ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

久岐忍

くきしのぶ

オープンワールドRPG「原神」の登場キャラクター。荒瀧派のナンバー2。
目次 [非表示]

有能で信頼できる荒瀧派の二番手 ——

注:有能信頼できる荒瀧派ではなく、二番手個人のことを表している。



プロフィール編集

名前久岐忍(日:くき・しのぶ/英:Kuki Shinobu/中:久岐忍)
レアリティ☆4
国/所属稲妻/荒瀧派
種族人間
使用武器片手剣
神の目(元素属性)
誕生日7月27日(クレーと同じ)
命ノ星座煩悩刈座
オリジナル料理オムライス・ワルツ(オムライス)
CV水橋かおり

忍さん?ああ、彼女なら覚えている。法律を習うために、璃月に留学しに来た稲妻人だろう。彼女は実習を終えるため、わざわざ私のところに案件の相談をしに来ることもあった。相談が終わるたび、いつもお辞儀したり、礼を言ったりして、私も少し恥ずかしくなったよ…あの時、私は思ったんだ、彼女ならきっと、立派な法律家になると。そういえば、稲妻が鎖国し始めたのは彼女の卒業の前後だったな。帰国した後、うまくやっているだろうか…

~久岐忍について…煙緋


人物編集

荒瀧一斗率いし、花見坂で見かけるはみ出し者たちの派閥(と呼ぶには小規模すぎる)"荒瀧派"の二番手。

獣の様な独特の面頬を着けており、あまり笑顔を見せることはない。


荒瀧派に入った時期は比較的遅い方だが、法律や商いの相談、宴会の催し、衣装の仕立てなどの幅広い事業展開をだらしのない荒瀧派の面々に可能にさせ、しかもそれらの資格証明を完璧に管理している逸材。

海外留学の経験もあり、一斗が天領奉行にかける迷惑の負担も軽減している等、九条裟羅もその実力を認めるエリート。


そんな彼女が何故多方面からの勧誘を断り続けた末、荒瀧派などに落ち着いたのかという疑念は上がるもので、睡眠の邪魔をしてきそうと警戒する者もいるが、そういう考えをするのは大概外の人間で、付き合いの多い花見坂の住人は彼女を信頼し、相談事を持ち込んでいるという。

…ただし、彼女の力を借りるには次の二つの規則を常に頭に入れておく必要がある。


一、面頬に隠された本当の姿を追求しないこと。

二、彼女が仕事に出るたび、わざわざ鳴神大社を避けている理由を聞かないこと。


能力と戦術編集

2022/6/21~7/12の期間限定祈願「鬼門闘宴(復刻)」にて実装。仲間の回復と継続ダメージの発生を得意とするヒーラー兼サブアタッカー。主だった能力に最大HPが絡み、元素熟知が副次的にそれを支えるような構成をしている。


天賦編集

  • 通常攻撃・忍流飛刃斬り

最大4段。全体的なスピード及び威力は片手剣使いとしては標準的。3段目は広範囲、4段目は高威力だが、3段目の攻撃前後の隙が大きく、元素スキルと元素爆発が攻撃力を要求されない性能であることも相まって、主力として使えるほどの強さとは言い難い。


  • 元素スキル「越祓雷草の輪」

久岐忍

『鳴草(なぐさ)の輪!』

自身の現在のHPの30%を消費(ただし残りHPは20%以下にはならない)して「越祓草輪」を纏う。

「越祓草輪」は12秒間、1.5秒おきに周囲の敵に雷元素ダメージを与えつつ、範囲内のフィールド上キャラクターのHPを回復する(回復量は最大HPを元に計算)。

また、キャラ突破段階4(Lv60~70)で天賦「安心の処」が開封されると、回復量に元素熟知の75%、ダメージ量に元素熟知の25%のボーナスが入るようになる。


ダメージ量も回復量も一回一回はバーバラ七七の元素スキルのそれには及ばないが、発動間隔(1.5秒)とクールタイム(15秒)が短く、回復や元素付着の手段としての即効性はかなり高い。発動後少し待機するだけで消費分のHPはすぐに回収できるし、後述するが自身を回復しないほうが回復量が上がるため、あえてダメージをそのままにする戦略もあり。


  • 元素爆発「御詠鳴神刈山祭」

久岐忍

『折雷・・・祓除!』

退邪の刃を地面に突き刺し、邪悪なるものを祓う結界を前方に設置、内部の敵に雷元素ダメージを継続的に与える(ダメージ量は最大HPを元に計算)。発動時に忍のHPが50%を切っていると結界の継続時間が延長される。


継続ダメージとはいうが、結界の展開時間は非常に短く(通常時2秒/延長時3.5秒)、ダメージも凄まじい勢いで回るため、使い勝手としては範囲多段ヒット攻撃……すなわちアンバーの元素爆発に近い。


  • 天賦「檻を破る志」

キャラ突破段階1(Lv20~40)で開封。自身のHPが50%を切っているとき、与える治療効果+15%。

この天賦があるため、自身のダメージをあえて放置するという選択肢が生まれる。


  • 天賦「永き刻の祈り」

稲妻地域で20時間の探索任務を完了した際、獲得報酬が25%アップする非戦闘系天賦。

単純な時間あたりの効率でいえば裟羅のような所要時間短縮系の天賦に軍配が上がるが、限られた時間しかプレイできない旅人にはこちらのほうが相性が良い。


命ノ星座編集

第一重「捨て去りし憐憫の心」
元素爆発の範囲+50%。
第二重「捨て去りし僥倖の心」
元素スキルの持続時間+3秒(12秒→15秒)。
第三重「捨て去りし苦痛の心」
元素スキルの天賦Lv+3。
第四重「捨て去りし閉鎖の心」
自身の元素スキルの影響下にあるキャラの通常攻撃(&重撃・落下攻撃)が命中すると、最大HPの9.7%分の雷元素範囲ダメージを追撃として与える(クールタイム5秒)。
第五重「捨て去りし阿諛の心」
元素爆発の天賦Lv+3。
第六重「捨て去りし軟弱な心」
自身が戦闘不能になるダメージを受けてもHP1で踏みとどまる(クールタイム60秒)。また、自身のHPが25%を切ってから15秒間、元素熟知+150(クールタイム60秒)。

特別に○重が強いというタイプではなく、凸が進むほど順当に強くなる典型的な☆4といったキャラ性能。


評価・装備について編集

実装当初は雷系反応が弱かったこと、スキル使用時の自傷ダメージがなかなか無視できないことから評価は中々低かった。


ところがver.3.0からは一変。草元素との激化反応、草・水元素の開花反応を強化する超開花反応が非常に強力で、またスキルの攻撃間隔がこの2つの反応に対して絶妙に機能するようになり、草元素主体パーティーのヒーラー兼雷元素付着役として採用されるようになった。

その後はナヒーダの実装や新聖遺物、新武器などのおかげで益々評価が高まっている。


現在は元素熟知特化型による草元素反応パーティーのヒーラー兼雷付着役として一躍重用されるようになっている。


武器は★5「聖顕の鍵」や★4「サイフォスの月明かり」が特に勧められる。

「聖顕の鍵」は武器ステータスがHP&自身のHPを基準として、チーム全員に熟知バフを配ることができ、「サイフォスの月明かり」は武器ステータスが元素熟知&自身の元素熟知を基準として、チーム全員の元素チャージ効率をアップさせることができる。性能上、HPや元素熟知を盛る必要がある忍にとっては好相性な武器。

惜しむらくはどちらも限定武器であることか。

どちらも無い場合は「西風剣」でチャージ効率を上げよう。


これらの武器がない時は元素熟知を盛ることが可能な★4「鉄蜂の刺し」がおススメ。こちらは鍛造武器なので無課金でも入手可能。


聖遺物は元素熟知を上げれるものを付けよう。

4セットであれば「金メッキの夢」、2セットであれば「金メッキの夢」「大地を流浪する楽団」「楽園の絶花」の中から2つ選ぶと良い。


ヒーラーとして起用するなら「海染硨磲」か「愛される少女」、サポート性能を上げるなら「千岩牢固」。オプションは時計(砂)と杯はHP割合、冠は与える治療効果かHP割合、「西風剣」なら会心率を。


余談編集

  • 花見坂の掲示板の常連。載せている話題は大概は自由奔放な親分の尻拭いである。よくしょっぴかれる親分の釈放手続きを幾度となく取るうちに、同心全員と顔見知りになったとか。
    • 一斗も"戦利品"を勝手に返却される事など不満に思う点はあるが、彼女がいなければ自分達の立場がもっと悪化しているだろう事を痛感している為、素直に受け入れている。
    • ちなみに目狩り令に際しては、自発的に「神の目」を天領奉行に提出している。これには目狩りに反抗すると事の始末が厄介になるだろうという判断もあるが、兼ねてから誘いを受けていた天領奉行の友人への義理もあったらしい。
    • 目狩り令が取り下げられた後は、一派の大事である一斗の伝説任務では影も形も見せなかった。彼女が実装される前の任務故致し方無しという背後事情はさておき、荒瀧派の逮捕はもう避けられないものと考え事後処理のために奔走していたのかもしれない。
  • 実は高い巫女の適正を持ち、親からも鳴神大社で働く事を期待されていた。が、本人は「型に嵌らず自由奔放でありたい」とそれを固辞して荒瀧派に入った経緯を持つ。一見親分と正反対の優等生である彼女もまた、生来の「傾奇者」という訳である。
    • この様な事情から現在は親元を離れて生活している。一派が日々起こす様々なトラブルについても、己が培った様々な技能を活かせる機会と捉えまんざら悪くないと思っている模様。
    • 面頬を付けているのも顔に何かある訳ではなく、荒瀧派で活動している事が旧知や親にバレると面倒な事になる為、そういった人々から「久岐忍」と分からない様にするためである。
    • 一応、過去に鳴神大社で巫女見習いとして従事していた時期はあった。嫌々ながらも神事をそつ無くこなしていた彼女のことは八重神子も覚えており、忍の意志を尊重しつつも巫女になる気が全くない事を残念がっている。ちなみに当時の姿をちゃっかり写真に収めていた他、八重堂で一時期編集者として雇っていたこともあるらしい。
    • 鳴神大社に巫女として従事している姉「幸(みゆき)」がいるが、不本意な形で再会した時も(自分の現状に引け目を感じつつも)普通に挨拶し言葉を交わしており、忌避している両親とは異なり仲は悪くない様子。なおその際に荒瀧派に籍を置いている事を知られてしまったが、忍の意志を尊重して親には内緒にしてくれている。
      • 忍と違って綺麗な黒髪だが、イベント『険路怪跡』で忍の母が緑髪であることが判明しているため彼女の髪は父親譲りと考えられる。
      • ちなみに幸は世界任務『医櫻』のキーパーソンとして稲妻実装時から登場していたりする。巫女ながら内戦の最前線である九条陣屋で祟りの暴走を抑えるべく奔走しており、「たたら砂」開放に関わる『医櫻』の前提世界任務『たたら物語』にもちょこっと登場しているため、実は既に接触している旅人は意外と多い……はずなのだがパッと思い出してもらえることは案外少なかったりする。
  • 稲妻の上級料理人の資格も持っており、スミレウリを火で炙っただけの「焼きスミレウリ」すら絶品に仕上げてしまう常識を超えた調理技術の持ち主。なお焼きスミレウリは「稲妻の友人が振舞ってくれた料理」としてその後の旅人の物語内でも言及される。
    • 嫌いな食べ物は無いが、腕のない料理人によって美味しく頂けるはずの食材が不味くなる事には嫌悪感を示している(約一名はしっかり作れば問題ないが、「遊び」で不味くなることがある)。
    • 型に填まらない自身の背景も相まってか、新しい味を追求する万民堂の精神には深く同調している。実の所、上級料理人の資格は忍の実力で取得したものであるが、常識を超えた調理の腕は香菱に倣った隠し味によるものである。
  • 名前が「忍」であるのに加えてモーションも見た目もどう見てもくノ一なのだが、(少なくとも立場的には)別に忍者というわけではない。どちらかといえば彼女の戦闘術は巫女としての神術を戦闘向けに再構築したものである。
    • しかし「一応は本職」である早柚よりは、よっぽど忍者らしく見える。

関連イラスト編集

久岐忍久岐忍

しのぶちゃんKuki Shinobu 久岐忍


関連タグ編集

原神 稲妻(原神)


荒瀧一斗:親分。しょっちゅう諍いを起こす彼のブレーキ役も忍の仕事。

九条裟羅:昔からの友人。荒瀧派に入った後も互いへの信頼は健在。

煙緋:留学時代の先輩兼講師。法の穴を掻い潜る弁護のエキスパート。

八重神子:上記余談の経緯から苦手。

関連記事

親記事

稲妻(原神) いなずま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54442301

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました