ピクシブ百科事典

胡桃(原神)

ふーたお

オープンワールドゲーム『原神』の登場キャラクター。璃月の葬儀屋「往生堂」の主。
目次[非表示]

「往生堂」七十七代目堂主、若くして璃月の葬儀を仕切り、責任を持ってそれを執り行っている。


今の堂主?コホン、あの子は苦手だ。
~胡桃について…鍾離

プロフィール

名前胡桃(ふーたお)(英:Hu Tao/中:胡桃)
レアリティ★5
国/所属璃月/往生堂
使用武器長柄武器
神の目(元素属性)
誕生日7月15日
命ノ星座彼岸蝶座
オリジナル料理幽々大行軍(松茸のアワビもどき)
CV高橋李依

人物


璃月で葬儀屋を営む往生堂の77代目堂主である少女。
普段は笑顔を絶やさず、堂主という立場を偉ぶることもなくじゃじゃ馬のごとく遊び回っており、あちこちの人間にちょっかいを出したり驚かせてはその反応を楽しんでいる。

しかし一方で往生堂の堂主として自らの仕事に対して人一倍のプライドを持っており、客は生者も死者も心から満足させ、その上で儲けも蔑ろにしないよう研鑽を重ねている。ひとたび依頼を受けたならどんな事があっても必ず最後までやり遂げるという確固たる信念を持ち、もしも葬儀の邪魔をする無粋な輩が現れた場合は武力行使も厭わない。

往生堂の年長者たちも彼女の普段の奇行には眉をひそめているが、いざ葬儀が始まり胡桃が重々しく厳かな一面を表に出すと、その見事さに感嘆の声を上げるという。璃月港の住人から葬儀の悪い印象が払われつつあるのも彼女の尽力によるところが大きい。

動く死体である七七のことを事あるごとに埋葬しようとし、その結果、当然七七からは蛇蝎の如く嫌われるに至っている。この行動は生と死の理を絶対視する胡桃なりの善意であるが、七七本人だけでなく七七を弟子として雇っている白朮も頭を悩ませている模様。
(一応その後七七の事情を知ってからは埋葬する事はやめ、七七の事をもっと知りたい、と積極的に交流を図っているのだが、如何せん最初が最初だったので中々警戒を解いて貰えない模様。)

能力と戦術

2021/3/2~3/16(復刻:2021/11/2~11/23)の期間限定祈願(ピックアップガチャ)「彼岸満開」で追加(原神ではPU限定★5キャラの「恒常落ち」は原則無いため、期間が終わると復刻が来ない限りは入手不可)。

膨大なHPを火力に変換する独特のスキルを軸としており、元素スキル・元素爆発ともにHP半分以下で更に火力が上昇するという性質を持つ。タルタリヤを足してさらに独自要素を追加したような原神屈指のピーキーな性能を持つアタッカー。
無策で使えばあっさり倒れる儚さがある反面、理解してポテンシャルを引き出せば全キャラ屈指の火力で敵を葬ってくれる。

  • 通常攻撃・往生秘伝槍法
最大6段。遅すぎず狭すぎずの槍使いとして平均的な扱いやすい攻撃速度と範囲を持つ。ただし自身の基礎攻撃力が極めて低いためこのままでは役に立たず、これを元素スキルで強化するのが立ち回りの主軸となる。
6段目まで打って攻撃を止めると道教で「死」「あの世」を示す"往生印"を手で切ってから合掌する。葬儀屋らしくはあるが、合掌の際の表情はてへぺろである。
重撃は単発高倍率の突進攻撃。下記の元素スキル中は少しモーションが変わり隙が減る。

  • 元素スキル『蝶導来世』
「散ッ!」
現在のHPの30%を消費し、冥蝶の舞状態となる。冥蝶の舞状態中は胡桃のHP数値を基準に攻撃力が上昇する他、全ての攻撃属性が炎元素となり中断耐性が上昇する。また、敵に重撃をヒットさせることで血梅香を付与し、定期的に炎元素ダメージを与える。
HP→攻撃力の擬似的な変換が肝で、全キャラ最大級のHP数値を持つ胡桃が使うことでスキル使用中の攻撃力は3000をゆうに上回る。システム上は胡桃の基礎攻撃力の400%分が上限となっているが、身につけさせている装備を全部HP特化にでもしない限り上限に引っかかることはない為あまり気にしなくても問題はない。
自傷ダメージは最大HPではなく現HP基準のため自傷ダメージで倒れる心配はしなくて良いが、多用すればどんどんワンミス即死圏内に近づいていく(例えば回復無しで5回使えば残り体力は2割を切る)。反面HPが半分以下の間は炎元素へのダメージバフを獲得できるという利点もあるため回復のタイミングは慎重に。

特筆すべき点として、この状態での重撃の性能がある。冥蝶の舞状態中の重撃は炎元素・単発・高倍率という好条件に加え、攻撃隠し仕様にあたる元素付着のCTが殆ど無い(前に炎元素を付与してから次に付与可能になるまでが短い)という特性を持つため元素反応との相性が抜群に良い。
特に行秋の元素爆発と組み合わせれば、ただでさえ強烈な攻撃の全てに蒸発を乗せることによる超特大ダメージの連打が可能。これがアタッカーとして最強の一角に数えられる所以である。

また、キャラ突破Lv1(Lv20~40)で天賦「蝶隠の時」が開放され、持続時間終了から8秒間、胡桃以外のチームメンバーの会心率が+12%される。効果が切れたら大人しく控えに下がり再燃の時を待とう。

  • 元素爆発『安神秘法』

原神 胡桃


「燎原の蝶!」
灼熱の魂を振り回し、広範囲に炎元素ダメージを与える。敵に命中した場合、胡桃のHP数値を基準に体力を回復する。この効果は最大5体まで対象となる。
更に、胡桃の現在HPが50%以下の場合、威力と回復量が上昇する。
広範囲・高倍率・単発と分かりやすく強力な胡桃第二のダメージソースであり、HP調整手段。元素スキルで減った体力を定期的に補填できるほか、残り体力と敵の数で回復量が変わる点にも注目。凡その回復量を覚えておけば、使うタイミング次第で完全な盤面の立て直しにも『回復しすぎない』ことによる最大火力の継続にも利用できる。

  • 天賦『血のかまど』
キャラ突破Lv4(Lv60~70)で開放。HPが50%以下の場合、胡桃が与える炎元素ダメージが+33%される。

  • 天賦『多々益善』

それ…食べても大丈夫?


料理を完璧に調理した際に18%の確率で「微妙な」料理を追加で獲得する非戦闘系天賦。
一見すると何の役に立つのか分からないが、バーバラノエル等が持つ2倍獲得の天賦と比べて確率が高い為、質よりも量を求められる復活系料理や得意キャラのいないスタミナ料理を獲得する際に重宝することとなる。
なお、オリジナル料理「幽々大行軍」の解説を見る限り、料理の腕はアンバーと並ぶメシマズに分類される模様。

  • ダッシュ
ダッシュ開始時に一瞬姿を消す。小型の敵であればすり抜ける事が可能。
動かした時の見た目こそかなり特殊であるがあくまで「出始めにすり抜けが出来るだけの通常のダッシュ」であり、モナの天賦『虚実流動』のような「ダッシュの代わりの天賦」ではない。

  • 命ノ星座
    • 1凸……元素スキル発動中の重撃でスタミナを消費しなくなる。
    • 2凸……血梅香のダメージにHP上限の10%分のボーナスが付く。元素爆発でも血梅香を付与できるようになる。
    • 4凸……胡桃自身で血梅香を付けた敵が倒れてから15秒間、胡桃以外の周囲のチーム全員の会心率+12%。
    • 6凸……HPが25%以下になるダメージを受けてから10秒間「自身の物理&全元素耐性+200%、会心率+100%、中断耐性大幅アップ」の効果を得る。また、この効果を発動させたダメージで胡桃が戦闘不能になる事はない(HP1で踏みとどまる)。60秒に1回発動可。
重撃での息切れを防ぎ攻撃力と機動性を爆発的に増加させる1凸と、まともに育成していれば3000~4000の追加ダメージが乗る2凸が強力。6凸は保険としてもバフとしても破格だが同時にシールドがつくわけではないためスリップダメージには極めて弱い。

  • 総括
総括すると、元素スキル発動中の爆発力は全キャラトップクラスであるものの、HPの管理が難しく使いこなすにはかなりの技量が求められる上級者向けの性能となっている。
元素爆発の強化や天賦発動のトリガーとなるHP50%以下の状態は元素スキルを2回発動することで容易に調整可能だが、そこからどのようにダメージコントロールを行い、最大火力を出せる=HPが減った状態で死なずに戦い続けるかが重要となる。シールド使い(筆頭は職場の客卿)と組むか回避の腕を磨くか、いずれにせよプレイヤーの腕前が試されることになるだろう。
また通常攻撃を元素化する近接アタッカー殆どに共通の悩みとして、元素スキルのCT中は殆ど仕事を持てないという明確な隙がある。この隙を埋めるためのアタッカーを別で起用するかサポーターがお膳立てをする準備時間とするか、相手によりどちらを選択するかも腕の問われるところだろう。

装備の選定にあたっては、アタッカーでありながら基礎攻撃力が全キャラワースト一位となっている点に注意。所謂攻撃力%のオプションを持つ装備は基礎攻撃力を基準とする乗算になるため、この数値が低い胡桃とは相性が悪い。各要素の要であるHPや炎元素バフ等をメインにするのが吉。

余談

  • 理由は不明だが公式から意図的にその存在を隠されており、2月27日に突如として情報が公開された(但し、同日は声優を勤める高橋李依女史の誕生日である)。それまではアップデート前に行われる生放送でも全く情報が明かされず、公式のアップデート内容を纏めたページでも以外に何かしらの追加キャラがいる事を匂わせる文があっただけで詳細は語られていなかった。
    • ……が、実は一部旅人からは1.3のアップデートが終わった時点でその存在を認知されていた。理由は名刺の飾り紋である。なんと飾り紋の一覧に胡桃の好感度をMAXにすることで貰える飾り紋が並んでおり、これによりその存在が公になってしまう事態が発生した。
    • また、胡桃が公の発表から初めて誕生日を迎えた2021年7月15日はこれも何らかの偶然か高橋女史の日齢10000日(1994年2月27日生まれ)でもあり、高橋女史とは偶然な日々が続いている。
  • 原神ではダインスレイヴに続き瞳孔が普通の形状ではないキャラデザインとなっており、梅の花のような形をしている。衣装のあちこちに梅の花を模した装飾もあることから、何やら梅とは浅からぬ関係がありそうだが……。
  • 同時期に実装された★5長柄武器「護摩の杖」は最大HPを増やし、その分攻撃力も増やし、HPが50%を切るとさらにその効果が増すという、胡桃の能力に完全に噛み合う実質専用装備である(ただしその特性上他キャラが装備しても十分に強いが)。
  • アルベドディオナ辛炎と同じく実装前から各キャラのテキストやNPCとの会話等でその存在が語られていた。…が、はっきり言ってあまり良いイメージを持たれているとは言い難く、特に七七からは前述の事もあって当初は非常に嫌われていて、未だ警戒心を抱かれている模様。が現状唯一彼女に好感を持っているが、理由は不明。定命の存在でない仙人として、「死」や「魂」というものに真摯に向き合う彼女に思うところがあるのかもしれない。
  • 好きなものは水煮魚とエビ蒸し餃子(水晶蝦)。嫌いなものは香菱に食わされたと思しき清心とスライムの液体の炒め物。これを語る際に私への復讐かとぼやいているため、普段憎まれるような事をしている自覚はある模様。
  • CV担当の高橋李依女史は演じるに当たりキャラに二面性がありすぎて相当苦労したとか。また、彼女は「空気を読めない」のではなく「分かった上で空気を読まない」タイプと評している。
    • CVが高橋女史、かつ火属性のキャラクターということで、某爆裂魔法の使い手を想起した旅人がいたとかいないとか。もっとも、胡桃の技は大爆発系ではないが。(しかしながら、その技の共通名は「元素爆発」である)
  • 待機モーションで「ヒルチャールのお兄さんが病気になった♪ヒルチャールのお姉さんが看病して~♪」と身振り手振りを交えて陽気に歌うのがユーザーからかなり好評。ただし、この歌の元ネタは中国に実際にある残酷な内容の童謡であり、そのせいかこの歌の中国語版は少々不気味に歌っていたりする。
  • 2021年のエイプリルフールの際は公式アカウントを一日ジャックした。


関連イラスト

HHHHuTao
胡桃


Hu Tao's in Town!
胡桃七七



関連タグ

原神 璃月(原神)
鍾離……胡桃が堂主を務める往生堂の客卿。意外にも伝説任務などで絡むことは全くなく、彼の正体を知っているかは不明。何気に魔神任務において彼から「胡堂主」と存在の言及はされており、彼女の名前は「胡・桃」で姓・名となっていることが窺える(他の璃月キャラは不明だが)。

関連記事

親記事

璃月(原神) りーゆぇ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「胡桃(原神)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「胡桃(原神)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77642339

コメント