ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

股の分かれた下着(パンツ)の一種。


「ドロワーズ」は複数形で、単数形では「ドロワ」(drawer)。日本では複数形のsは無視される事も多いが(例えば英語圏では「ブルマーズ」と呼ぶものを単数形の「ブルマ」と呼ぶなど)、ドロワーズの場合は複数形が定着した。


ちなみに「ズロース」は同じ綴りを違う発音で読んでいるだけで、物としては全く同じである。ズロースは辞書の項目名などでも採用されているためおそらく日本全体で見ればズロースの方が知名度が高いが、ピクシブのタグではドロワーズが多い。


アニメゲームなどのサブカルチャーにおいては、昨今の規制対策のためドロワーズを穿かされることも少なくない。


詳細

センシティブな作品センシティブな作品

腰だけでなく膝上あたりまで覆う短パンのような形状。日本では女性用下着として明治期に導入され、昭和初期〜中期頃に一般的だった。


中世のイギリスなどの女性は、立ったままおしっこをする「立ちション」が一般的だった。そのため、放尿する際にパンツを脱がずに済むように股間部に穴が空いている形状が一般的だった。

これは、当時の下着着用目的が股間を隠したり保護したりすることではなく、スカートが翻ったときに足を見せないようにすることだったからである。

効果としてはレギンスが現代で果たしているものに近い。


日本に伝播した頃のドロワーズは旧ドロワとは異なって、既に股間部も覆われている形状であり、本来の股割れドロワーズは使われていない。


サブカルチャーにおいて

パンティなどに比べ肌の露出が少なく、密着度も低いためあまりいやらしさが感じられない。

おちんちんを持つ女性であるふたなりは、ペニスを圧迫して痛めにくく、ぱっと見では女性かふたなりかを隠せる効果があるために、ドロワーズを好む場合も多い。


昭和後期以降はパンティ(女性用ブリーフ)が一般的だが、少女向け下着としては今でも時々見かけられる。大人向けとしても、ロリータ・ファッション等においてはドロワーズが現在も愛用されている。


宮崎駿監督作品で少女がこのスタイルのパンツを履いているのは、監督が幼少の頃(昭和20年代)にはこの下着が一般的だったからだと思われる。平成期以降にデビューした作者の作品でも、クラシカルなスタイルを取り入れた世界観の作品、例えば東方Projectのキャラクターはこのドロワーズ着用者が多い。そのためタグ検索をすると「東方Project」のキャラクターが多数ヒットする。

アリス・マーガトロイドのたのしいドロワーズ講座

自分で作って着用するのもまた一興。


ドロワーズキャラ

作中、一度でもドロワーズ姿で登場すればそれはドロワーズキャラと認定する。(強引)


関連タグ

昭和レトロ

ドロワ ズロース ドロワース

パンツ 下着

ドロチラ ドロモロ 見せパン


東方Project 東方 原神

関連記事

親記事

下着 したぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50464811

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました