何をすればいいのか分からず、かつてSPICE CHORDを愛用していたリリィに相談する。リリィは「(私にも)分かりません」と即答するが、自分でもあんまりな答えだと思ったのか「自分がやるべき事だと思った事をやればいい」とアドバイスする。
テスト当日、ローラにとってかつての天敵だったバンジージャンプを飛ぶなど成長を見せつけ、最終テストに挑む。それは平日の昼間、しかも別の会場でゆず&あこのイベントが行われているという条件の中、一時間以内に大量のたい焼きを一人で全て配り終えるというものだった。
この無理難題を前に、ローラは自分がアイドルを目指した理由である幼い頃に見たSPICE CHORDを着たアイドルに憧れた事を思い出し、第1シーズンからの大切な相棒と共にやるべき事をやるべく走り出す。
その後のステージを終え、結果を聞くべくツバサのもとへ向かう。そこでローラはツバサに「例え不合格でも私がSPICE CHORDが好きな気持ちは変わらない、ずっとSPICE CHORDと共にアイカツしていく」と伝える。
その言葉を聞いたツバサはローラに対して合格を伝え、「アンナ先生や私が育ててきたSPICE CHORDを頼む」という言葉を残して渡米した。

一方、発端となったエルザにとって一連の流れは思惑通りだったようだが、この時の真意は夏のイベント『ヴィーナスウェーブ』で明らかになる。

特例としてブランドを持つ事が許されたローラは、小春の協力を得て一着のドレスを完成させた。
イベント本番ではTシャツのアレンジが課題として出されるが、そこでローラはSPOCE CHORDのブランドイメージとは異なるアレンジをしてみせる。当然のように「ブランドのコンセプトがぶれている」と突っ込まれるが、ローラは「ぶれたっていいじゃない」と反論、「大事なのは自分の信じる道を貫く事」と続け、直後のステージで先程完成させたドレスを着たローラは火星の星のツバサを手に入れる。

最高のタイミングで星のツバサを手に入れたローラは、優勝を果たし、TV本編では久々にゆめから勝利を得る。それは、エルザ曰わく「アイカツシステムがローラ桜庭をSPOCE CHORDを継ぐ者と認めたという事」であり、今までアイカツシステムに選ばれず、時にはシステムから理不尽な仕打ちすら受けてきたローラが遂にアイカツシステムに認められた瞬間であった。

涙の数だけ

『ヴィーナスウェーブ』で優勝して以降、惰性でアイドルを続けているだけに見えるという理由でエルザから敵視されるようになる。

アイカツランキングも大詰めに近づいたある日、このままでは決勝トーナメントに残れないと考えたローラは『アメイジングアイドルフェス』というイベントに出場を決めるが、同じイベントにエルザも出場する事を知る。

出場しなければ自力で決勝に残れない、出場して負ければその時点で脱落、勝てば問題ないとはいえ勝算はほとんど無い、という状況に追い込まれたローラはトレーニング中にマラソンランナーの前川綾乃と知り合う。
互いに負けず嫌いという事で意気投合したローラは、綾乃が次のレースで上位に入れなければ代表落ちする事と、そのレースで勝つのは絶望的だという事を知る。それでも、出場する事に決めたのは「次が最後のレースじゃないし、ここで逃げれば弱い自分に対して負けを認めた事になる」からという綾乃の言葉で、ローラはこれまでの自分は負けて涙を流すたびに、それを糧にして強くなってきた事を思い出す。

フェス本番にてローラはまさに完璧ともいえるステージを見せるが、エルザがその上を行くステージを見せた事で敗れる。
全力を出したから悔いは無いもののやはり涙を堪えきれないローザだが、テレビ中継されていた綾乃のインタビューを見た事で、まだまだアイドルを続けるのだから必ずこの敗北を糧にして成長してみせると誓うのだった。

ほどなくして開催されたきらきら市のクリスマスイベントの最中、ローラはこのオーディションを見ていたというイギリスのプロデューサー、ブラックスターから海外デビューのオファーを打診される。
また、太陽のドレスを着たエルザと戦った経験から、エルザがヴィーナスアークの解散を宣言した真意にいち早く気付いている。

散々迷った末にアイカツランキング戦でのゆめとエルザとの対決から出した結論は渡英して海外デビューするに至る。その1年後アイカツ世界戦でイギリス代表に選ばれ、その1回戦目にいきなりゆめと直接対決となった。地球の太陽のドレスに対してローラの火星のドレスもまた太陽のドレスへとバージョンアップを果たし、ステージを向かえる前に物語は此処で終了する。

関連イラスト

ローラ
桜庭ローラ


桜庭ローラ
アイカツスターズよりローラちゃん


桜庭ローラ
桜庭ローラ



関連タグ

アイカツスターズ! 
虹野ゆめ ゆめロラ
香澄真昼 まひロラ
如月ツバサ 響アンナ・・・SPICE CHORDの歴代ミューズ
白銀リリィ・・・同じく特例でS4に準じた扱いを受けているアイドル

火星

pixivに投稿された作品 pixivで「桜庭ローラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2733177

コメント