ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

九条裟羅

くじょうさら

オープンワールドRPG「原神」の登場キャラクター。雷電将軍に仕えし忠臣。
目次 [非表示]

天領奉行の大将。果敢かつ勇猛である。



“永遠”の脅威となるすべての要素を排除する。それが将軍様の命令だ


概要

オープンワールドRPG『原神』の登場キャラクター。

名前九条裟羅(くじょう・さら)(英:Kujou Sara/中:九条裟罗)
レアリティ★4
国/所属稲妻/天領奉行
種族妖怪烏天狗
使用武器
神の目(元素属性)
誕生日7月14日
命ノ星座羽団扇座
オリジナル料理永遠なる信仰(鳥卵の玉子焼き)
CV瀬戸麻沙美

九条裟羅か…間違いなく天領奉行で一番真面目なお方だよ!彼女には部下を気にかけて欲しいし、もっと寛容になっていただきたいな。欠勤したって叱らないで欲しい…だって、それは事件解決のためなんだからね。

~九条裟羅について…鹿野院平蔵


人物

稲妻の治安維持を司る"天領奉行"九条家当主・九条孝行の養女。

常に身につけている威圧感のある赤いお面と、力を解き放った時に背に現れる黒翼は天狗一族の証である。


雷電将軍が発した神の目を徴発する「目狩り令」を幕府軍を率いて遂行している。そのためこの政策に反発し抗戦を表明した珊瑚宮心海およびゴロー率いる抵抗軍や、友の死をきっかけに神意に疑問を抱いた楓原万葉など、多くの者の反感を雷電将軍共々買う事になっている。


彼女を冷徹な執行者にしているのは雷電将軍への燃えるような忠義の心であり、将軍の理想のためならば我欲を殺し自分が礎になることも厭わず、「永遠」が達成される時そこに自分が居なくても構わないという覚悟を持っている。


また、常に部下に良き手本を示す事を考えて行動をしており、大局に影響が無ければ無用な被害は好まず、つけ上がっての私刑など規則を破る者は味方であっても容赦はしない。

敵である抵抗軍の者達も、彼女の行動はともかくこれらの精神性は高く評価している。


能力と戦術

Ver2.1の期間限定祈願(ガチャ)「影寂の天下人」で追加。雷電将軍同様に、ストーリーでは最初は敵対関係から始まるが、プレイアブルキャラとして配信される。


スキルや元素爆発の付与効果で、味方の攻撃力を強化するサポーター。

数ある支援要員の中では即効性が低く、範囲も分かり辛いのがネックだが、強化には基礎攻撃力が参照される関係上、いざとなれば単体で火力を出す事も可能。


天賦

  • 通常攻撃・天狗伝弓術

무제

最大5段。

狙い撃ち(重撃)に元素スキルで強化を乗せるのが主な戦い方となるだろう。


  • 元素スキル「烏天狗雷霆召呪」

「常道を恢弘せしは、永遠なる鳴神なり!」

「翼よ!」

素早く後方に瞬間移動し、自身を「烏羽護持」状態にする(持続時間18秒)。この状態でフルチャージの狙い撃ちを放つと「烏羽護持」状態が解除され、着弾地点に「烏羽」を残す。


「烏羽」は一拍間を置いた後に炸裂し敵に雷元素範囲ダメージを与え、同時に攻撃範囲内のキャラの攻撃力を6秒間アップさせる(裟羅の基礎攻撃力を基準に計算)。この効果は重ねがけできず、最後に発動したもののみ有効となる。


キャラ突破段階1(Lv20~40)で天賦「不動心」が開封され、「烏羽護持」時の狙い撃ちのチャージ時間が-60%される。さらにキャラ突破段階4(Lv60~70)で天賦「御公儀」が開封され、「烏羽」炸裂時の落雷が敵に命中した時、チーム全員の元素エネルギーを「裟羅の元素チャージ効率100%につき1.2」回復させるようになる(3秒に1回発動可)。

…のだが、かなり盛っても1回あたり2~3くらいしか回復しないので、あくまでオマケと割り切ろう。


余裕のある持続時間で好きなタイミングで撃ち込める上に味方の強化率も申し分ないが、重撃がトリガーとなる、炸裂までラグがある、強化の持続時間はそこまで長くないなど癖があり、性能を目一杯引き出そうとするとかなり忙しい立ち回りを強いられる。あえて元素スキルの運用を捨て、元素爆発一本のサポーターにさせる事も選択肢に入れて良いだろう。


  • 元素爆発「煌煌千道鎮式」

KUJOU SARA

「常道を恢弘せしは、永遠なる鳴神なり!」

敵の位置に雷を落とし、さらにそこから十字に分裂するように連続した落雷を引き起こす。

これら全ての落雷は敵に雷元素範囲ダメージを与え、同時に元素スキルと同様に攻撃範囲内の味方の攻撃力をアップさせる(裟羅の基礎攻撃力を基準に計算)。この効果は重ねがけできず、最後に発動したもののみ有効となる。


すぐに発動し、複数の攻撃(&強化)判定が発生するため、攻撃手段としても強化手段としても比較的扱いやすい。必要元素エネルギー「80」というコストの重さが唯一にして最大の問題となるため、装備や編成によって元素チャージ効率をカバーしたい。


  • 天賦「検地」

稲妻エリアに探索任務に出た際の所要時間を-25%する非戦闘系天賦。


命ノ星座

第一重「烏目」元素スキルと元素爆発が敵に命中するか味方の攻撃力をアップさせた際、元素スキルのクールタイム-1秒(3秒に1回発動可)。
第二重「鴉の羽」元素スキル発動時、元いた場所に本来の30%の威力の「烏羽」を残す。
第三重「心魔」元素爆発の天賦Lv+3(最大Lv15)
第四重「徹証」元素爆発で分裂する落雷が4方向から6方向に変化する。
第五重「呪詠」元素スキルの天賦Lv+3(最大Lv15)
第六重「我界」攻撃力アップのバフを受けた味方にさらに「雷元素攻撃の会心ダメージ+60%」のバフを与える。

特に欲しいのは2凸。この効果で展開される「烏羽」にも攻撃力アップの判定が存在するため、バフのために狙い撃ちを強制されることがなくなる。


装備・編成について

元素スキルおよび元素爆発で味方に攻撃力バフを撒けるので攻撃力が高めの武器が良い。

おすすめ武器は★5弓で最高の攻撃力を持ち会心率と会心ダメージを確保できる「天空の翼」、そこそこの攻撃力と高い会心ダメージのある「飛雷の鳴弦」。

★4なら同ランクで最高の攻撃力とオプションで攻撃力が上がる「ダークアレイの狩人」、そこそこの攻撃力と元素熟知に元素スキルと元素爆発のダメージを上げる「絶弦」。


ただし元素スキル後の「烏羽」の回収を中心とすると上述の通り忙しくなる。

元素スキルを捨て元素爆発を軸とした運用ならチャージ効率を重視しよう。チャージ効率に応じて元素スキル後にエネルギーを全員に配れるので悪くない。


その場合のおすすめ武器は★5は高めの武器攻撃力とチャージ効率が上がる「終焉を嘆く詩」、★4は高い攻撃力とチャージ効率に一定の確率で元素スキルのクールタイムをリセットする「祭礼の弓」、武器攻撃力こそ(★4の中では)最低だが高いチャージ効率を上げる「西風猟弓」が良い。

ちなみにムービーで装備している★4「破魔の弓」は通常攻撃および重撃ダメージを上げるため元素スキルまたは元素爆発どちらか中心の立ち回りでも彼女には合わない。


おすすめ聖遺物はチャージ効率を上げ元素爆発のダメージを上げる「絶縁の旗印」4セット、元素爆発のダメージと攻撃力バフを撒ける「旧貴族のしつけ」4セット、雷元素のダメージを上げる「雷のような怒り」4セット。確保が難しいなら「絶縁」+「雷怒り」2セットずつで良い。

オプションは砂(時計)がチャージ効率、杯は雷ダメージ、冠は会心率/ダメ。


ただし彼女自身の元素スキルの攻撃力バフの効果は基礎攻撃力+武器攻撃力を上げるだけなので、ぶっちゃけLv90まで育成+高い武器を装備させれば終了なので聖遺物厳選は不要。

攻撃力%はバフに無関係なのでチャージ効率を最優先、後は会心率か会心ダメージで良い(「西風猟弓」は粒子を生成するのに会心攻撃が必要なので会心率は厚めに)。

元素爆発に必要なエネルギーが「80」と重いのでチャージ効率は180%を目標としよう。


編成については良くも悪くもほぼ雷電将軍専用となっている。というのもサポーターおよびバッファーとして使うなら同じ★4雷キャラのフィッシュルの方で良い場合があり、裟羅自身はバフの短さと爆発に必要なチャージ量を考えても他のキャラには向かない。その点、雷電将軍は攻撃時間が短いのでバフの短さが気にならず、また裟羅の重いチャージ量もカバーしてくれる。雷電将軍から見てもサブアタッカーとして使う場合は完凸の会心ダメージ上昇の恩恵を得られるので、今でも雷電将軍で火力を出したい場合は最高のサポーターである。


余談

  • 面の形状や各種演出など、明らかに天狗をモチーフにしているキャラクターで、彼女自身その血を引く者の一人である。
    • 「天狗は黒い羽根を有する」との作中の伝承通り、元素爆発時や待機時には四枚の黒い翼を展開するが、彼女のそれは飛べるほど発達していないのか、滑空時には風の翼を用いる。
    • ちなみに原神世界の天狗の伝承は「黒い羽根」「速度に優れる」「気まぐれで人を鍛える」などが語られているが、赤ら顔で長鼻の仮面についての伝承は未だ無い。一見すると嘴っぽい仮面なので、烏天狗と併せたデザインである可能性が高い。
    • 履物はモチーフ通り一本歯の高下駄である、ハイヒールではなく。おかげでコスプレ難易度のハードルが非常に高い。
  • 稲妻では雷電将軍の像を模した漆器がほとんどの家庭で1つは祀られているのだが、それが5つ家にあると当然のように言い放つ。日課として5時5分に起きる、5回深呼吸する、庭を5周走るなど、「5」という数字にこだわりがあるらしい。
  • 趣味は弓の鍛錬。昨日までの自分を越えるべく毎日行っており、好きな事というよりも生涯の修行と言えるとか。
  • 好きな食べ物はおにぎり等の携帯性に優れすぐに空腹を満たせるもの。嫌いな食べ物は無いが、甘いものは食べると心身ともにリラックス出来てしまうため、怠惰を是としない彼女は意識して避けるようにしている。
    • にもかかわらず彼女の焼く卵焼き「永遠なる信仰」は苦手なはずの甘口系。どうも誰かに食べてもらう事が前提の味付けのようだが……。
  • 神の目を授かった経緯や九条家での教育など、過去の全てから「誰かのために在る」事を強制され、そして自らそれを受け入れて来た(来てしまった)、モンドの代理団長と同質かつ重症な人としての歪みを抱えている。
    • そんな彼女の有り様を神里綾人は「九条の爺さんが研いだ鋭い刀」とたとえ、同時に「(九条の爺さんは)その刀を振るえる程の器ではなかった」と断じている。

関連イラスト

裟羅さん九条さん

九条裟羅!御建鳴神主尊大御所様像


関連タグ

原神 稲妻(原神)














~~この先、魔神任務第二章第三幕以降のネタバレ注意~~
















ストーリーにおいて(ネタバレ注意)

早柚と旅人によって盗み出された書類から、義父である九条孝行がファデュイと結託し「目狩り令」を都合良く捻じ曲げていた事を知る。

彼女が疑問を抱きつつも忠義の心で押し殺して突き進んできた非道は雷電将軍の意志などではなく、将軍の理想に泥を塗る形でよりにもよって身内が仕込んだものだったのである。


義憤の炎を燃やした彼女は自らの奉行府に殴り込みをかけ、相対してなおも将軍の「力だけを」盲信し全てを黙らせて下さると嘯く義父を見限り、見張り達を蹴散らして天守閣に辿り着く。

が、そこで待っていたは、彼女の声が届くような存在でもなければ、彼女の実力でどうこう出来るような存在でもなかった。


シニョーラに倒され昏倒したまま生死不明のような形でフェードアウトしたが、後日談である珊瑚宮心海の伝説任務で天領奉行側の代表として心海との和平交渉の場に出席するという再登場を果たし、ファンを安堵させた。

和平に反対する抵抗軍兵士が自分達を無視して一触即発となったときも、その内にファデュイの残党の回し者がいたと見抜き、危機を乗り切っている(ただし、心海に借りを作る形になった)。


結果的に一族が売国に与した負い目から少々しおらしい態度になっていたが、真面目な部分も相変わらず。

九条家は孝行の行った行為により天領奉行から解任されることが半ば確定しており(ただし、雷電将軍が正式な決定を下していないので、この時は「まだ」解任はされていない)、没落は免れなくなっているのだが、彼女や義兄にあたる孝行の実子たちはそれに腐ることなく懸命に職務を果たしており、再興の可能性は十分残されている。


九条家は元を正せば影の愛将軍でもあった大天狗・笹百合の血を引いており、長い時の中でその血筋も絶えようとしていたため裟羅を養女にしたと思われる。

伝説任務「天下人の章」第一幕では、自身の中の九条家としてのけじめを付けると影に御前試合を申し込んだ九条家嫡男・鎌治の中に笹百合の意志を見た影は、九条家そのもののお取潰しを保留とした。


期間限定イベント「謎境一騎」でも登場。

天領奉行内が人事異動で(おそらく、上記の天領奉行の交代に備えてと推測される)多忙なところに謎の秘境が領内に現れ、そこから出てきた魔物対策に追われる。

ちょうど辛炎の稲妻での滞在期間の延長を申請に来た旅人が助力を申し出たため、辛炎に便宜を図ることを報酬代わりとしてその申し出を受ける。


この一件にはファデュイのタルタリヤが一人別件で首を突っ込んでいたが、その事は知らされないまま騒動は終息。ちゃんと辛炎にはお礼として滞在期間を大幅に延長している。


Ver2.5時点で、稲妻城での掲示板の内容から義父孝行が正式に解任されたらしい(後任はまだ決まっておらず、雷電将軍が直接代行をしている)が、裟羅個人は天領奉行の要人として残る事を許され、職務に励んでいることが判明している。


Ver2.6のイベント「華やぐ紫苑の庭」内の稲妻の行事「容彩祭」では毎年限定販売される、雷電将軍を象った「将軍人形」ですら「建鳴神主導大御所様像」と崇め、毎年早朝に店の前に並んで1番で購入している事が語られている(今期は治安業務上やむを得ず早柚に代理を依頼している)。


また、この時に稲妻を訪れていた楓原万葉と出会い、奉行所が保管していた楓原家の財産を全て貧しき者達のために活用してほしいと頼まれる。その際、かつて万葉の友人を討つ側だった事を気に病んでいたが、万葉は向こうが自分の意思で死合いに挑んだゆえ本望だろうと恨んでおらず和解した。


キャラクター他の関係

  • 旅人
    • 対立していた人間。将軍の命により捕縛を受けていたが、天領奉行の陰謀を暴いてもらい、ともに協力していた。
    • 人との会話が堅いと自覚しているため、旅人の協力を得てなれるようにし、ストレスを発散するために動物を飼ってもらう。あと名前を考えるやり取りが夫婦感的に強い。そして建鳴神主導大御所様像の良さを知ってもらいこちらに雷神の仲間にしようと招こうとしていた。
    • 稲妻の流儀である手合わせは、最も親友関係を強くするものであり、旅人に手合わせをもちかけていたぐらいの関係もあった。
    • 空九を参照
  • 雷電将軍
    • 最も忠誠を誓っている稲妻の神。彼女の「永遠」そのものを信じ、そして建鳴神主導大御所様像をよく理解しているほど憧れの存在である。
    • ちなみに影にとって初めて会う人だが、雷電将軍は彼女の忠誠を信頼するほど賞賛している。
  • 八重神子
    • なにかとからかわれる神社の当主。
    • 雷神との信頼関係を踏まえて認めているが、裏切ったら容赦しないと目を光らせる。
  • 鹿野院平蔵
    • 天領奉行の同僚。
    • 印象はあまりないが、いろいろ内部をかき乱して事件を混乱させるトラブルメーカーとして頭を抱えている。一方でそれなりの成果を出しているため無下にすることも出来ない。
  • 荒瀧一斗
    • 二人目のトラブルメーカー、関わりたくない町の問題児。
  • 珊瑚宮心海
    • 対立した抵抗軍の軍師。
    • 彼女の指揮力に、参照をしたいぐらいに評価している。ただ札遊びのように競うには妥当ではないらしい。
  • 久岐忍
    • 何かと対立している荒滝派の忍者(ママ)
    • しかし、荒滝派に入る前から付き合いが長く親友である。
  • ゴロー
    • 対立した抵抗軍の大将
    • お互い上司に対する硬い忠誠心に評価している。そして何に反応したのか、名前にも評価している。

関連記事

親記事

稲妻(原神) いなずま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 94561667

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました