ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

神里綾華

かみさとあやか

オープンワールドRPG「原神」の登場キャラクター。"社奉行"神里家の令嬢。
目次 [非表示]

稲妻社奉行神里家の令嬢。容姿端麗で品行方正な人物。



概要

オープンワールドRPG『原神』の登場キャラクター。

名前神里綾華(日:かみさと・あやか/英:Kamisato Ayaka/中:神里绫华)
レアリティ★5(限定)
国/所属稲妻/社奉行
種族人間
使用武器片手剣
神の目(元素属性)
誕生日9月28日
命ノ星座雪鶴座
オリジナル料理紅炉一点雪(緋櫻餅)
CV早見沙織

稲妻に住む者なら、「白鷺の姫君」の名を聞いたことがあろう。神里家のお嬢様で、ほぼ完璧に近しい御仁でござる。しかし、拙者は彼女とあまり交流がない、彼女は稲妻に対してどのような考えを持っているのであろうか?

~神里綾華について…楓原万葉


人物

稲妻の神事と文芸娯楽を管理する"社奉行(しゃぶぎょう)"神里家の令嬢。

両親が亡くなってから兄の神里綾人と共に"社奉行"の業務を引き継いでおり、兄が家で「当主」として政務をこなす事を主とするのに対し、彼女は「姫君」として家の事務や社交場での交流を主な仕事としている。


容姿端麗で品行方正、仕事柄民衆との交流も積極的に行っているため、彼女のほうが兄よりも名声が高く「白鷺の姫君」として親しまれている。


幼い頃から学んできた礼儀作法、書画、茶道に剣術などを糧として、奉行の仕事をこなす彼女だが、それらに縛られず一人の少女として振る舞う事こそが密かな願いでもある。


能力と戦術

2021/7/21~8/10(復刻:2022/4/19~2022/05/31)の期間限定祈願(ピックアップガチャ)「白鷺の庭」で追加(原神ではPU限定★5キャラの「恒常落ち」は原則無いため、期間が終わると復刻が来ない限りは入手不可)。

※運営側の諸事情でVer2.6が2022年5月31日まで延期になったため。延期が決まった際、はじめは残り240日と表示されていたが、数日後にVer2.6終了時までと改められた。


ほぼ全ての行動で氷元素を付与可能な手数重視の元素アタッカー。

通常攻撃・重撃への氷元素付与をノーコストかつCT無しで行える点、特殊な挙動ながら高性能の重撃モーション、驚異的な火力を持つ元素爆発、そしてモナの同系列ながら様々な追加効果を持つ特殊ダッシュ天賦が大きな特徴。

氷元素での攻撃を得意とするアタッカーは他に甘雨がいるが、あちらが重撃で散発的に大火力を発揮しながら元素爆発で広範囲を制圧するタイプであるのに対し、こちらは高速移動と広範囲重撃で間断なく制圧しながら元素爆発の超大火力で消し飛ばすタイプ。

立ち回りは対照的ながら棲み分けできており、氷共鳴の有用さや甘雨の元素爆発に氷元素ダメージアップ効果があることから同時起用する選択肢もある。


天賦

  • 通常攻撃「神里流・傾き(かぶき)」

最大5段。4段目は多段ヒットする。速さの割にダメージ倍率も悪くないのが特徴。

重撃(長押し)は法器に近い挙動の特殊攻撃で、範囲内の敵がいる位置に攻撃判定を直接発生させる。発生範囲が非常に広く、「無相の岩」戦では岩柱の上に乗っているコアに重撃を当てることが可能。合計火力も片手剣キャラでトップだが隙が大きいためループ運用には向かず、また吹き飛ばし効果を持たないため敵を散らさず殲滅できる一方で行動阻害効果は期待出来ない。総じてパフォーマンスは非常に高く、それでいて既存の片手剣キャラとは全く違う性質を呑み込む必要がある。


天賦「神里流・霞歩」と組み合わせるとこれら全てが氷元素攻撃になる。非常に短いスパンで氷元素を付与できるため凍結中心の立ち回りに滅法強く、心海の元素スキルや行秋の元素爆発との相性は抜群。凍結反応を引き起こせる相手なら一方的に斬り伏せられる。


  • 天賦「神里流・霞歩」

ダッシュの代わりに使用される天賦。自らを激流に変え素早く移動する。水上も移動可能である他、解除の瞬間に周囲に氷元素をばら撒き、その後5秒間は自身の通常攻撃を氷元素攻撃へと変化させる。また、キャラ突破段階4(Lv60~70)で天賦「寒空の宣命祝詞」が開封されると「解除の瞬間の氷元素を敵に当てると、スタミナ10回復&10秒間氷元素ダメージ+18%」の追加効果が発生する。


パッシブ系天賦でありながら、綾華の立ち回りの軸となる天賦。

移動性能はモナの「虚実流動」とほとんど変わらないが解除の瞬間に水面を凍らせるため、水上でのスタミナ切れの際も一瞬だが猶予ができる。スキルや通常攻撃による水面凍結を活用すれば、全キャラ最速の無限水上移動が単体で可能。


また、戦闘になればただでさえ決して弱くない通常攻撃をほぼノーコストで氷元素攻撃にしつつ強化まで乗せてくれる。元素ダメージバフと通常攻撃・重撃ダメージバフが両方乗ることで火力を伸ばしやすくなるほか、単純に氷元素を片手剣の攻撃スパンでばらまけるだけでも非常に優秀。

更には解除時の氷元素を敵に当てれば発動消費分のスタミナを回復する効果を持ち、重撃とステップを多用する綾華にとって大きな助けとなる。敵の至近距離では無限ステップが可能で、攻撃の判定によっては敵に張り付きながら全段すり抜けることも。絵面はさながら某ラトゥーンの煽りイカ。


弱点はモナとほぼ同様で、解除の際に他のキャラのダッシュに無い若干の硬直があること、「地形に潜って移動する」ためダッシュジャンプやダッシュ飛び降りが不可能であること、などが挙げられる。

また通常攻撃の元素化に関しては、ダッシュしただけで発動出来る(してしまう)分「敢えて発動せず物理ダメージ主体で戦う」という立ち回りがほぼ不可能な点には注意。


  • 元素スキル「神里流・氷華」

【原神】神里綾華-KAMISATO AYAKA-

失礼……

自身を中心に氷の華を咲かせ、周囲の敵をノックバックしつつ氷元素範囲ダメージを与える。

非常にシンプルな単発攻撃で威力、範囲ともに中々優れているが、これといった追加効果は無くクールタイムも10秒と若干長いため主力にはしづらい。

キャラ突破段階1(Lv20~40)で開封される天賦「天つ罪・国つ罪の鎮詞」によって発動後の6秒間は通常攻撃・重撃ダメージへのバフ効果が追加される点、元素粒子の発生量がかなり多めに設定されている点から、重撃や元素爆発への繋ぎという面が強い。


  • 元素爆発「神里流・霜滅」

白鷺の風儀

櫻吹雪!

氷霜を集め「霜見雪関扉(しもみゆきのせきのと)」を発動する。「霜見雪関扉」はゆっくりと前進しながら敵に氷元素ダメージを与え続け、持続時間終了と同時に氷元素範囲ダメージを発生させる。

綾華の主砲と言うべき天賦。必要元素80・CT20秒と重い分とてつもないダメージ倍率とヒット数を誇り、天賦レベル1時点で合計ダメージ倍率は2000以上。十分な育成や段取りを経れば、精鋭エネミー程度は勿論ボス格のHPをも見る間に溶かしてしまう。高速で多段ヒットするためバリア割りにも有効。

難点としてこの元素爆発自体は拘束効果を持たないため全段当てるには工夫を要するが、凍結を狙える氷元素のため解決しやすいのも魅力。もちろん風元素キャラの吸い込み技などを併用してもいい。


  • 天賦「監査の心得」

武器突破素材の合成時、10%の確率で完成品を2倍(1つ余計に)獲得できる非戦闘系天賦。アルベドと同じ効果。


命ノ星座

第一重「霜枯れの墨染櫻」通常攻撃か重撃で氷元素ダメージを与えた際、50%の確率で元素スキルのクールタイム-0.3秒。
第二重「三重雪関扉」元素爆発発動時に本来の20%の威力の「霜見雪関扉」を追加で2つ生成する。
第三重「花白錦画紙吹雪」元素爆発の天賦Lv+3(最大Lv15)
第四重「栄枯盛衰」元素爆発でダメージを受けた敵は6秒間、防御力-30%。
第五重「花雲鐘入月」元素スキルの天賦Lv+3(最大Lv15)
第六重「間水月」登場後10秒経過すると「薄氷の舞」状態を獲得し、次に打つ重撃のダメージが298%アップする。この効果は重撃後0.5秒で消え、次のカウントが開始される。

6凸以外は一見地味に見えるがどれも元の性能が良いおかげで凄まじい強化になる。

例えば1凸なら重撃が「一瞬で3ヒットし、範囲内の敵全てに同時に当たる」事を考えると回転率の向上にかなり寄与してくれるし、2凸で発生する元素爆発の追加攻撃も本来の20%の威力とはいうが、理論上は全段ヒットさえさせれば追加攻撃の部分だけで重雲の元素爆発と同等の破壊力になる。4凸も元素爆発が多段ヒットである分、最初の一発を入れれば後の攻撃全てが防御力を30%抜くという事になる。唯一完凸のみがサブアタッカー運用をすると腐るという欠点を持つが、完凸までする旅人は殆どの場合チームの主軸に彼女を据える形になるため問題にはなり得ない。


装備・編成について

どうあっても使う事になる「氷元素ダメージ」を軸に据え、さらに「通常攻撃・重撃」「元素爆発」のどちらか(あるいはどちらも)を伸ばす装備が有用。

  • 武器

★5武器「霧切の廻光」は同時実装されたモチーフ武器だけあって全ての要素が噛み合う。サブステータスが会心ダメージなのも、氷元素共鳴で会心率過剰になりやすい綾華には好相性。また、恒常★5武器「天空の刃」なども元素爆発を軸にするなら高めの元素チャージ効率と通常攻撃強化効果を活かしきれる。ただし追加ダメージが物理扱いであるため、ここだけはおまけ程度と割り切るといいだろう。


★4紀行武器「黒剣」も会心率ボーナスを持ち、通常攻撃と重撃に20%(最大40%)のバフがかかるため能力を活かしきれる。元素エネルギーの回転率を上げつつ見た目も重視したいなら★4鍛造武器「天目影打」が良いが、会心系に一切のボーナスが乗らないため聖遺物でカバーしておきたい。★4「黒岩の長剣」も会心ダメージボーナスを持つ為、後述の氷風4セットや氷共鳴など会心率を盛る機会に恵まれた彼女には上手く噛み合っているのでお勧め。スターライト交換で奇数月に販売されている為入手性も比較的良好。積極的にガチャを回していればスターライトも容易に貯める事ができる。


上記のいずれも持っていない場合、攻撃力ボーナス+氷付着の敵にダメージボーナスが入る★3「冷刃」もしくはHP9割以上という条件付きだが高い会心率/ダメージを両立できる★3「黎明の神剣」も選択肢に入る。

どちらもガチャで大量に排出される為入手性も良好、かつ育成コストも低い為素材も有用な武器も揃えにくい序盤では有用となる。ただしどちらも(特に冷刃)低レアあるあるの低スペックの為全体的な性能では上記の★4/5武器に一歩劣るので、なるべく早く★4武器へと乗り換えていきたい。


  • 聖遺物

とにもかくにも氷元素ダメージを高める事が大事であるため基本は「氷風を彷徨う勇士」一択。4セットにして会心率をガン盛りするか、2セットにして「剣闘士のフィナーレ」などの攻撃力ボーナス系聖遺物の2セットと組み合わせるかはパーティ編成や武器と相談しよう。


また、あえて通常攻撃を捨て元素爆発主軸のサブアタッカー運用に徹するなら「絶縁の旗印」4セットも選択肢に入る。


メインステータスは杯は氷元素ダメージ、時計は攻撃力、冠は会心率か会心ダメージの不足している方。「氷風を彷徨う勇士」4セット効果と氷元素共鳴を駆使すると50%以上の会心率ボーナスを乗せることも可能であるため、会心ダメージを優先気味に考えておくと良いだろう。

とはいえ会心率が無いとそもそも会心攻撃が発生しないため45%は確保しておきたい。

また、火力のほとんどが元素爆発であるためチャージ効率は140%を目安に。


  • 編成

前述もしているが、水キャラと組ませた凍結パーティが鉄板。申鶴(氷元素共鳴&氷専門バッファー)、楓原万葉(バッファー&デバッファー)、珊瑚宮心海(水元素ディーラー&ヒーラー)の通称「神鶴万心」(神羅天征)は、バッファー2人で火力を限界まで高めつつ、凍結反応で敵の動きを止めて一方的に切り伏せるという、綾華の運用における一つの答えとなっている。

ただ水枠はモナやフリーナ、氷枠はディオナロサリアなどに変更されることがある。逆にスキルで敵を吸い寄せる万葉はほぼ固定となっている。

また、(氷元素の敵以外で)凍結が効かない敵には水キャラを抜いてレイラ鍾離を入れるなど応用が利く。


逆に組むと能力を発揮しきれなくなるのは、物理攻撃を放つ機会がほぼないため超電導反応が腐ってしまう雷元素キャラと、折角の氷元素攻撃を別元素に上書きし弱体化させてしまう「攻撃を元素化する」天賦持ちのキャラである。これは完凸ベネットキャンディスくらいだが、火力減少幅が割と洒落にならないので注意しておきたい(具体的にはベネットの元素エリア内での炎ダメージがエリア外での氷ダメージとほぼ変わらない=彼の強烈な攻撃力バフを乗せてようやく同等となるほど弱くなる)。


コスチューム

Springbloom Ayaka~

娯楽小説の挿絵に描かれたフォンテーヌの女性をモチーフにしたお出かけ衣装。とある伝統行事に主賓参加していた際、運営の手違いで急遽必要になり製作された。

ver3.4アップデートと同時に有料での販売が開始され、2023年2月27日までは割引価格で購入できた。

なお、通常衣装の甲冑では無くなったためか、どこがとは言わないが明らかにサイズがアップしているとか。

そしてver4.3ではフォンテーヌに入国し、その衣装で再登場。衣装のデザインおよび制作者であり幼少期から仲の良かった千織と再会する。


余談

  • CBTから存在しており、以上に前情報だけ出ていながら実装はされてこなかったキャラクター。旅人たちの間では長編ドラマ「神里をまつ」などとネタにされていたという。
  • 公式PV『テイワット』の第二章でも登場。序章と第一章ではそれぞれディルック凝光が登場していたため、2人と同様に第二章の前半部分では旅人と関わっていることが多く、彼女の伝説任務をクリアしないと第二章の話を進めることができなくなっている。
  • よく検索などでは神里『彩』華や神里綾『香』など誤字られていることが多いが実際には神里『綾華』なので注意。
  • 誕生日は原神の配信開始日と同じ。
  • 好きなものは趣を感じられるもの。踊りや雅楽の詩、囲碁将棋などなど。また、桜の枯れる様に美を見出し、咲き誇る春に思いを馳せる事ができる感性の持ち主だが、彼女の周囲ではこの考えは少数派であるらしい。
  • なかなか食べられないものの、異国の食べ物に興味がある。稲妻料理に限って言えば好物はお茶漬けなのだが、物がものであるだけに一般のお客様に食事の姿はお見せできないとか何とか。嫌いな食べ物はモツ脂身
  • 不可視の鞘を作っての納刀モーションがある。これは楓原万葉久岐忍も使う為、稲妻では広く知られている技術である可能性もある。
    • 神の目を持っていないはずの野伏衆もよく似たモーションを行うが、こちらは抜き身のまま腰に差しているだけなので微妙に異なる。
  • 中国の規制の都合上、本作の女性キャラはスカートなどの下にタイツなどのインナーを着用しており、風の翼で滑空時にも下着は見れないようになっている。綾華も例外ではなく、当初は下着並みに短かったインナーも修正で丈が伸ばされ、現在は白いガードルのようになっている。
  • 紹介PVや本編内でも旅人に分かりやすく好意を寄せてくる。刻晴のようなグイグイ来るタイプのそれではないのだが、控えめな態度の裏に潜ませた好意の重さはいわゆる「ヒロイン役」にいるキャラの中では屈指であり、旅人の好意が最終的に自分に向かない事を理解した上でもそうしているフシがある。
    • 彼女の伝説任務の内容や2021年の綾華の誕生日に送られてきた手紙の内容や復刻1回目の延期などが重なり、プレイヤーからヤンデレ疑惑が持たれてしまっている。しかも2022年の誕生日の手紙を見る限り、この傾向はどんどん悪化している模様(彼女の誕生日メールは通称「公式怪文書」)。なお、2023年の誕生日メールにて旅人のことを「大切な人」と明言しており、寂しさのあまり上等な料理を不味いと思ってしまうほどに旅人が恋しい(意訳)と訴えている。
  • 納刀後に武器が現れる位置が独特。他のキャラクターは「肩にかけて背負う」位置なのだが、綾華は「後ろ腰に吊る」位置になる。
    • 後ろ腰での刀の携帯法は抜刀しにくく閉所ではつっかえやすいため戦闘での実用性は乏しいが、手や手に持ったものが柄や鍔に当たってしまう事がないため、帯刀の必要はあるが手仕事をする事が多い者が好んだとされている。戦いもするが外交を主とし、時に舞を舞う事もある彼女らしいと言えるのかもしれない。
  • ストーリー中のとあるシーンで鍋を作るイベントがあるが、その鍋の具材に何故か「ケーキ」を選択した。尤ももとから闇鍋(劇中では「鍋遊び」という)を作るという話ではあったのだが……。これでも悪ノリして無茶苦茶入れまくったトーマよりはマシである。

関連イラスト

神里綾華(原神)桜の

氷桜の剣客神里綾華


関連タグ

原神 稲妻(原神) 奉行

神里綾人神里兄妹

関連記事

親記事

稲妻(原神) いなずま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346101784

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました