2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:庄子裕衣

概要

ストーリー上で暗躍するスネージナヤの外交使節ファデュイの一味であり、その執行官であるファトゥス第八位にあたる妖艶な女性。コードネームは「淑女」

ストーリーでは序章の最終盤に初登場。モンドを襲った風魔龍の一件を解決し安堵していた旅人ウェンティを不意打ちで倒し、世界の鍵を握るあるものを奪い去っていく。

その後も璃月稲妻を舞台に裏で手を引く者の一人として暗躍し、璃月では穏便な形で、稲妻では過激な形で旅人の前に立ちはだかる。

戦闘

センシティブな作品


タルタリヤ同様複数の形態を持つボスキャラクターであり、ストーリーで戦って以降は同様に週ボスとして対戦できる。

第1形態は氷元素を用いた攻撃を行う。体力が減ると氷の繭に包まれて気温を下げ、ドラゴンスパインで旅人を苦しめた極寒ゲージを蓄積させる。

La Signora


第2形態では「淑女」に与えられた氷の邪眼の権能を捨て、真の姿「焚尽の灼炎魔女 ロザリン・クルーズチカ・ローエファルタ」として戦いを挑んでくる。
赤い蝶を思わせる衣装を身に纏った姿をしており、炎元素を用いた攻撃を行う。更に、極寒ゲージの炎版である「燃焼ゲージ」が戦闘中に蓄積していくだけでなく、攻撃の余波で床が炎上、スリップダメージを食らってしまう。
しかも、極寒ゲージは一部の料理などで蓄積を軽減できるが、燃焼ゲージは軽減方法が存在せず、ゲージが溜まり切ってしまったら、後述の方法を除けば基本はとにかく回復しながらこちらが力尽きる前にシニョーラを倒すしかなくなる。

したがって、両形態(特に第2形態)ともに回復が追い付かなくなる場合があるため、どちらの元素でも対抗できるようチーム編成をして挑みたい。
特にマルチプレイでは回復役の存在が安定した攻略に不可欠となるだろう。場合によっては攻撃の手を止めてでも料理などで回復しないと詰む。

これまでのボス戦では非常に有効だった鍾離等のシールド使いも、ゲージによるスリップダメージは防げない
ただ、スリップダメージ以外はしっかりとシールドで防げるので、被ダメを大幅に軽減させ事故率を低下させることは出来、シールド使いと回復役をバランスよく編成する必要がある。

なお、ゲージと床の炎上に関してはエリアの四隅に定期的に出現するオブジェクトを破壊すれば対処出来るほか、第1形態終盤の繭も、周囲を飛ぶ蛾を獲得すると、キャラクターの元素を問わず次の攻撃に炎元素が付加され、ゲージを大きく削ることが出来る。

総じて、苛烈過ぎる攻撃とゲージ蓄積・スリップダメージが組み合わさっているため、形態は一つ少ないものの、タルタリヤを上回る難敵となっている。

関連タグ

原神
ファデュイ ファトゥス
ロザリン・クルーズチカ・ローエファルタ









以下、「魔神任務第2章第3幕」後半のネタバレ注意







































稲妻を苦しめる「目狩り令」にまつわる騒動を裏で操っていた張本人。
天領奉行当主・九条孝行と結託し、目狩り令を推し進めて幕府への抵抗力を削ぐ一方で、勘定奉行当主・柊慎介を通じて抵抗軍の支援も行い、稲妻の内乱を長引かせることを画策していた。

その上で天領奉行は雷電将軍への報告書を偽造し、抵抗軍や邪眼の存在、民衆の不満や苦境が将軍の耳に入らないよう工作を行うことで目狩り令が問題なく機能していると思わせ、計画に邪魔が入らないよう仕向けていた。

将軍の前でそれらの事実をバラされても、自らの地位を傘に着て人民そのものや旅人を馬鹿にしたが、旅人が申し込んだ「国政に口を出す資格を巡る御前試合」の直訴を将軍が承諾した事により、戦いによる決着を余儀なくされる。

結果、以前よりも各段に力を付けた旅人の前に敗北。
規定に則って自らを処刑しようとする将軍を前に、納得できず国や組織の力を盾に抵抗しようとするが、問答無用で「無想の一太刀」を喰らい、断末魔をあげることもできず消し炭となって絶命。
その直後、「淑女が死んだ」とモノローグでも語られ、執行官初の殉職者となった。

当初の優雅さや威厳、聡慧さが見る影も無くなってしまった末の呆気ない最期に、困惑したプレイヤーも多かっただろう。
多くを語らず舞台から退場してしまった彼女についてもっと知りたいなら、彼女が遺した品と、聖遺物「燃え盛る炎の魔女」および「蒼白の炎」シリーズに描かれた物語を見るといい。
炎と激情を振るい、しかし魔女と呼ばれる事を嫌った彼女の過去を垣間見る事ができるはずである。

余談

  • 彼女に与えられていた氷元素の邪眼は、強力すぎる炎の力を封じるための拘束具である。
    • 第2形態では炎の力を行使するが、神の目を使う描写は無い。詳細は当該記事参照。
  • シニョーラが落とすドロップアイテム「獄炎の蝶」のテキストに「不死蝶」という言葉が初めて登場しており、これっきりの存在にはならないのではと一部ファンに囁かれている。幕間PV「冬夜の戯劇」では彼女の元から飛び立った獄炎の蝶が火の粉となって散る描写があったりと復活の伏線としては望み薄だが、今後の運営の対応が気になる所。
  • 直接的武力よりも政治的圧力でアプローチを計る外交官として優秀である一方、モンドに置いていった部下は「説明の無い待機命令ばかりで任務にやりがいが無い」とぼやく等、直接指揮をしない人事には割とぞんざいらしい。
    • それでも幕間PV「冬夜の戯劇」では国を挙げて死を悼まれているほか、稲妻の駐留部隊の一部が敵討ちを叫んで武装蜂起したりと人望はそれなりにあった模様。

関連記事

親記事

ファトゥス ふぁとぅす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13807442

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました