ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キュアフローラ

きゅあふろーら

TVアニメ『Go!プリンセスプリキュア』に登場するプリキュアの一人。春野はるかが変身する。
目次 [非表示]

咲き誇る花のプリンセス!キュアフローラ!


(※同名のオリジナルプリキュアについては、キュアフローラ(オリジナルプリキュア)を参照)


CV:嶋村侑


概要

花のプリンセスとされている。イメージカラーはピンクプリキュアオールスターズでは通算38人目のプリキュアとなる。

「お覚悟はよろしくて?」。♥花のプリンセス♥


決め台詞は冷たい檻に閉ざされた夢…返していただきますわ!お覚悟は、よろしくて?

この台詞は初変身時にアロマから「プリンセスらしく決める」ように求められた際、はるか自身が即興で考えたものである。


キュアフローラ専用に用意されたドレスアップキーは、変身キーが「フローラ」、エレガントキーが「ローズ」、ミラクルキーが「リリィ」、プレミアムキーが「サクラ」となる。


容姿

髪は変身前の茶髪から、ピンク色のメッシュが入った金髪のロングヘア(いわゆるストロベリーブロンド)に変わる。

髪型はいわゆるお花盛り(盛り髪)である。頭部にはティアラをつけており、胸部と腰部には赤いリボンをつけている。瞳は青緑色

お覚悟はよろしくて?復活のF(フローラ)


全体としての衣装はピンク色であり、フリフリのスカートを履く。

その下はフリルつきのクラシカルなドロワーズである。

白い手袋をしており、太ももから足首まで露出している脚にショートブーツを履く。ブーツは2代前の青キュアと一二を争う短さになっている。

勇気!本気!ス・テ・キ!咲きほこる花のプリンセス


また、花のプリンセスらしく初変身の直後にはゼツボーグが召喚されたことによって枯れていた花が再び咲き誇った。


戦闘スタイル

高い身体力を生かした格闘戦を基本とする、オーソドックスなインファイターであり、ゼツボーグをパンチで吹き飛ばしたり投げ飛ばしたりするほどのパワーを持っている。

キュアフローラ

特に脚力には優れており、蹴りによる攻撃が多い。また、その脚力を生かして素早く敵の攻撃を避けながらジャンプして飛び蹴りを浴びせかけることも多いようだ。キックの使用頻度が多めなピンク主人公キュアブラック以来であり、珍しいタイプ。

キュアフローライダーキック!センシティブな作品


なお、敵に対してクリーンヒットを決めると、打撃箇所から花吹雪が散るという特殊演出が発生する。これは決め技演出ではなく通常の攻撃でのことである。

このことから、キュアフローラは花吹雪をまといながら戦う幽玄ともいえる姿を魅せてくれるのだ。「花のプリンセス」という戦闘と懸け離れたイメージを、プリキュアらしいバトル演出に組み込んだ形と言えるだろう。


ちなみに変身バンクは他の初期メンバーより数秒位短いため、BGMも劇伴担当の高木洋氏によりフローラ用に編集されたバージョンが用意されている。


決め技

プリキュア・フローラル・トルビヨン

舞え、花よ!

モードエレガントにエクスチェンジし、無数の花びらを螺旋状にして放つ浄化技。浄化後は「ごきげんよう!」の台詞と共に〆る。

(トルビヨン(tourbillon,トゥールビヨンとも)とは、フランス語で「渦」「疾風」の意。また、そこから名を取られた機械式時計の姿勢差補正機構のこと)


ゼツボーグを浄化したあとは、「開け、夢への扉!」の台詞と共にドレスアップキーで檻の鍵を開錠し、囚われた人間を救助する。

ごきげんようGo!FLORA


通常は3DCGでの描写(他の決め技も大多数は同様)なのだが、『プリキュアオールスターズF』では2Dの手描きで発動した。


プリキュア・ローズ・トルビヨン

舞え、バラよ!

クリスタルプリンセスロッドにローズキーを差し込むことで使用可能な技。ロッドの先端に巨大な薔薇の花が咲き、そこから薔薇の花びらがマシンガンのように放たれ敵を攻撃する。敵にダメージを与えたり撹乱したりするための技で、浄化効果はない。

また、発射せずに薔薇の花を維持しつつも突撃してくる敵を受け止めて包み込み、そのまま放り投げるという使い方もある。


プリキュア・リィス・トルビヨン

舞え、百合よ!

クリスタルプリンセスロッドにリリィキーを差し込むことで使用可能な技。ロッドの先端に巨大な百合の花が咲き、そこから百合の花びらがマシンガンのように放たれ敵を攻撃する。敵にダメージを与えたり撹乱したりするための技で、浄化効果はない。

ローズ・トルビヨンとまったく同じ効果の技だが、此方は威力が高い。

(百合の花「fleur-de-lis」は王家の紋章としても使われている。)


プリキュア・サクラ・トルビュランス

舞え、桜よ!

サクラキーをセットしたプリンセスパレスを頭上に掲げることで、巨大な桜の木を発生させ、そこから圧倒的な花びらを飛ばして敵に攻撃する。


フォームチェンジ

通常フォームのコスチュームに装飾を加えてロングドレスとしたサブフォーム。浄化効果のある決め技使用時にこの形態に変身する。キュアフローラは初登場時からこのモードにフォームチェンジ可能。

フローラのモードエレガントは、上半身は体にフィットしスカートが大きくふくらんだ「プリンセスライン」のデザイン。

ふろーら


モードエレガントは一種類ではなく細部のデザインが違うサブタイプがある。使用するドレスアップキーによってどのタイプのモードエレガントになるかが決定される。

TV本編の劇中でフローラが変身したモードエレガントのタイプは、ノーマルタイプ、ローズタイプ、リリィタイプの3種類となる。また、劇場版限定フォームとしてのモードエレガントとして、プリマヴェーラタイプとハロウインタイプがある。

それぞれのタイプの詳細はモードエレガントの項を参照。

なお、モードエレガントに対して通常の形態のことを設定上では「モードプリティ」と呼ぶ。


第30話より登場するパワーアップフォーム。広義としてはモードエレガントのサブタイプと言えるのだが変身後のデザインが明らかに異なるため、それまでのモードエレガントとは別種のフォームとして扱われている。


第37話より登場する二番目のパワーアップフォーム。ドレスアッププレミアムのマイナーパワーアップ版であり、背中にレース編み状の羽根が生える以外はデザイン的な変化はない。

ナミぞうさん、お誕生日おめでとうございます!


第49話より登場する最終フォーム。ドレスアッププレミアムをベースにさらに豪華にしたデザイン。ドレスは黄金に輝き、手には鍵の形をした王笏、背中にはマント、頭のティアラは王冠のごとき装飾となり、さらにレース編み状の魔法陣が頭上に光輪として回転しているのが特徴。

Grand Princess


最終回の第50話のみで登場した、グランプリンセスのサブフォーム(名称はコンプリートブックにて判明)。強化後のフォームがさらに並列的にもフォームチェンジするというのはプリキュアシリーズでは初。

こちらではプリンセスプリキュアの通常形態(モードプリティ)をベースに装飾が加えられた形になっており、より動きやすく戦闘に適する形となっている。ただし、モードプリティの強化版ということなのかキメ技は使えなくなるようだ。

作中ではフローラのみがこの姿になったが、他のプリキュア達もこのモードになれるかどうかは不明。

ごーぷり


名前の由来

floraはラテン語で「」「」の意。英語では、ある地域もしくは時代における全ての植物の種の総体を表す学術用語「植物相」の意。

またはローマ神話の花の女神・フロラ(フローラ)から。


「花」を意味する単語を使ったプリキュア名は、キュアブルーム(bloom)、キュアブロッサム(blossom)、キュアフラワー(flower)と過去作でほぼ出尽くしていたので多少ひねりを加えたネーミングといえるが、花のイメージを残しつつもよりスケールアップした形となった。


モチーフ

本作プロデューサーの一人である神木優は「プリンセスにはそれぞれモデルがあったりするのでしょうか?」という質問に対して「モデルはいないんです」と答えている。

このことから、特定のプリンセスがモデルということではなく、より広いイメージとしての「花のプリンセス」がモチーフであると考えられる。

はるかが他の仲間よりもすこし幼いイメージで描かれていることからか、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話『親指姫』を連想する人も多いようだ。

キュアフローラキュアフローラ


本作の作中世界においては、絵本作家の望月ゆめによって創作された花のプリンセスという作品が存在している。この絵本は世代を超えて半世紀以上愛され続けている名作で、本作の多くの登場人物たちも「小さい頃に読んだことがある」と口を揃えて語るくらいメジャーなものとなっている。特にはるかにとっては「プリンセスになりたい」という自分の夢の原点として強い思い入れを持っている作品みたいだ。

この絵本は望月ゆめによる完全な創作なので、ホープキングダムに伝わるプリンセスプリキュアの伝説とはまったく関係がない。プリンセスプリキュアの一人が「花のプリンセス」なのは本当にただの偶然である。

しかし、はるかは同じ名前を持つプリンセスに自分が変身できるようになったことに、運命的なものを感じる。

ただ、はるかにとって「花のプリンセス」はとても重い称号である。伝説の戦士であるキュアフローラに覚醒してもなお、自分が憧れていた「花のプリンセス」には到底届いていないと感じている。自分が本当の意味で「花のプリンセス」になれるのはグランプリンセスに到達したときだとしている。

なお、『花のプリンセス』の絵本については18話にて、はるかの口からあらすじが語られている。

♡


第6話でロックがキュアフローラの地味さと未熟さを嘲笑い「蕾(つぼみ)のプリンセス」と称しているが、「花のプリンセス」を成長後の姿と捉えられている本作では、キュアフローラのモチーフは本当に「」を意識している部分はあるかも知れない。


余談

旧作『Yes!プリキュア5GoGo!』において、「フローラ」という同名の女性が存在していた事から、二人が出会うイラストも。

キュアフローラとフローラさん


関連イラスト

花の香りのプリキュアさきほこる人

お覚悟はよろしくて?花のプリンセス

フローラさん


関連動画


関連タグ

Go!プリンセスプリキュア 春野はるか

キュアマーメイド キュアトゥインクル キュアスカーレット


ピンクチーム 暖色キュア ピンクヒロイン 主人公

平成プリキュア  主役キュア


植物キュア


キュアラブリーキュアフローラキュアミラクル


プリキュアオールスターズ」プリキュアタグ

関連記事

親記事

春野はるか はるのはるか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12409849

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました