ピクシブ百科事典

ホープキングダム

ほーぷきんぐだむ

ホープキングダムは『Go!プリンセスプリキュア』に登場する異世界の王国である。
目次[非表示]

概要

で形作られた美しい王国
典型的な「おとぎの国」で、湖のほとりにたつ西洋風の王城を中心に人間妖精獣人が平和に共存している城下町が発展している、というイメージ。
王族カナタ王子トワ王女以外に両親のホープキングダム王ホープキングダム王妃がいる。本作の主人公たちのサポート妖精であるアロマ&パフ兄妹はロイヤルフェアリーと呼ばれており、王族に仕える存在のようだ。

ミス・シャムール曰く「夢はホープキングダムの民の魂」(39話)ということであり、この世界に住む者たちは例外なく夢を持っている。特に夢も持たずに毎日を無気力に過ごす……なんて人はホープキングダムの住人には考えられない。
しかし、現在の王国は夢も希望も失われてしまっている。
本編開始以前に、トワ王女が絶望の魔女・ディスピアに連れ去られてしまい、更にその9年後に彼女の率いるディスダークの襲来を受け、国の殆どの住人が絶望の檻に囚われ、彼らの夢が『絶望の扉』と呼ばれるブ厚い扉に封印されて、クロロはロックに取りつかれてしまったのである。現在難を逃れていたのは、カナタ王子、ミス・シャムール、ロイヤルフェアリーの1人と3匹。
そして王国は永劫の闇夜に包まれ、城の玉座にはディスピアが居座っていた(後に23話でディスピアがダメージを受けた際に一時的にロックが座ることになる)。
31話以降はパワーアップしたディスピアによって王国の大部分に絶望の森が繁殖し、より悲惨な状況となった。

王国の伝説では、ホープキングダムは神秘の力を持つ3人のプリンセスによって建国されたと伝えられている。そしてこの建国の英雄たちのことをプリンセスプリキュアと呼ぶ。
現在の王国の危機を救えるのはプリンセスプリキュアの力を継承した「伝説の戦士」しかいない。
プリキュア継承者たちがグランプリンセスにまで成長し、12本のドレスアップキーを手にすることができれば、大いなる闇を祓う力が解放され、絶望の扉はこじあけられ国民の夢を取り戻すことができるだろうとカナタ王子は期待している。

絶望の扉

ホープキングダムの上空に浮かんでいる観音開きの巨大な扉。南京錠で固く閉ざされている。この扉の向こう側に国民の夢がすべて閉じ込められているという。
ディスダークがホープキングダムを侵攻した様子を描く回想シーンでは、国民たちが「絶望の檻」に次々閉じ込められていく様子が描かれているが、ディスダーク支配下にある現在のホープキングダムには国民を閉じ込めた絶望の檻がどこにも見当たらない。
このことから、絶望の扉の内部に「檻に閉じ込められた状態の国民たち」が保管されていると推測されていたが、最終決戦にてその通りだったことが判明した。

ホープキングダム城

湖のほとりにたつ美しい城で、オープニングアニメーションでタイトルロゴが出てくるシーンでも描かれている。
城のたっている場所の地下深くには異世界へのゲートを作り出す魔法の扉が存在しており、アロマとパフは城がディスダークに占拠される直前にこの扉を通じて人間界へやってきた。

第一話時点でディスダークに乗っ取られており敵側の拠点となっている。その後の29話でゼツボーグ化して移動要塞として人間界へ攻め込むが、プリキュアたちによって浄化されたことでパワーアップアイテム「プリンセスパレス」と化した。
しかしその後に、城が建っていた一帯が絶望の森に飲み込まれ、イバラのツルが複雑に絡み合い巨大な魔城が出現した。これは今まで人間界から収集していた絶望のエネルギーでパワーアップしたディスピアの魔力によるものである。以後はここがディスダークの新たな拠点となった。

人間界との行き来

ホープキングダムと人間界の行き来については、上述のようにホープキングダム城に別の世界へ行くことができる転移門が設置されている。ただしこれは一方通行であり、人間界側からホープキングダムに行くことができる門は存在していない。さらにこの門は21話でカナタ王子により破壊されてしまった。
一方、敵であるディスダークの幹部たちは鍵穴状の次元ホールを作り出して二つの世界を自由に行き来できる。

12本のドレスアップキーは所持者を別世界に転移させる能力がある。9年前にカナタ王子を人間界へ送り込み、20話では逆にプリキュアたちをホープキングダムに送り込んだ。
しかしこれはキー自身が必要だと感じた時にしかその能力は発動しないので、所持者の意思はお構いなしである。そして所持者が転移したいと強く願おうがキーが答えてくれるわけでもなかったりする。
プリキュアたちがホープキングダムに転送された20〜21話ではやってきたはいいものの、キーは人間界にもどしてくれず、敵陣真っ只中にある転移門をくぐるしか帰還の手段がないということになった。この時、プリキュアたちを無事帰還させるため敵の猛攻を一人で防いでいたカナタ王子は、無事が確認できないまま行方不明となってしまう。
帰還にキーが協力しなかったことを大きな視点で見れば、この悲劇さえドレスアップキーが試練として与えたことだったのかもしれない。

しかし、この12本とは別のイレギュラーキーとして新たに誕生したロイヤルドレスアップキーは、「ロイヤルマジェスティ」と呪文を唱えるだけでプリキュアたちをホープキングダムに転送してくれる。ロイヤルキーを入手して以降はプリキュアたちはホープキングダムに直接乗り込んで「プリキュアの城」を解放するクエストを順番にクリアしていくことになる。
このキーはプリキュアたちが成長した証として39話で誕生したものであり、要するに彼女たちを最終決戦に導くためのキーガジェットというわけだ。
なお、プリキュアの城は解放に成功すれば、正門の扉を城の中に入るためだけではなく「人間界へとつながる転移ゲート」としても使用することができるようになり、プリキュアたちはすぐに人間界へ戻れる。(ただし、最終回で「キーがなくては二つの世界の行き来はできなくなる」と語られているので、プリキュアの城の転移ゲートを起動するには、城の主であるプリキュアがキーを持っている必要があると思われる)

王国の虹

オープニングアニメーションや回想シーンで在りし日の城が描かれる時は、城から何本もの単色の虹が出ている。長らくただの演出と思われていたが、実はこの虹こそがホープキングダムの神聖なるシンボルとされていることが第40話で判明する。
この虹は王城がある場所から四方八方に生えており、常に消えることなく輝き王国を取り囲んでいる。この虹が見える場所が王国の領域ということが言えるだろう。
ホープキングダムの国王は「我々を見守るあの虹のように、民に夢と希望を授けるのが王族の務め」と語っているので、国民たちの帰属意識としては王族よりも虹の方が上位である。むしろ、王族は虹の守護者として信任されていることで民に認められているという感じだろうか。
実際、城から虹が生えているというより、虹が生える中心地に城が建てられているという方が正しい。

そしてディスダーク支配下にある現在のホープキングダムは虹が消え失せていたが…(後述の「プリキュアの城」を参照)。

プリキュアの城

ホープキングダムには王城とは別に、先代プリセスプリキュアを祀った祠としての小城がある。プリキュアの城はプリキュア一人ずつに一つが存在しており、それぞれの城にはプリキュアたちの象徴である花、海、星の紋章が掲げられている。
城の中にはドレスアップキーを差し込める石板があり、それぞれの祠が祀るプリキュアに対応するキーを差し込むことができる。
20話では当代のプリキュアたちがキーを差し込むことで、先代からのメッセージを受け取ることができた。
なお、ホープキングダム城と同じくこのプリキュアの城も人間界へ通じるゲートとなっている。

キュアスカーレットには先代はいないが炎の城だけは用意されており、その中に4つ目のプリンセスパフュームが安置されていた。なお、炎の城は巧妙に人目につかない場所に隠されていたようで、19話でトワイライトが発見するまでは人が立ち入った形跡もなかった。

プリキュアはこれらの城を「目覚めさせる」ことで王国に新しい虹を生み出すことができる。
各プリキュアが自分の城の前に立ち、自分の持つ4本のキー(変身キー、エレガントキー、ミラクルキー、プレミアムキー)をプリンセスパレスに差し込み祈りを捧げることで、城はまるで建てられたばかりの頃のように輝きを取り戻し、ホープキングダム城がたっていた場所に向かって虹をかけるのである。
ただし、城を目覚めさせる儀式はキーが揃っていればすぐにできるというものではなく、プリキュアの心が大きな成長を見せていないとならない。本作のテーマは夢なので、当然ながら心の成長とは自分の夢への思いと覚悟をより大きな形で固めることである。
これには「自分にとって夢とはどういうものなのか」を客観的に見つめ直すシビアな視点が要求されており、単純に夢への憧れを高めればいいというものではない。
各プリキュアが城を目覚めさせるに値するだけの心の成長を見せた時、ロイヤルキーが光り輝きプリキュアたちに儀式の準備が整ったことを知らせてくれる。
城が目覚めて虹が新しく生まれることで、ディスダークによって闇に汚されていたホープキングダムの環境は少しずつ元に戻されていく。4つの城を目覚めさせることは最終クールでのプリキュアたちの主要目的となっている。

炎の城

40話で覚醒。紅城トワ/キュアスカーレットが、グランプリンセスになりたいという自分の夢は自分だけのものではなく「王国の民のため」にあることを改めて受け入れ、それでもその夢を自分の夢だと思えたことで城の主として認められる。
燃え盛れ、希望の炎よ!という掛け声とともにキュアスカーレットが4本のドレスアップキー(変身ドレスアップキー、エレガントハナビキー、ミラクルフェニックスキー、プレミアムサンキー)をプリンセスパレスに差し込むことで、王国全土を覆っていたイバラを焼き尽くし退けた。

星の城

43話で覚醒。天ノ川きらら/キュアトゥインクルが、みんなを救うプリキュアの使命よりも自分の夢の方が大切だという本心を自分の中で肯定できたことで城の主として認められる。
瞬け、遥かなる星よ!という掛け声とともにキュアトゥインクルが4本のドレスアップキー(変身ドレスアップキー、エレガントルナキー、ミラクルシューティングスターキー、プレミアムギンガキー)をプリンセスパレスに差し込むことで、空を覆う闇を払い月と星を取り戻した(あくまで夜なので太陽は取り戻されていない)。

海の城

45話で覚醒。海藤みなみ/キュアマーメイドが新しい夢のために、自分の幼い頃からの夢を捨てる覚悟を受け入れたことで城の主として認められる。
高鳴れ、大いなる海よ!の掛け声とともにキュアマーメイドが4本のドレスアップキー(変身ドレスアップキー、エレガントアイスキー、ミラクルバブルキー、プレミアムサンゴキー)を差し込むことで、ツタのような海草が埋め尽くしていた王国の海を浄化し、澄んだ水で満たした。

花の城

47話で覚醒。春野はるか/キュアフローラが、自分の夢に終わりがないがゆえに永遠に満足できないということを悟り、その苦しみや悲しみの中でも夢を追い続けることこそが自分の望みだと思えたことで城の主として認められる。
咲き誇れ、輝ける花よ!の掛け声とともにキュアフローラが4本のドレスアップキー(変身ドレスアップキー、エレガントローズキー、ミラクルリリィキー、プレミアムサクラキー)を差し込むことで、ディスダークが浸食していた王国の大地を浄化し、花で満たした。

4つの城の覚醒、そして・・・

全ての城が解放されたと同時にホープキングダムについに太陽が取り戻され、さらに4つの城がイバラの城が占拠する湖に虹をかけたことで、ディスピアの城はその輝きに浄化されて消滅。
王国の環境は完全にもとどおりになり、かつての美しい姿を取り戻した。だが、未だそこに住む国民たちはいない。天空には依然として絶望の扉が存在しているからだ。
あとはグランプリンセスに到達して、絶望の扉を開きその中に閉じ込められた民を解放する、それがプリンセスプリキュアの最後の使命。
・・・のはずだったのだが、ディスピアは既にホープキングダムの防衛を放棄し、はるか達の世界を標的にするのだった。

最終決戦後

ノーブル学園を舞台にプリキュアたちの最後の戦いが始まることとなり、クローズを取り込み強大化したディスピアに苦戦するもグランプリンセスに覚醒。ディスピアを倒した。
さらにディスピアのすべてを受け継いだクローズにキュアフローラが勝利したことで、ディスダークは消滅した。

そしてグランプリンセスになったキュアスカーレットが「黄金のドレスアップキー」を用いてホープキングダムの「絶望の扉」を開き、民を解放。ホープキングダムは元の平和な姿を完全に取り戻した。
それと同時に、キーは役割を終えたことで眠りにつく。プリキュアたちは17本のキーを含めた全てのアイテムを返却し、ただの人間に戻り、それぞれの夢を追う生活へと戻ることになった。
だが、それはホープキングダムと人間界とのつながりを終わらせるときでもある。二つの世界は本来は干渉しあってはならないのだ。それにキーが完全に眠りについてしまえば、もはや二つの世界を往来することはできなくなる。

はるか達人間界の住人とトワたちホープキングダムの住人との別れの日には、互いに笑顔で見送った。だが、涙を隠すことはできなかった。

王国に戻ったカナタやトワは王族としての政務に邁進し、ロイヤルフェアリーたちも宮廷を支える職務をこなしている。
平和を取り戻した王国だが、実は不安要素もある。王国の外れには未だに絶望の森が残っているのだ。
しかし、これはおかしなことではない。そもそも第一話以前の平和だった王国にもすでに絶望の森はあったのだから。
ホープキングダムの民は夢を持ってそれを叶えるために努力する生き方に強い誇りを持つ。それゆえに、夢を自ら諦めて安らかに過ごすという生き方を選択できるものは少ない。運や実力に恵まれずに夢を叶えられない者は完全に絶望に堕ちるまで苦しみ続ける。ホープキングダムが夢を生む世界である以上、絶望が消えることも決してない。絶望とは夢に寄り添い続ける双子のようなものというのはディスダークがプリキュアたちに教えてくれた否定できない事実である。結局は、絶望は自分の隣に常に「ある」ことを受け入れ、それに負けないように立ち向かい続けるしかないのだろう。
絶望の森のイバラは今は眠ったように反応がないが、カナタもトワもいつかまたこの森からディスピアのような存在が生まれるだろうという予感を持っている。それが明日なのか、何千年も後のことなのかは分からないが……
だが、絶望が消えることがないように夢も決して消えることはない。絶望が世界を覆ったその時は、王国の保管庫で眠りについているドレスアップキーが目覚めてプリキュアを見出し、夢を取り戻すための戦いが再び幕を開けるのだろう。

関連イラスト

ほーぷきんぐだむ!



関連タグ

Go!プリンセスプリキュア キングダム
先代プリンセスプリキュア:当代のはるか達を単に「プリンセスプリキュア」と呼ぶ場合の「英雄たち」でホープキングダムの建国者である。
プリンセスパレス:ホープキングダム城の成れの果て。

pixivに投稿された作品 pixivで「ホープキングダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34891

コメント