ピクシブ百科事典

Go!プリンセスプリキュア

ごーぷりんせすぷりきゅあ

プリキュアシリーズの12作品目にして、チームとしては10代目。
目次[非表示]

強く! 優しく! 美しく! Go!プリンセスプリキュア!

概要

2015年2月1日から2016年1月31日まで放送された「プリキュアシリーズ」の一つ。全50話。
公式での情報の初出は2014年10月7日発行の「プリキュア新聞 2014年秋号」の柴田宏明プロデューサーへのインタビューで、(タイトルは伏せていたが)2015年度もプリキュアシリーズを準備していることを公表し「いい意味で、プリキュアだけれど、プリキュアじゃなくなっちゃうかも」と個性的な作品を目指すアピールをしていた。

2014年10月30日に特許電子図書館にて、東映アニメーションによる商標登録の出願(商標出願2014-84526)およびタイトルロゴが公開され、同年11月28日に公式サイト(関連リンク参照)が開設された。

なお、タイトルにアルファベット表記が入るプリキュア作品は2008年に放送された『Yes!プリキュア5GoGo!』以来となる。

ドリーミング☆プリンセスプリキュア
♥ありがとう!プリンセスプリキュア♥



スタッフ

シリーズディレクターは歴代プリキュアシリーズで各話絵コンテ・演出・演出助手を手掛けてきた田中裕太が、シリーズ構成には『ドキドキ!プリキュア』などの各話脚本を手掛けた田中仁が務める。
キャラクターデザインはアニメ版『ONEPIECE』などの作画監督を務めた中谷友紀子が担当する。
音楽は『ドキドキ!プリキュア』・『ハピネスチャージプリキュア!』に引き続いて高木洋が担当、エンディングダンス振付も前2作同様MIKIKOが担当する。
なお、放送途中の2015年4月~5月頃に、『ドキドキ!プリキュア』以来東映アニメーション側のプロデューサーを務めてきた柴田宏明東映テレビ企画制作部に出向(東映との人事交流の一環であり、柴田は『手裏剣戦隊ニンニンジャー』と『動物戦隊ジュウオウジャー』のサブPを担当することになった)、アシスタントプロデューサーであった神木優が繰り上がりでプロデューサーとなった。また同年6月、東アニテレビ企画部長にプリキュアシリーズ初代プロデューサーの鷲尾天が部長代理から昇格したため、本作の企画を清水慎治から引き継ぐことになった。
プリキュアシリーズにおける主要三職(プロデューサー、シリーズディレクター、シリーズ構成)の途中交代は『ふたりはプリキュアSplash☆Star』(シリーズ構成が長津晴子から成田良美に)、『フレッシュプリキュア!』(シリーズディレクターが志水淳児から座古明史に)に続いて3度目。
なお、これらの人事は放映開始よりもかなり前から決定していたようで、OPのスタッフクレジットには第1話時点から「企画」項には清水と鷲尾、「プロデューサー」項にも柴田と神木と、それぞれ2人ずつ名前が載っており、交代予定の人物の名前がすでに併記されていた(23話以降は清水と柴田がクレジットから外された)。
引き継ぎ体制もきちんとされていたようであり、『Splash☆Star』の時のようなスタッフ交代による作風の急な変化なども別段見られない。

略称

フレッシュ以降、毎年大友により名称の一部を使ってカタカナのプリキュアの略称が作られてきたが、今年の略称は決めるのが難しい。田中SDを始め関係者はGO!プリンセスプリキュアということでゴープリと呼んでいる場合が多いが、この場合ゴプリキュアと被ることがある。一方GO!プリンセスプリキュアということでプリプリにすると90年代の女子ロックバンド・プリンセス・プリンセスと被る。そのためプリンセスを日本語にして姫プリという略称を使う人もいる。

テーマ・特徴

本作のテーマとして採用されたキーワードは『プリンセス』と『』。
ABCの土肥繁葉樹プロデューサーは、
2015年の『プリキュア』のキーワードは“プリンセス”で、テーマは夢です。現在『夢が持てない』『将来に希望が見出せない』若者が増えたと言われています。幼いころは将来への夢を抱いていたはずなのに、現実を前に進むことをちゅうちょしてしまうのかもしれません。でも、たとえそれが途方もなく大きな夢であっても、それを追い続けること自体が『生きる』ことの意味であるような気がします。そんな思いを託して、すべてのスタッフの愛情いっぱいで熱いメッセージが込められているので、楽しみにしてください
と語っている。

「プリンセス」というキーワードについては、単なる衣装モチーフではなく、作品の世界観の中心に据えられている重要な要素である。
本作のプリキュアは夢を強く持ち「プリンセス」のような立派で気品あふれる女性になると強くなるという設定で、プリンセスらしさというものを「強く、優しく、美しく」という三要素で定義している。この三要素は作中で頻出するキャッチフレーズとなっている。
なおここで気をつけたいのは本作におけるプリンセスは王家の娘という意味ではなく、主人公にとって理想的な人間としての在り方という点である(企画を立ち上げた当初はスタッフの中でも「プリンセスになりたいって玉の輿に乗りたいってこと?」と誤解されがちで、認識の共有に苦労したらしい)。
本作のプリキュアたちは上述の三要素を極め、誰からも尊敬される立派な女性に近づくため自らを磨いていく。作中では各人プリキュアを通じて夢の在り方を再確認していく形になっており、「夢」というテーマ性とあわせて、自己研磨や上昇志向などが過去作よりも強めに現れた作風となっている。
各キャラクターたちの自立心も高く、仲間たちとの友情描写についても甘えや依存を感じさせないように注意深く演出されている。また作中の何気ないシーンが伏線となる事も多かったりと、明るい雰囲気の中にシリーズ全体で見ても硬派な作風が見える。

初期メンバーが3人編成なのはフレッシュプリキュア!以来。

♡Perfume♡
きららちゃんが仲間になった!


また、変身の際にスプレー状のアイテムを使用する・3人目までのそれぞれのメインカラーが「ピンク」「ブルー」「イエロー」・それぞれの名前に関連するものが「花」「海」「光(あるいは天体)」など、ハートキャッチプリキュアを連想させる要素がある(メインカラーに関してはフレッシュプリキュアとも共通している)。
変身時の掛け声は「プリキュア・プリンセス・エンゲージ!」。

モチーフ

タイトルにある通り「プリンセス」がプリキュアコスチュームのデザインモチーフ。
いかにもおとぎ話のお姫様が着ていそうな豪奢なドレスのイメージから考えられているため、従来シリーズと比べても全体的にヒラヒラしている。
また、初期メンバーである3人のプリキュアは、それぞれ陸海空の三界に対応するイメージとなっている(追加戦士のキュアスカーレットはそれらに必要不可欠な「太陽」と解釈されることも)。

プリキュアに変身するとヘアスタイルや髪の色が大きく変わるのは通例通りだが、今作では初めて髪にメッシュやグラデーションが入れられている。
(キュアフローラ→毛先と前髪の一部がピンク。キュアマーメイド→毛先が濃い青で前髪の一部が紫。キュアトゥインクル→頭頂部が濃いオレンジ、横髪が赤。キュアスカーレット→頭頂部が濃いピンク)

決め技発動時には「モードエレガント」と呼ばれるロングドレス姿にフォームチェンジする要素があり、通常フォームよりもさらに豪奢で華美なコスチュームとなる。
この時のバンクシーンはCGで作られており、前作のフォームチェンジ演出の方向性を継承している。モードエレガントはCGで動かす事を前提に作られているためそのデザインは複雑的。
設定上ではモードエレガントに対する通常フォームは「モードプリティ」という名前なのだが、作中でこの名前が呼ばれたことは一度もない。

☆プリンセスプリキュア☆
Go! PRINCESS PRECURE



過去シリーズになかった本作独自の戦闘演出として、敵にクリーンヒットを与えた時打撃箇所からプリキュア自身の属性となるものが舞い散るというものがある。キュアフローラなら花びら、キュアマーメイドなら水しぶき、キュアトゥインクルなら星屑、キュアスカーレットは火花といった具合。
耽美的と言っていい程の演出ではあるのだが、本作のプリキュアは衣装デザイン自体がすでにヒラヒラしているので雰囲気的な違和感はない。
またこれはいわゆるところの出血表現の代替としても使われており、敵に通常の打撃以上の大ダメージを与えたというのがわかりやすく演出できるというメリットもある。

作中に頻出するモチーフとしては他にもレース編みがある。
本作の重要なシーンでは何パターンか用意されたレース編みのシンボルが画面の四隅に回転するという演出があり、さらに変身や技のバンクシーンの背景にもレース編みのシンボルが出てくる。
プリキュアの基本形態となるモードプリティ及びモードエレガントの衣装デザインにレース編みのシンボルは用いられていないが、後期の強化フォーム最終フォームとなる形態の衣装デザインにはレース編みのシンボルが組み込まれている。

夢ははるか かなたへ
笑顔・花咲く・プリンセス


なお、これまでのプリキュアシリーズでは「花」や「おしゃれ」など女児が好むモチーフを多く取り入れてきたが、女児が「自分がなってみたい」と憧れる職業や役割(ロール)をモチーフにすることは避けられてきた。それは、プリキュアという存在自体が「伝説の戦士」というロールであるからだ。
今回は「プリキュア」と「プリンセス」という2つのロールを同時に作中に盛り込むことになったが、これは「スタッフが考えるプリキュアらしさ」と「子供たちが憧れるプリンセスらしさ」を矛盾させないように両立しないといけないことに他ならない。だが、普通のプリンセスは怪物と戦わないので従来のプリンセス像から大きくずれているのはすでに避けられない事実である。
そのため、本作ではプリキュアの衣装から作品の世界観、プロットまでもが「プリンセス」というキーワードを根底にして構築し、「本作におけるプリセンスらしさ」を子供にもわかるような形で丁寧に描く必要が出てきた。
これはかなり大変な作業だったということだが、このおかげで初動の食いつきがかなり良かったらしく、春の時点では翌年作も女児が憧れる明快な職業や役割をモチーフに採用することが決定されていた。

物語の舞台

主人公春野はるかが通う「ノーブル学園」は全寮制の学校であるが、プリキュアシリーズで全寮制の学校が登場するのは今回が初めてである。
この点については制作側も本作のウリとしており、親元を離れて寮で暮らす不安感やお泊まりみたいなワクワク感なども描いていきたいと放映前から宣伝していた。
なお、当初ノーブル学園が「女子校」であるように受け止めたお友達もいたが、男子生徒もいるれっきとした「共学校」である。

プリンセスプリキュア
プリンセス☆



過去作との関係性

共通点

前作『ハピネスチャージプリキュア!』は設定面で『ハートキャッチプリキュア!』、展開面で『スイートプリキュア♪』との共通性が指摘されていたが、今作の源流に当たりそうなのは『フレッシュプリキュア!』と言えるだろうか。

メンバーのカラー配分と加入順が同じ」「赤キュアは当初敵として登場する異世界人」「プリキュア陣営に『異世界の王子』と『一般人の協力者』が存在」「メンバーの一人が獣医志望」「メンバーの一人がファッションモデル」「最終局面で周りの人々に素性を明かす」「追加戦士は最終的に故郷へ帰還」「キーアイテムとしてドーナツが頻繁に登場する」…と様々な共通点がある。

その一方で両作のカラーを大きく違える最大の要素が「敵陣営の描写」で、『フレプリ』のラビリンスオーバーテクノロジーを基盤としており、ストーリーに一種SF的なテイストを加えていたのに対し『ゴープリ』のディスダークは完全にファンタジー方向へ振り切っている、というのが決定的な違いとなっている。

相違点

田中SDや神木Pによると、プリキュアシリーズは子供たちでも安心して見られるように様々な配慮をすることを前提とした作品であるが、その配慮のあり方をもう一度根底から見直すことを本作では試みているとのこと。
『Go! プリンセスプリキュア オフィシャルコンプリートブック』での田中SDのインタビューによると「もともとプリキュアシリーズは女児アニメの概念に捉われないものとして始まったにもかかわらず、長く続く中でプリキュアの方が女児アニメのスタンダードと見なされるようになり、いつしかその内容に倫理的な側面まで期待されるようになった」と述懐しており、「それはとてもありがたいことだし、名誉なことではあるが、それに萎縮して、これまで無意識にすごく表現の幅を狭めていた」と反省の弁を述べている。田中SDは『Yes!プリキュア5』からプリキュアシリーズに本作まで参加しつづけたスタッフなため、現場の空気感のようなものの変化については敏感でもあったのだろう。
(なお、前作においてもシリーズ構成の成田良美が、プリキュアに長く関わっているスタッフとしての視点から「最近のプリキュアは倫理的な側面が強くなりすぎた結果、自己犠牲を奨励するようになっているように感じる」と危惧を述べていた。詳細は前作の項目参照)

そのような過剰な自主規制の空気を打開するための挑戦としてメインスタッフたちがその代表例としてあげていることに、プリキュアシリーズで初めて明確な水着回を用意したことがある。「本作には海のプリキュアがいるから、海遊びを楽しむ話がどうしても必要だった」ということだが、海水浴場に遊びにいくのになぜか泳ごうとしない不自然な展開にはどうしてもしたくなかったということ。
これまで忌避していた理由を理解したうえで、その配慮の方針を守りながら作り上げるのに神経を使ったようだが、結果的には可愛く楽しそうに描けて良かったとしている。

また、こういう個別の点だけではなく、全体的な作風においても過去作とは表現の仕方を変えているところがある。それが、プリキュア仲間同士の絆の表現である。
過去作では大切な仲間といつも一緒にいて心を一つにすることを絆の表現として用いられていた。
しかし本作で一番大切なものとして扱われるのは自分の中にある自分だけの価値観であり(本作はそれを「夢」という言葉で表している)、それはたとえプリキュアの仲間同士でも同じものにはなれないという事実を隠すことなく赤裸々に描いている。
だから「自分のことは自分の力でやり遂げなければならない」ということを繰り返し強調しており、仲間同士だからといってなんでもかんでも一緒にやれるわけではないという描写が多い。仲間が夢のために自立して自分の力で歩けるように、過度な干渉はせずにそれでも応援し続けることこそが大切だとする。しかし本作で最も問われるのは、自分の夢とは無関係な他人の夢のことも忘れずにリスペクトし続けられるのかということであり、それこそが本作での「絆」の表現である。
夢を追うことは他人に頼れない孤独なものであるが、それでも頑張ってる自分の姿をただ見守ってくれている人がいることは、何よりの支えになるというわけだ。

花のプリンセス
キュアフローラ!



そのような作風ゆえに、最終回でプリキュアの変身アイテムを返上した上にチームの「解散」がなされ、しかも仲間たちとの「別れ」が描かれたのも特徴。
プリキュアとしての使命を達成したことで、プリキュア活動の「卒業」を果たし、夢を叶えるための次の舞台へとそれぞれが別の道を歩んでいくことになったわけである。
プリキュアシリーズでは『フレッシュプリキュア!』まではそういう「プリキュア卒業」をイメージさせる最終回は普通だったのだが、『ハートキャッチプリキュア!』以降の作品では映画「プリキュアオールスターズ」で矛盾が出ないように、最終回後もプリキュアの力は失われずチームの仲間たちも離れずにずっと一緒に居続けているような描写がされることが常だった。
本作もオールスターズ映画での出演が決まっているのだが、オールスターズに遠慮せずTV本編のテーマ性を貫いたというのは、制作方針として大きな挑戦だったと言えるだろう。
その意図を尊重してなのか、本作終了直後の『オールスターズ』最新作『みんなで歌う♪奇跡の魔法!』でのプリンセスプリキュアの扱いは「最終回の別れの日が来るよりも前に起こった出来事」という設定でつくられている(2017年3月公開の『ドリームスターズ』も同様の考え方ができる。ただし、仮に新たなオールスターズ作品が作られた場合は、どう解釈するのか不明なところである)。

ストーリー

私立ノーブル学園は「自分の夢を自分の力で叶えるために、みんなで協力しあう」という理念によって作られた全寮制の名門校である。
主人公春野はるかもまた、大きな夢を叶えるために厳しい試験を乗り越えてノーブル学園に入学してきた新入生であった。
はるかの夢は「プリンセス」になること。誰もが馬鹿にして笑うその夢だったが、この夢を守り続けることは幼き日にカナタという少年と約束したことでもあった。

入学式の朝、新しい学校生活に期待感を膨らませるはるかだったが学園の森の中を散策中に「ホープキングダム」からアロマ&パフ兄妹が転移してくるところを目撃。さらにこの二体の妖精たちを追ってディスダーク三銃士の一人クローズが現れる。

クローズは妖精たちを追い詰めるための兵器として怪物・ゼツボーグを生み出す。ゼツボーグを生み出す触媒になるのは人間の「」。人々の夢に鍵をかけ絶望に変えることで怪物が生まれるという。そして触媒に選ばれたのは、はるかのルームメイトである七瀬ゆいだった。
クローズの所業に恐怖よりも怒りを燃やすはるか。そのとき、昔カナタからもらったお守りの「ドレスアップキー」が光り出す。それを見たアロマは、はるかが「プリンセスプリキュア」の後継者候補の一人だと直感し「プリンセスパフューム」を託す。するとはるかはキュアフローラへと変身した。

ホープキングダムを救うには、12本のドレスアップキーを集めディスダークを倒さなければならない。
「強さ・優しさ・美しさ」を兼ね備えた真のプリンセスになり世界を救うという「プリンセスプリキュア」の使命を胸に、はるか、そして仲間となる生徒会長海藤みなみ、中学一年生にして人気モデルの天ノ川きららの戦いが始まる。

途中でゆいに正体がばれてしまい、ディスピアの娘と名乗るトワイライトが彼女達の前に現れる。実は彼女はホープキングダムの王女・プリンセス・ホープ・ディライト・トワが幼い頃ディスピアに連れ去られ、変わり果てた姿だった。しかしプリキュアの活躍で彼女は浄化され新世代の第4のプリキュア・キュアスカーレットへと覚醒。プリキュアは三銃士の妨害に遭いながらもミス・シャムールやトワの兄・プリンス・ホープ・グランド・カナタの協力を得て、5本のオリジナルキーを加えた17本のドレスアップキーを手に入れる。ホープキングダムの炎の城を誕生させ星・海・花の城を蘇らせ、人間界に進行してきたディスダークを倒すのだった。しかし首領のディスピアは消滅寸前に一人残った部下・クローズに力の全てを託し、クローズはキュアフローラと一騎打ちを行うも互いの気持ちを受け止める。クローズは再戦を望みながら何処かへと去っていった。

そしてホープキングダムは本来の美しさを取り戻し、トワたち兄妹と妖精たちはホープキングダムに帰還する。はるかたちは、プリンセスプリキュアを通じて自覚したそれぞれの夢に向かって歩んでいくのだった。

夢へ向かって、Go!プリンセスプリキュア!!

゚+o。♥プリンセス♥゚。o+゚
ご覚悟



登場キャラクター

プリキュア

Go!プリンセスプリキュア
キュアスカーレット



ホープキングダム

かなたおうじ
パフとアロマ


王族

妖精

先代のプリンセスプリキュア


ディスダーク

黒きプリンセス
三銃士


絶望の魔女

絶望のプリンセス

三銃士

クローズの部下

怪物


私立ノーブル学園

ゆいさん
らんこちゃん


1年生

2年生

3年生

教職員


プリキュアの家族

Go!プリ 第17話 天ノ川ステラ
Go!プリ 第14話 春野ファミリー


春野家

海藤家

天ノ川家


その他の人物

明星かりんちゃん
社長に踏まれ隊



映画版のキャラクター

panprr
らくがきいろいろ


パンプキン王国の登場人物

パンプキングダムの登場人物


プリキュアオールスターズのキャラクター

春のカーニバル④ ※ネタバレ注意
オドレンウタエン



ゲーム版のキャラクター

シュガー王国

敵キャラクター


呼称表

が\にはるかみなみきららトワゆいアロマパフ
はるかわたしみなみさんきららちゃんトワちゃんゆいちゃんアロマパフ
みなみはるかわたしきららトワゆいアロマパフ
きららはるはるみなみんアタシトワっちゆいゆいアロマパフ
トワはるかみなみきららわたくしゆいアロマパフ
ゆいはるかちゃんみなみさんきららちゃんトワちゃんわたしアロマちゃんパフちゃん
アロマはるかみなみきららトワさまゆいアロマパフ
パフはるかみなみきららトワさまゆいお兄ちゃんパフ

各放送回

話数サブタイトル備考・関連タグなどOPナレ(※)
1わたしがプリンセス?キュアフローラ誕生!春野はるか海藤みなみ天ノ川きららカナタ王子パフアロマ七瀬ゆい春野いぶき春野もえクローズゼツボーグ初登場/はるかがカナタ王子からドレスアップキーを渡される/はるかがノーブル学園女子寮に入寮/はるかがドレスアップキーとプリンセスパフュームキュアフローラに変身はるか
2学園のプリンセス!登場キュアマーメイド!みなみがドレスアップキーを拾得/みなみがドレスアップキーとプリンセスパフュームでキュアマーメイドに変身/アロマ達が残りのプリンセスパフュームを紛失みなみ
3もうさよなら?パフを飼ってはいけません!如月れいこ東せいら西峰あやか白金シャット初登場/パフが寮内で見つかり大騒ぎになる/紛失したプリンセスパフュームがきららの手元にあることが判明はるか
4キラキラきららはキュアトゥインクル?きららがキュアトゥインクルに変身/戦闘後プリンセスプリキュアになることを拒否するきららきらら
53人でGO!私たちプリンセスプリキュア!はるかがきららの多忙さを体験する/ディスピア登場(声のみ)/きららがプリンセスプリキュアに参加/3人が名前で呼び合うはるか
6レッスンスタート!めざせグランプリンセス!ミス・シャムールロック初登場/プリンセスレッスンが開始される/プリンセスレッスン「アフタヌーンティーのもてなし方」/ディスピア正式登場/ホープキングダムが初めて映像化/はるかがカナタ王子との9年ぶりの再会はるか
7テニスで再会!いじわるな男の子!?藍原ゆうき正式登場/ミス・シャムール、人間態初披露/プリンセスレッスン「テニス」/アロマでバスケするパフはるか
8ぜったいムリ!?はるかのドレスづくり!はるかが初のドレス作りの挑戦/プリンセスレッスン「洋裁」はるか
9幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!はるみな回/クローズ、ディスピアから最後通告/今川シュウ古芝ナオト初登場/ノーブルパーティ開幕/みなみのお化け嫌い発覚みなみ
10どこどこ?新たなドレスアップキー!新年度初の放送/ゆいにプリキュアの正体を明かす/エレガントドレスアップキー(ローズ、アイス、ルナ)を入手/プリキュアとディスピアが初対面はるか
11大大大ピンチ!?プリキュアVSクローズクリスタルプリンセスロッド入手/プリンセスプリキュアがモードエレガントの第二形態に初変身/クローズ消滅/ゆいがプリキュアの協力者になるはるか
12きららとアイドル!あつ~いドーナッツバトル!一条らんこ舘響子初登場/ドーナツプリンセス根性ドーナツくんきらら
13冷たい音色…!黒きプリンセス現る!トワイライト初登場/はるかがヴァイオリンを始める/プリンセスレッスン「ヴァイオリン演奏」/源はるか(ミス・シャムール悶絶)/シャットがトワイライトの下僕化/強化型ゼツボーグ(赤)初登場はるか
14大好きのカタチ!春野ファミリーの夢!春野ももか初登場/ノーブル学園でファミリーデーを開催はるか
15大変身ロマ!アロマの執事試験!プリンセスレッスン「アフタヌーンティーのもてなし方」(はるかの追試)/アロマが正式な執事になるための試験を受ける/アロマとパフの人間体が初登場はるか
16海への誓い!みなみの大切な宝物!みなみ、はるか、きららが海藤グループの海洋リゾートに招待される/海藤わたる初登場/キュアマーメイドがミラクルバブルドレスアップキーを入手みなみ
17まぶしすぎる!きらら、夢のランウェイ!天ノ川ステラ声付き初登場/キュアトゥインクルがミラクルシューティングスタードレスアップキーを入手きらら
18絵本のヒミツ!プリンセスってなぁに?望月ゆめ初登場/童話『花のプリンセス』のあらすじが判明/キュアフローラがミラクルリリィドレスアップキーを入手/プリンセスプリキュアがモードエレガントの第三形態に初変身はるか
19はっけ~ん!寮で見つけたタカラモノ!カナタ王子に妹がいることが判明/トワイライトがプリンセスパフュームを発見・入手はるか
20カナタと再会!?いざ、ホープキングダムへ!プリキュアシリーズ放送555回/はるか、みなみ、きらら、アロマ、パフがホープキングダムへ/はるかがカナタ王子で9年ぶりにじかに会う/トワイライトがブラックプリンセスに変身特別篇(※)
21想いよ届け!プリンセスVSプリンセス!トワイライトの過去が判明/洗脳が解けトワイライトはトワに戻る/カナタ王子によりはるか達が元の世界に帰されるはるか
22希望の炎!その名はキュアスカーレット!!プリキュアとディスピアの初の直接対決/トワがキュアスカーレットに初変身/スカーレットバイオリン入手はるか
23ず~っと一緒!私たち4人でプリンセスプリキュア!OPナレーションでトワ初参加「真のプリンセスを目指す4人の物語」へ…/キャラの服装が夏服になる/トワがトワイライトの衣装から通常の私服になる/初4人キメ台詞バンク/トワがノーブル学園に入学/強化型ゼツボーグ(ロック覚醒版)初登場/ロックショックトワ
24笑顔がカタイ?ルームメイトはプリンセス!きらトワ回/トワが初登校きらら
25はるかのおうちへ!はじめてのおとまり会!ノーブル学園夏休み突入/はるかの実家へみんなでお泊まりみなみ
26トワ様を救え!戦うロイヤルフェアリー!OPが新カットに/EDが変更/風邪をひいて寝込んでしまうトワ/アロマとパフがドレスアップトワ
27ガンバレゆうき!応援ひびく夏祭り!ゆうはる回/夏祭り/全員が浴衣姿を披露/プリキュア音頭はるか
28心は一緒!プリキュアを照らす太陽の光!プリキュア水着解禁/海藤家のプライベートビーチで海遊び/スカーレット用の新たなキー出現/フローラ・マーメイド・トゥインクルのドレスアップキーが全てロックに奪われるトワ
29ふしぎな女の子?受け継がれし伝説のキー!先代プリンセスプリキュア全員登場/ロックがドレスアップキーから絶望を抽出/ロックが城をゼツボーグ化はるか
30未来へ!チカラの結晶、プリンセスパレス!プリンセスパレス出現/ロック怪物化/ドレスアッププレミアム登場/ロック消滅/クロロ初登場(ただし人間態で昏睡状態)はるか
31新学期!新たな夢と新たなる脅威!アイキャッチ変更/プリンセスレッスン「フラワーアレンジメント」/クローズ、ディスピアの復活/クロロが妖精態に戻る/ストップとフリーズ初登場はるか
32みなみの許婚!帰ってきたスーパーセレブ!はるみな回/OPカットが一部変更/伊集院キミマロ初登場みなみ
33教えてシャムール♪願い叶える幸せレッスン!プリンセスレッスン「セルフメイク」/クロロが昏睡状態から目覚める/ホープキングダム王家の紋章コイン出現はるか
34ピンチすぎる~!はるかのプリンセスコンテストはるきら回/はるかがイメージガールのコンテストに出場/OPにクロロ追加きらら
35やっと会えた…!カナタと失われた記憶!キャラクターの服装が冬服になる/記憶喪失になっていたカナタと再会/OP劇場版宣伝バージョンに差し替え/紅城トワの本名が判明はるか
36波立つ心…!みなみの守りたいもの!みなみ回/海藤つかさ海藤ますみ北風あすか初登場みなみ
37はるかが主役!?ハチャメチャロマンな演劇会!古屋りこ平野ケンタ初登場はるか
38怪しいワナ…!ひとりぼっちのプリンセス!黒須登場/プリキュア史上最悪の放送基準に違反しかねない緊急事態に…はるか
39夢の花開く時!舞え、復活のプリンセス!絶望から自力で立ち上がり復活するはるか/カナタが記憶を取り戻す/モードエレガント・ロイヤルはるか
40トワの決意!空にかがやく希望の虹!トワ回/トワとカナタが正式に再会/「プリキュア・スカーレット・プロミネンス」技初披露/クロロがロックに取り付かれた経緯が判明/炎の城を解放/OP&ED歌唱担当の礒部花凜&北川理恵がCV出演トワ
41ゆいの夢!想いはキャンバスの中に…!ゆい回/プリンセスレッスン「料理」/ゆいが3度目のゼツボーグ化/ゆいが自力で絶望から立ち直ってゼツボーグを止めるはるか
42夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!きららの夢の総決算回(前編)/明星かりん初登場/「プリキュア・ギャラクシー・コーラス」技初披露きらら
43一番星のきらら!夢きらめくステージへ!きらら回(後編)/星の城を解放しホープキングダムの空を取り戻すきらら
44湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!みなみ回(前編)/ぷんすかフローラ/「プリキュア・コーラル・メイルシュトロム」技初披露みなみ
45伝えたい想い!みなみの夢よ大海原へ!みなみ(後編)/ザ・プリンセス/シャットがディスピアからラストチャンスを与えられる/海の城を解放みなみ
46美しい…!?さすらうシャットと雪の城!シャット回/シャット怪物化/ノーブル学園冬休み突入トワ
47花のように…!つよくやさしく美しく!はるか回/「プリキュア・サクラ・トルビュランス」技初披露/花の城を解放/ホープキングダムが元の姿に戻る/ディスピアが人間界に進撃開始はるか
48迫る絶望・・・!絶体絶命のプリンセス!ディスダークとの最終決戦突入/ディスピアの操り人形として蘇るロック/シャット造反/プリンセスロッド・スカーレットバイオリン破壊はるか
49決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!ディスピアがクローズを取り込んで最終形態に変化/ロックが造反しクロロと共闘/プリキュア4人がグランプリンセスに覚醒/「プリキュア・グラン・リベラシオン」技披露/ディスピア消滅はるか
50はるかな夢へ!Go!プリンセスプリキュア!最終回/クローズがディスピアの力を継承/フローラとクローズの最後の戦い/クローズ(ストップ・フリーズも?)撤退・停戦/ホープキングダム解放/エピローグでの成長した4人/キュアフローラからキュアミラクルへのバトンタッチはるか


※OPのイントロでは春野はるか役の嶋村侑によって「強く、優しく、美しく、真のプリンセスを目指す3人(4人)の物語。夢に向かって、Go!プリンセスプリキュア!」というナレーションが入るが、はるか以外のプリキュアを脚本内で主役的に扱う回においてはそのプリキュアが担当する。第20話についてはプリキュアシリーズ放送555回目を記念しはるか、みなみ、きららの三人による特別メッセージが流された。

テーマソング

オープニングテーマ

題名:MiracleGo!プリンセスプリキュア
作詞:大森祥子
作曲:渡辺亮希
編曲:渡辺亮希・池田大介
歌:磯部花凛
※本編放送時のOPのイントロで挿入される「強く、優しく、美しく…」の台詞は楽曲としては挿入されていない。
26話からは、新カットと同時に同曲の2番を使用したバージョンへ変更された。
※第50(最終)話のみ1番のバージョンに戻されている。

前期エンディングテーマ

題名:ドリーミング☆プリンセスプリキュア
作詞:マイクスギヤマ
作曲:山本清香
編曲:多田彰文
歌:北川理恵

後期エンディングテーマ

題名:夢は未来への道
作詞:マイクスギヤマ
作曲:石塚玲依
編曲:石塚玲依
歌:北川理恵
※後期EDのCGアニメーションは毎回ランダムにソロパートが入れ替わる形となっている。詳細は楽曲記事を参照。

主題歌関係者について

主題歌関係者はほとんどが『プリキュア』シリーズ初参加となる。

  • OP作詞の大森祥子は、ニチアサ枠へは『おジャ魔女どれみ』以来の参加。その間、秋山澪ゴーストライター…もとい、『けいおん!』における大多数の作詞を担当している。プリキュア5のキャラクターソングである『Shine 5 Hearts』の作詞経験がある。
  • OP作曲の渡辺亮希と編曲の池田大介は、『名探偵コナン』などアニメ作品への楽曲提供も豊富な、J-POP界に一時代を築き上げた制作集団「Being」の座付作家。渡辺は初のアニメ作品となるが、池田は「ムーンライト伝説」他多数のアニソンに関わった実績を持つ。
  • OP歌唱の磯部花凛は、2014年のミス・ユニバース・ジャパン奈良代表という異色の経歴の持ち主(アニソン関連者全体としても、ミスコン出身者は1987年クラリオンガールとなった、先述のBeing所属の川島だりあ程度)。
  • ED作詞のマイクスギヤマは、ニチアサ枠においてスーパー戦隊シリーズの主題歌を担当する制作集団「Project.R」からのスライド参加。
  • 前期ED作曲の山本清香は、藤田麻衣子のバックミュージシャンを務める他、マクドナルドサントリーなど、主にCM音楽の分野で活動している人物。
  • 前期ED編曲の多田彰文は、劇場版の『ポケットモンスター』『クレヨンしんちゃん』他、多数のアニメ作品に関わっている。何気にニコニコ生放送生主でもある。
  • 後期ED作編曲の石塚玲依は、『プリパラ』2期以降のBGMや『SHOWBYROCK!!』『ONEPIECE』『ぷちます!!』のキャラクターソング、『進撃の巨人』ED「美しき残酷な世界」など様々な楽曲の作編曲に携わっている。
  • ED歌唱の北川理恵は、ミュージカル女優として10年近いキャリアを持つ一方、『NHKのど自慢』2007年船橋大会でチャンピオンとなるなど歌唱力に定評がある。前作大森ゆうこ役・北川里奈との血縁関係は無いようだが、愛乃かおり役・堂ノ脇恭子と同じ事務所の所属だったりする。

映画

2015年3月14日公開の『映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』にキュアフローラ・キュアマーメイド・キュアトゥインクルが参加する。
また、同年10月31日には単独の『映画Go!プリンセスプリキュア』も公開。
キュアスカーレットが、プリキュア映画初登場する(オールスターズ映画も含めて)ほか、第28回東京国際映画祭で、本公開に先駆け『ワールドプレミア』が行われる(本公開7日前。プリキュア映画ではドキプリ映画版に次いで2作目)。
2016年3月19日公開の『映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』には初期メンバー3人とキュアスカーレットが参加。キュアスカーレットがオールスターズ映画初登場のほか、七瀬ゆいがモブキャラクター枠で初登場。

漫画版

上北ふたごによる漫画が『なかよし』にて連載。
東映アニメーションからの指示で、スピンオフな内容での連載になっていることが、第一巻巻末コメントにて明かされている。
2015年8月には単行本第一巻が、翌年2月には同第二巻がそれぞれ描き下ろしエピソードを加えて、発売された。
毎年のことであるが、最終的なエンディングの向かえ方がTV本編とは大きく異なるものとなっており、本作においては「最終決戦後にホープキングダムと人間界とのつながりが絶たれる」という設定がコミカライズ版では存在せず、逆に最終決戦後もホープキングダムの友人たちがいつも遊びに来れるような優しい世界であるように描かれた。

花とレフィの冒険

正式なタイトルは『物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険』。
講談社KK文庫から刊行される文庫本で、上記の単独映画の中編作品『プリキュアとレフィのワンダーナイト!』のその後の物語となる。ただし、時間軸的にはTVシリーズ本編との繋がりも伺える内容となっている。著者は単独映画の長編作品『パンプキン王国のたからもの』の脚本も手掛けた秋之桜子(山像かおりのペンネーム。キャストも兼任)。
詳細は当該記事にて。

関連動画

これであなたもプリンセスプリキュアまるわかりムービー - YouTube
3分でわかるGO!プリンセスプリキュア - YouTube-プリキュアを中心に要点を1~22話まで。
OPテーマ「MiracleGo!プリンセスプリキュア」(フルバージョン)を使用。

関連タグ

カテゴリータグ名
作品関連プリキュア/プリキュアシリーズ一覧
略称・表記ゆれGo!プリプリ
地名・組織名ホープキングダム/ディスダーク/ノーブル学園/夢ヶ浜
用語マーブルドーナツ(ドーナツプリンセス)/お覚悟はよろしくて?
アイテムプリンセスパフューム/ドレスアップキー/クリスタルプリンセスロッド/プリンセスパレス
フォームチェンジモードプリティ/モードエレガント/ドレスアップロイヤル/ドレスアッププレミアム/グランプリンセス/モードデュオローグ
集合絵タグプリンセスプリキュア
パロディ10度目に立ち上がったその時に/ただの平民/Golf!プリンセスプリキュア
黒化タグNo!プリンセスプリキュア/闇野はるか(キュア不良ラ)/骸藤みなみ(キュア魔冥土)/三途の川きらら(キュア闘淫クル)/闇パフ/禍瀬ゆい/ごきげんよう(物理)/黒城トワ
評価タグGo!プリプリ100users入り/Go!プリプリ500users入り/Go!プリプリ1000users入り/Go!プリプリ5000users入り/Go!プリプリ10000users入り/Go!プリプリ50000users入り
オールスターズ関連
二次創作レジェンドオブ春野はるか
感想タグみなみこれかわいい /はるかわいい/トワこれかわいい
カップリングGo!プリンセスプリキュアカップリング
その他
  • ローソン:コラボ。イラストグッズを「Loppi」にて販売。


関連リンク

東映アニメーション公式サイト
ABC公式サイト

プリキュアシリーズ」タグ

←11.ハピネスチャージプリキュア!12.Go!プリンセスプリキュア13.→魔法つかいプリキュア!

pixivに投稿された作品 pixivで「Go!プリンセスプリキュア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65601728

コメント