ピクシブ百科事典

星宮いちご

ほしみやいちご

データカードダス・アニメ『アイカツ!』の初代主人公。
目次[非表示]

プロフィール

名前星宮いちご
学年中学1年→中学2年(第26話より)→中学3年(第51話より)→高校1年(第76話より)→高校2年(第127話より)
年齢17歳
身長151cm→156cm
血液型O型
誕生日3月15日
星座うお座
好きな食べ物のり弁
苦手な食べ物無し!
特技ごはんをきっちりよそう
イメージカラーピンク
オーラ
ジャンルキュート
愛用のブランドAngely Sugar(エンジェリーシュガー)
一人称
CV.諸星すみれ
歌唱担当わか(霧島若歌)from STAR☆ANIS

人物

アイカツ!』の初代主人公天然ボケ気味だがいつも明るく前向きで行動派のキュートな女の子。商社マンの父・太一と弁当屋を営む母・りんご、弟のらいちとの4人家族。弁当屋の娘だけあって友達からは「歩くレシピ」と称されるほど料理が得意で、お祭好き。
また、愛用しているしゃもじを御守としてオーディションに持っていくカバンの中に携行している。
金髪に赤いリボンカチューシャがチャームポイント。

これと言って芸能界に興味の無い普通の少女だったが、アイドルオタクの親友・霧矢あおいに誘われてトップアイドル神崎美月のライブを見たことで衝撃を受け、あおいの誘いと母・りんごの後押しを受けて名門アイドル養成校のスターライト学園への編入を決意する。
入学オーディションで、偶然ではあるがスペシャルアピールを出したことから底知れぬ能力を秘めていることが示唆されており、学園長からも『スターの才能がある』と見込まれている。

レッスンや特訓の際には「アイ・カツ・アイ・カツ」と声に出す体育会系な気質もある。ちなみに、この声出しは、後にモブキャラを含む数多くのアイドル達も行なっている為、学校全体の習慣か、あるいはいちごの活躍から広まったものと思われる。

勢い余って失敗することもあるが何事にも一生懸命に取り組む性格。そしてとにかく吸収力が早く、大抵のことをすぐものにする。しかし彼女の最大の才能はどんな状況であっても楽しむことができる、というものである。普通の人ならつらい練習も、過酷でピンチな状況も、いちごにとってはドキドキとワクワクを刺激するスパイスでしかない。「みんなで楽しくアイドル活動」という本作のテーマを体現したようなキャラクターなのである。

メンタル的な側面だけでなく、肉体的な部分でもかなり常人離れしている。
スポーツはあまり得意とは言えないのだが、筋力やスタミナ自体はかなりのもので、分刻みのスケジュールでも衰えないタフネスさはあおいから「超人」と揶揄される。
プレミアムコーデを手に入れるために制服のまま崖をよじ登り、友達のためにクリスマスツリーを用意すべく自らを振るい勇者パース大木を切り倒し(念のため言っておくが非力な女の子が樹高10メートル以上は有ろうかという大木を斧とノコギリだけで切り倒せるものではない。そのあと諏訪大社御柱祭のように大木の上に乗り崖を下り降りるとは狂気の沙汰である)、ユリカの為にボヤが起きて、かなり燃え広がっている部屋から日傘を回収する……と、かなり肉体派の活躍をする。

私のアツい思いがみんなに届きますように
アイカツ!アイカツ!


崖登りについては結構楽しかったのか、現在ではいちごにとっては趣味のようなものになっている。「いちごちゃんと言えば崖登り」は作中世界でのいちごファンの常識の様子。
また、前述のクリスマスツリーのエピソードは二代目主人公である大空あかりに強い影響を与えており、あかりと同期でスターライト学園を受験した生徒の多くがこれを切っ掛けとしてアイドルを目指すようになった事が、明かされている。

なお、アイカツ!ファンからもクリスマスと言えば斧というぐらい浸透しているため、第4期でのクリスマス回でまさかの未登場は、ショックを受ける者も多かったが、シリーズ最終回である第178話でのBパートにて思わぬ再登場となったので全シリーズでの登場を果たした。
この伝統は世界観を超えて次回作アイカツスターズ!のクリスマス回でも継承され、こちらは更にチェーンソーに進化している
ちなみにバンダイのS.H.フィギュアーツアイカツ!星宮いちごフィギュアにはスクールバックの他に斧が付属する。

実はかなりの食いしん坊でトンカツ焼肉といった肉料理が大好きであり、好きなものは一番最初に食べるタイプ。しかし第13話ではうっかりお正月太りしてしまい、それ以降はあおいにカロリー管理をしてもらっている。

アニメ本編でのアイカツ!


1stシーズン

入学したばかりのいちごは芸能事情やアイドルに関する知識がほぼ皆無だったために、1クールあたりまでは、あおいやがいちごにアイドル活動の基礎を説明するというシーンが毎回入っていた。
これは本作の独特の世界観を視聴者に自然な形で説明するためのものでもある。

第20話にてかなりの怖がりである事が判明。
第22話では有栖川おとめと共に映画『オシャレ怪盗☆スワロウテイル the movie』の主演に抜擢され、話題と人気を集めている。

第26話からは2年生に進級。新入生の北大路さくらのトレーナーを務めると共に、『新入生にとって今の自分は、自分が入学した時の美月と同じ立場である』という、先輩らしい発想を持ち、先輩らしくない自分に葛藤するシーンがあった。

第27話では全校生徒に参加資格が与えられる、神崎美月とスターライトクイーンの座を賭けたフレッシュガールズカップに参戦。
仲間たちと予選のグループオーディションに臨んで蘭とあおいと共に勝ち残り、全校でも三人だけの準決勝進出者のうちの一人となる。
さらに続く第28話での準決勝オーディションでは蘭とあおいが落選する中でただ一人勝ち残り、ついに決勝戦へと駒を進める。
あおいと蘭の支え、そして美月自身の進言によりいちごだけプレミアムコーデ使用というハンデをつけてもらい決勝戦である美月との一対一の対決に挑戦。
結果的には敗北してしまったものの、事実上の学園No.2の実力者ということになり、第29話以降、準決勝まで共に勝ち抜いた蘭・あおいを含めた三人は、下級生達にとっての憧れの的となっている。
アイドルのイロハも知らない全くの素人からわずか半年でNo2にまで上り詰めたことを考えるといちごの才能には恐ろしいものがあり、美月もいちごへの認識を改める。「かわいい後輩」から「いつか自分のライバルになりうる脅威」へと。美月は自分といちごの現在の関係を『月とスッポン』に例えた上で、「今すぐには無理でも、このまま自分にスッポンの如く喰らいついてこれれば、いつかは月ではなく『太陽』になれる」といちごに檄を飛ばした。

第33話で美月の新ユニット『トライスター』のメンバーを決める全校生徒を対象とした選抜オーディションに参加。
それまでのアイカツで身につけた技を生かしてオーディション課題である障害アスレチックコースをクリア。続く第34話で蘭・あおいらと三人でトライスター最後のメンバー一人を決める最終審査『今度こそファイナルオーディション』にまで残る。
結果はあおいと共に敗退してしまったが、最終メンバーに合格した蘭を仲間たちと共にその門出を見送った。

第37話、学園長の指示であおいと共にユニットを組むことが決定。
そしてトライスターを抜けた蘭を加え、三人で新ユニットSoleil』(ソレイユを結成、第38話でソレイユのリーダーになることが決定した。

第46話では中等部全学年でのランキングトップ8の中で学園の覇者を争うスターライトクイーンカップの資格を得る。
順調に勝ち進み、美月といちごで決勝戦が行われることになったが、仲間たちがスターライトクイーンカップの最中でも自分のアイドルとしてのスタイルを守ってそれを最優先させていることに気づく。
いちごはただ無邪気に美月の背中を追いかけることだけに邁進していたが、自分が目指すべきアイドル像が固まってないんじゃないかと考え、新しいことを見つけるため渡米してのアイカツを決意。美月に勝っても負けても学園を去ることを仲間たちに告白する。
第50話の決勝戦では全力で美月に立ち向かうが僅差で敗れてしまい、フレッシュガールズカップの雪辱ははらせずじまいだった。
そして、仲間たちに見送られて渡米する。

2ndシーズン

第51話は第50話から一年後という設定で開始。いちごがアメリカでの一年間のアイカツを終えて帰国し、みんなから歓迎されるという流れであったが、あおいからは「久しぶりなのに久しぶりじゃないような」、蘭からは「つい先週まで一緒にいたような気がするな」ととてもメタなセリフで再開を喜んでいた。

帰国後はスターライト学園の中学3年として復学、第64話では"新春 福女ラッキーアイドルレース"で1位となり賞品「プレミアムドレスお仕立て券」をゲット、プレミアム星座ドレス"マーメイドピスケスコーデ"を披露した。

第74話で中等部を卒業、第76話からは高等部へと進学し、高等部での初仕事としてスターライト学園スカウトキャラバンの審査員をソレイユの3人で務め、大空あかりに言葉にはできない「アイドルの輝き」を見出す。ただ、あかりは「アイドルになりたいという情熱には凄まじいものがあるが、天性の才能がない凡人」といういちごと正反対のキャラで、あおいも蘭もあかりにアイドルの輝きを見出すことはできず合格に反対していた。そんな二人を説得してまであかりを合格させたいちごは、あかりをアイドルの道に連れてきた責任があるとも感じており、その後もあかりの成長をいろいろと気にかけるようになる。
またこの時期から不器用なあかりとの比較で、ノリと勢いでどんな過酷なこともこなせるいちごの天才性が強調されるようになっていく。

「パートナーズカップ」では自他ともに認めるライバルであるドリームアカデミー音城セイラと学園の枠を越えてコンビを結成。
第82話で神崎美月と夏樹みくるダブルエムに今一歩のところまで迫るもその牙城を崩せぬままに終わる。
第87話ではダブルエムの対決ライブにソレイユが指名され、2年ぶりライブパフォーマンスを行いブランクを感じさせないステージはソレイユ史上最高とまで言われるも、いちごの極わずかなミスもありダブルエムに敗れている。
アイカツ8」に参加後、究極のアイドルユニットを決める「トゥインクル・スターカップ」ではセイラと再びペアを組み、「2wingS」を結成。
ダブルエムとの再戦の準備を進めるが、そんな最中の第96話でジョニー別府先生からあかりが壁にぶち当たっていてこのままではアイドルとしてやっていけなくなるかもしれないと聞かされる。あかりに何を言ってあげられるかを考えたいちごは、自分が壁にぶち当たったことがなくアイカツにおいては楽しい思い出しかないことを改めて自覚。同時に、周囲が自分をそういう普通でない存在とみなして気に入ってくれているんだということをはっきりと気づく。この話をきっかけにして、それ以降のいちごは今までの天然系ではなく周囲が期待するようなパフォーマンスに答えることを意識するようになった。一方、アイドルとしての自信を失いつつあるあかりに対しては、「あかりは『真昼の星空』だ」と激励した。昼の青空の中では星の輝きは誰も感じられないし、あかり自信さえ信じられないかも知れない。でも見えないだけで星はそこにある。日が沈み夜になれば大空は星のあかりで照らされるはずなのだ。美月がいちごを『太陽』と喩えたことから考えると、これはいちごが自分の「次の時代」へと託したエールとも言える。その言葉に勇気をもらったあかりは壁を乗り越え、退学危機を脱することになった。

その後の「トゥインクル・スターカップ」の本番では、あおい&きいのプロデュース&バックアップや、プレミアム星座ドレス・エンジェリーシュガー&スウィングロック ジェミニコーデを得たこともあって、僅差で勝利。ユニットながら、2年越しの「美月越え」を果たすこととなった。
ただし、これだけの偉業をなしても一般のファンの人気によって決定されるアイカツランキングでは未だに美月が一位で、いちごは2位と状況であり、いちごは美月に勝ったとはとても思えておらず、美月を追いつづけるチャレンジヤーとしての意気込みを新たにした。

3rdシーズン

102話からの3rdシーズンでは作品の主人公がいちごからあかりに交代するが、3rdシーズン前半ではいちごはレギュラーキャラの一人と頻繁に登場している。
103話では氷上スミレが自分の一日マネージャーを勤める事になり、自分の持ち物を食堂で直接手渡している。その中身は登山用ロープ、先入用シュノーケル、脱出用パラシュートと今まで使用した物が詰まっており少女一人ではかなりの重装備である。ラジオ収録のコーナーを発案、レコーディングは一発OK、密着取材では崖登り、スカイダイビング、スキューバとそつなくこなしているが、自分は今やれる事を全力でやっているだけとアドバイスを送っている。その彼女に前座としてステージに立たせ、あおいチョイスの『オディールスワンコーデ』をお礼に手渡している。
107話では冒頭の「フフッヒ」とステージの回想シーンだけで本編への登場はなく、1話以来続いていた皆勤賞の記録が遂に途絶えることになった。
(110話ではあかり世代だけで話が進み、1st、2ndシーズンのメインキャラが初めて登場しない回になっている。)
劇場版と連動する112話で自らが主人公となるビッグイベント『大スター宮いちごまつり』の開催を発表。何かを手伝いたいと直訴したあかりに宣伝隊長に抜擢。PRイベントでのあかり、スミレひなきのたどたどしいながらも懸命な対応を見守る。その後、ゲリラライブでステージに登場した(3rdでのステージ初披露となる。)。

劇場版で描かれた本番イベントでは、あかりが仕込んだサプライズで敬愛すべき美月がゲストでステージに登場して共演。そしてライブ終了と同時にネット上でのアイカツランキングでいちごへの支持が急上昇し、ついに美月を超えてランキング一位を到達。名実ともにトップアイドルとなり、美月本人からもやっと自分を超えてくれたと認められた。
そして、あかりの「星宮先輩の隣に立ちたい」夢を楽屋裏で聞かされたいちごは、イベント後に愛用していたマイクをあかりに託し、檄を飛ばした。
「時間かかってもいい、よじのぼっておいで。私てっぺんで待ってるから」
それはかつて美月がいちごへと託した願いと同じ。あかりはトップアイドルたちの思いをつないだバトンはあかりへと受け継がれたのだ。
この時から、いちごは今までの美月のように「アイカツ界のトップとして盛り上げていく責任」が負わされることになったのだが、表面上は今までと同じくマイペースなのは変わらない感じではある。ただ、いちごはいちごなりに「自分はみんなの憧れでないといけない」としてプロ意識が高まったことは要所で垣間見える。

第120話のバレンタイン回ではおとめ、さくらと共にTV中継もされたイベントのMCを担当。元アイドルで、今はシェフになる夢をかなえた四ツ葉春の姿を、今も彼のことを気にかけるファンに見てもらうべく、彼を登壇させインタヴューを行った。
第124話でスターライトクイーンカップを観戦。クイーンの座を勝ち取ったさくらをあおいらと祝福した。

第125話ではソレイユとして初の全国ツアー『Soleil tour Our Dream』の開催を発表。いちごはラジオのパーソナリティ、ライブ、バラエティ番組出演などで多忙ななか3人のスケジュールを調整し、ツアー開催にこぎつけた。ツアーを記念してソレイユの3人でステージを披露。
この時に、アイカツ界のトップという責任を負ったいちごのこれからの「自分だけの夢」もしくは「自分だけのわがまま」が、世間のニーズなどとは無関係にこれからもずっとソレイユというユニットでの活動を続けていくことだとあかりに語っている。
それを受けたあかりは、今の自分が目指している「自分だけの夢」もしくは「自分だけのわがまま」として「スターライトクイーンになります!」と宣言。スターライトクイーンはいちごがなれなかったものであり、いちごから「自分の真似ではない道を見つけるように」と言われたあかりにとっては、模範解答と言えるだろう。
その頼もしい姿を受け止めたいちごは、全国5大ドーム and more,半年かけてのロングランツアーに出発した。本当の意味でのいちごからあかりへの主人公交代のバトンタッチが行われた瞬間はここであろう。
この回は、劇場版のエピローグ的内容であり、またエンディングには1stシーズン前半のEDであり、1stシーズン最終話でソレイユが披露した「Caledar Girl」が使われた。

第127話からはあかり世代が中学二年生になって後輩も加わり、物語の視点が完全にあかり世代へ移行。1st、2ndシーズンの中心であったいちご世代の劇中での活躍は激減する。特にいちごは上述の夢のこともあり、個人ではなく「ソレイユのメンバーの一人」という扱いで登場するのがメインとなった。
146話ではアイカツ8の表彰式に久しぶりにセリフ付きで登場。昨年のときに果たせなかった「ソレイユ3人全員のアイカツ8入り」を果たすことができた。
そしてその場でソレイユが企画し、3人組ユニットが参加資格である「大スターライト学園祭」を発表。数日間の日程でスターライト学園生徒達のいくつものユニットがパフォーマンスを見せ、最後にファンからの人気投票で順位を決めるという企画だ。
その最終日にあかり、スミレ、ひなきのユニット・Luminas(ルミナス)といちごたちのソレイユと同じステージで競演する。対決ライブではなかったしユニット同士という形ではあったが、いちごとあかりが初めてアイドルとして競い合ったのがこの時である。
「大スターライト学園祭」全体での人気投票ではソレイユが1位、ルミナスが2位、そして今回のイベント限定で再結成したあのトライスターが3位という結果になった。
ソレイユ3人のアイカツ8入りから大スターライト学園祭でのトップ獲得といった立て続けの偉業により、活動再開したソレイユの存在感を世間に強くアピールすることになった。
本編への出番は限定的になっても、「ソレイユというユニットをできる限り続けていく」といういちごの生涯の夢への道は着実に歩み続けている。

4thシーズン

4thシーズンではロボット物をモチーフにしたドラマ回である159話でカメオ出演としてようやく登場。あくまであかり世代がメインであったが、いちご世代のメインキャラも総出演した。
164話は新年のバラエティ番組の収録に忙しい師走のアイドルたちを描いた話で、いちごがステージ以外の仕事をこなしている様子が久々に濃厚に描かれていた。
173話では、あかりが優勝宣言したスターライトクイーンカップがついに開催。その前座としてのステージになんとあのダブルエムが特別再結成するということで、いちごは大興奮。この時ばかりはプロとしてのアイドルの顔を忘れて、ただの一ファンとして美月のステージをキラキラした瞳で鑑賞し、その無垢な子供のような姿はあかりを驚かせていた。
177話では見事にスターライトクイーンになったあかりに対し、プレゼンターとしてスターライトティアラを贈る。この時に劇場版の「時間かかってもいい、よじのぼっておいで。私てっぺんで待ってるから」の回想シーンが挿入されており、あの時の約束が今ここで果たされたことが改めて示唆された。

そしてアニメ版『アイカツ!』の最終話となる178話は、いちごとあかりの二人を主役にしたエピソード。
あかりのスターライトクイーンのお祝い&誕生日のお祝いという名目で、いちごがあかりを引っ張りまわす様子がコミカルに描かれている。この話でのいちごは今までのようにあかりを先輩として導くような姿はほとんど見せず、完全に同じ立場の友人として扱っていた。
すでにあかりはいちごと同じ場所に立ったのだから、ある意味では当然である。
そして最後にいちごがあかりに何か好きなものをプレゼントしてあげると言われて、あかりが頼んだのは・・・。
一部の視聴者には周知のことだったが、いちごはSoleilの仲間である葵と蘭以外を呼び捨ては決してしない(このことは作中では一度も指摘されなかったのでいちごがここに何の意味をもたせていたのかは不明)しかしエンディングが終わったエピローグで、二人がステージに出ようとする姿が描かれ、少しだけ大人になったあかりが唇にルージュを引き終わった時、いちごが手を差し伸べる。



「さぁいくよ、あかり!」


私たちのアイドル活動



トリビア

「中学1年生で3月15日生まれ、うお座のO型」と言うプロフィールや名前が一字違いなど、某変身ヒロイン漫画主人公と不自然なほど共通項が多い。

関連イラスト

We Love Ichigo


いちごちゃんハイライト!
生まれた記念日


星宮いちご生誕祭2015!
大スター宮いちごまつり!上映しました!


いちごちゃん
おいしそうなあの子と…



関連タグ

霧矢あおい 紫吹蘭 有栖川おとめ 藤堂ユリカ 北大路さくら
神崎美月 音城セイラ 大空あかり
データカードダス アイカツ! Soleil 2wingS
金髪 うさ耳リボン いちあお いちセイ いちあか
如月ツバサ・・・次回作でのメインキャラクターで、中の人繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「星宮いちご」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15036477

コメント