ピクシブ百科事典

目次[非表示]

厳しすぎるアイドル

プロフィール

名前如月ツバサ
学年/専攻中学3年/鳥の劇組(←花の歌組)
身長164cm
血液型A型
誕生日7月25日
好きなもの映画鑑賞、ラムネ
苦手なもの汚い部屋
特技スカイダイビング、バードウォッチング
趣味ランニング
タイプクール
愛用のブランドSPICE CHORD(スパイスコード)
CV諸星すみれ
歌唱担当ななせ from AIKATSU☆STARS!


人物

アイカツスターズ!」の登場人物。
四ツ星学園のトップスター「S4」の一人で、学園の生徒会長も務める。第25代のS4メンバーで唯一髪の色が寒色である。
女優を極めるためのコース「鳥の劇組」のトップであり、朝の連続ドラマ「CA物語」など多くのドラマに出演している。
仕事でも、私生活でも、その言動・立ち振る舞いは宝塚の男役そのもの。
だが、芝居での衣装こそユニセックスな物が多いものの、私服に関してはフェミニンな物とユニセックスな物が半々、アイドル活動の場ではフェミニンな服装を着用する事がほとんどで、場合によってはセクシー系な衣装を着る事もある。
クールな性格で後輩に厳しい態度を取ることも多いが、根は優しい。
メインとなる回では後輩である虹野ゆめに対し自身の過去や経験を明かして助言を行う姿がよく見られ、ゆめ達が撮影現場に無断で押しかけた時も勉強の為であると認めると許可証を融通する程。
芯が強く、批判にも動じないが、褒められるのはかなり苦手。

同学園の生徒会長として、規律・規則には非常にうるさい性格で校則、特に寮の門限に大変厳しい。仕事面・私生活面で至らない生徒たちをお仕置きタイムとして厳しく指導するが、同時に彼女たちを最後にご褒美タイムでキチンとフォローアップするという飴と鞭を絶妙に扱う人心掌握術で、生徒たちからは憧れな先輩として人気が大変高い。その証拠に、同学園のヴァレンタインイベントでひめゆず夜空を差し置いて、大本命チョコを学園で最も多くゲットしたのはツバサである。

後輩の早乙女あこの事を高く評価していて、あこもまたツバサを慕っている。連続ドラマの主役の座を射止める日も近いと考えているが、それ故にあこの演技に対して細かい所までダメ出しする事も多い。また、劇組代表として活動する場合は、多くの場合であこをパートナーに選んでいる。S4戦を前にしたある日、自身のステージにゲスト出演するようにあこにオファーするが、あこは同じ日にファンとのイベントが既に入っていた。あこは迷った末にファンとのイベントを優先するが、そんなあこをツバサはライバルと認め、S4戦では真剣勝負だと宣言した。S4戦では、ツバサを倒してのS4でなければ意味が無いと言うあこに対して、先輩としてのあるべき姿を見せておきたいという思いで戦い、勝利する。最後の勝負だからこそツバサに勝ちたかったと語るあこに、ツバサは「わたしはこれで卒業するが、わたしたちの勝負はこれからも続いていく」と諭した。中等部卒業後はそのまま高等部に進学している。

元々は歌組に所属しており、トップに立つ自信も持ち合わせていたが、同じクラスに在籍していた白鳥ひめの潜在的な実力を肌で感じ、「自分は歌組のトップにはなれない」と悟る。
歌組のトップになるという目標を失い途方に暮れていたが、劇組専任教師である八千草桃子の「飛びたいと思うから鳥は飛べる」という一言から自分の可能性を探すために組替えを決め、現在に至っている。

2年時には後に歌組の幹部生になる芦田有莉の事を何かと気にかけており、今でも彼女から慕われている。有莉とは同世代の歌組に強力すぎるライバルがいるという共通点がある。

50話を最後に夜空はフランスに海外留学し、52話でひめも休学して海外に旅立った事から(26代も継続中のゆずを除けば)25代のS4で学園に残った最後のアイドルであった。その理由は愛用のブランドであるSPICE CHORDを託すに足るアイドルはいないという考えからで、そのため高等部では新人の育成に力を入れていた。
しかし、テレビ番組の中で自身がプロデュースするイベントを取材に来た虹野ゆめ桜庭ローラ、ヴィーナスアークの花園きららを見て考えを改める。ローラがトラブルで新人アイドルの到着が遅れる中自ら前座を勝って出た姿と、ヴィーナスアークのやり方を説くきららに毅然として反論する姿に、ツバサはもう一人の後継者の出現を感じ、以前からオファーを受けていたハリウッド進出を決意する。
ローラが本当にSPICE CHORDにふさわしいかを確認するべくテストする中で、ローラから「たとえ不合格でもやるべき事をやるだけ」という言葉を引き出したツバサは、ローラを後継者と認め「わたしやアンナ先生が育ててきたSPICE CHORDを頼む」という言葉をローラに送り、その翌日渡米する。
こうして25代S4はゆずを除いた全員が海外に拠点を移したのだった。
第67話では、ゆずからの頼みに応える形で一時帰国している。

アイカツオンパレード!では6話より登場。
25代目S4メンバーでのライブイベントの最中、突如見知らぬアイドル・姫石らきが乱入。ゆずの機転でその場は収めたものの、突然の乱入者にツバサたちはもちろん、観客も騒然となり、イベント後のSNSでは批判が殺到する。
乱入自体は事故のようなものだったとはいえ、イベントを邪魔してしまったという状況を理解せず「また知らないアイドルに会えてラッキー」と楽観視するらきに対し、ツバサは「ラッキー?それは本気で言っているのか?」と一喝。
「お仕置きタイム」としてらきにS4の裏方の仕事を手伝わせ、アイカツの裏でどれだけの人々が苦労しているのかを見せることで、その苦労に水を差してしまった事の重大さを認識させる。
その後、反省したらきに「ご褒美タイム」としてステージの披露と観客への謝罪の機会を与えた。
この一件はらきのアイカツに対する考えに多大な影響を与え、彼女のアイドルとしての成長に大きく貢献した。
21話では、アイカツを盛り上げる大きなイベントを開催したいと考えるらきに対し、「きっと実現できる」と背中を押した。

人称・呼称・言葉遣い

  • 一人称は一貫して「わたし」、二人称は同い年以下の女子生徒には「キミ」、年上の人物や頭が全く上がらない人物には「あなた」をそれぞれ使い分けている。
  • 呼称同じS4仲間たちには「名前の呼び捨て」(実例:ひめ・夜空・ゆず)、彼女たち以外の女子生徒には「苗字の呼び捨て」(実例:虹野・桜庭・香澄・早乙女・七倉・白銀)、先生や年上の人物・頭が全く上がらない人物には「苗字+先生・さん」、諸星には「(諸星)学園長」と呼ぶ。なお、S4以外の女子生徒たちから「ツバサ先輩」と呼ばれ、非常に慕われている。
  • 言葉遣いは前述の宝塚の男役通りに、中性口調より男子寄りな口調をしており、年上の人物や頭が全く上がらない人物には敬語へと変化する。ただし、敬意のカケラすら全く感じさせない人物には、相手の年齢に関係なく敬語を全く使わず、タメ口で接する。


関連イラスト

如月ツバサ
アイカツスターズ!_05


ツバサ先輩
Dancing Days



お仕置きタイムイラスト

おしおきタイム!!


関連タグ

アイカツスターズ! S4
星宮いちご同じ中の人
白鳥ひめ ひめツバ
二階堂ゆず:後任の生徒会長。ただしツバサとは対照的に、生徒会の業務は適当で、リリィや幹部たちの手を焼かせている。
香澄夜空 香澄真昼SKY-GIRL

早乙女あこ 桜庭ローラ:後継者
虹野ゆめ ツバゆめ 
芦田有莉 ツバゆり

クレア・ハーヴェイ⇐同じく耳飾りを付けている「ハンドレッド」の女子キャラクター。生徒会長も同じ。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「如月ツバサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1366069

コメント