ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:柿原徹也

概要

ファデュイの幹部である11人のファトゥスの第6位に位置する人物。コードネームは「散兵(ざんひょう)」。

初登場は2020/11/16~11/30開催の期間限定イベント『帰らぬ熄星』。稲妻人のような風体をしており、稲妻から来た浮浪人を名乗っていた。
その後、魔神任務第二章第三幕でようやく本編に登場する。上記イベントがあくまで期間限定だったため、逃した場合は旅人とも初対面となり、登場シーンも若干変化する。

性格には非常に難があり、基本的に空気など読まず全てを見下し、周囲が足掻くのを愉しんでいるかのように振る舞い、それに反抗する相手には不快感を顕にする。
そんな性格な為にファデュイの構成員からも内心嫌われており、実際自身に意見した部下に対して「いつ勝手に判断する権利を与えた?」と威圧し、黙らせていた。

Ver2.1時点では実力を直接見せてはいないが、風神から神の心を奪った淑女より階級が2つ上で、彼女やタルタリヤの事を「情けない奴ら」と断ずるほどの自信を持ち、相対したモナをしても一目見ただけで「危険すぎる」「負けるかもしれない」と言わしめる程。

当の稲妻では、友が彼に利用され死んだ事に怒り乗り込んで来た旅人と対峙するが、嘲笑しながら罠に嵌めて手を動かす事なく完封している。
本来ならそのまま見逃す気も無く、旅人にとっては絶体絶命の状況だったのだが…。

余談

  • イベント『帰らぬ熄星』にて初登場した彼だが、格好のあちこちにファデュイに属する者達と一致する装飾が見受けられたこと、イベントシナリオの中でファトゥスの1人が隕石の調査に関与している事実が判明したこと、そして何よりも中の人の怪しすぎる演技により早々に旅人達から「こいつが例のファトゥスなのでは?」疑われていた。
  • 魔神任務(メインストーリー)第二章第三幕で過去が明かされる。詳細はネタバレとなるため最下段に隔離する。


関連タグ

原神
ファデュイ ファトゥス

鬼舞辻無惨:上記の部下に対する台詞から、似たようなパワハラ発言をしていたこの人物を思い浮かべたユーザーが一定数存在する。














~この先、魔神任務第二章第三幕終了時のネタバレ注意~













出自(ネタバレ注意)

全てが終わった後の八重神子の話と、聖遺物「蒼白の炎」「華館夢醒形骸記」に込められた物語から彼の過去が浮き彫りとなって来る。

彼はこと当代の雷神バアルが自律人形「雷電将軍」を制作するのに先駆けて作り上げた試作品。

「神の心」の器として長き時間と至高の美を持って生まれた彼は、然して人としても物としても器となるには脆すぎたが故に、影にその後の人形に器としての機能を付加する事を諦めるに至らせた。そして彼自身は廃棄は忍びないと封印され、空っぽの自我のまま長き時を眠り続ける。

やがて彼は未知なるエラーで目覚め、自らの「心」を求めて人間よりも遥かに長い時をかけて俗世を渡り歩いた。
ありとあらゆるものを見聞きした末に得た「心」はこの世全ての悪を写し取ったかの如き悍ましいものであったが、これを捨てれば何もなくなるが故に、彼の望まぬ形の心ではあれど手放す理由もまた無かった(ここで影の判断が最悪の形で裏目に出た事になる)。

そして彼は自身の境遇を「役立たずとして廃棄された」と理解し、また、自身に対する一つの確信を得る。

僕は全ての人間を超える「人間」、人も神も運命も僕を裁く権利は無い、と。

やがて彼は執行官"愚者"によって発見されファデュイにつくが、その理由も稲妻への復讐などではなく「彼らと一緒なら面白そうだ」というもの。残りの時間全てを自由に過ごすと決めた彼が最終的にどこへ行き着くかは、誰も知らない。

そして紆余曲折あり、雷神の「神の心」を簡単に手に入れ稲妻を去ったのだが、それを女皇に持ち帰らず、一切の連絡を絶ち姿をくらませた模様。
期間限定イベント「謎境一騎」でタルタリヤが稲妻を訪れたのも、離反疑惑の上がった彼の行方を調査する為であった。

オリジナルの力の源であったものを我が物にし、果たして何をするつもりなのか…。

関連記事

親記事

ファデュイ ふぁでゅい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スカラマシュ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スカラマシュ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5547116

コメント