2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

風神バルバトス

ふうじんばるばとす

オープンワールドゲーム『原神』の登場キャラクター。 ゲーム内に登場する街の一つである「モンド」を創った風の神。
目次[非表示]

風向きは変わるもの。
いつか、光射す方へと吹いてくる。
これからは、ボクの祝福と共に、もっと自由に生きていこう。

概要

遠い昔に雪を払い、山を切り開くことで流浪の民達にモンドという国を与えたとされる風の神。
人々に知恵と力として特に風を使った生活(風車や飛行法等など)や醸造法等を教え、自らの好む学芸と音楽から数えきれないほどの歌と祭礼を後世に残した。
そしてモンドが繁栄したのを見届けた後に、どこへともなく姿を消した。

メインストーリーでの活躍

風魔龍トワリンと心を通わせたり、風神バルバトスについてやけに詳しいウェンティであったが、風魔龍を操っていたアビス教団を追う中で自身が風神バルバトス本人であることを暗に認めた。
その上で、風魔龍の涙を浄化できる異邦人こと旅人に風魔龍を救う手助けを求めた。

風魔龍トワリンの呪縛を解き彼を救った風神バルバトスであったが、風魔龍に再びモンドを守護するようには命令しなかった。自由を愛する風神バルバトスは自身にすら従って欲しくなかったのである。
「神に命じられた『自由』は、ある意味『不自由』だろう」。そう言って風魔龍に本当の「自由」を与えた風神バルバトスは自身もまた、吟遊詩人・ウェンティとしてテイワットの地に自由を求めて流浪する旅にまた出向くのであった。

その後も各種イベントなどで度々登場。
Ver.1.6のイベントでは自身の神としての知見を頼ってきた旅人たちに快く応じ、自分同様目的地を知る足としてトワリンにライアーで呼びかける形で助力した。

また、マイハウスこと塵歌壺にもこっそり関わっていたらしく、初期配置の家屋の説明文を読むと……?

過去

※公式漫画からの内容

風神バルバトスはモンドの地を去って流浪の旅を送りつつも度々モンドの地に立ち寄っていた。
ある時長い眠りから覚めたバルバトスはモンドに立ち寄るが、その時のモンドは貴族達による圧政が敷かれていた。

そんなモンドでバルバトスは剣闘士のヴァネッサに出会う。一族共々奴隷にされていたヴァネッサであるが、貴族達の無茶苦茶な契約に耐えて自由を手にしようとしており、そんな姿にバルバトスは手を貸すことを決意する。

戦いの末ヴァネッサと民衆は圧政を打倒して自由を手にした。そして英雄ヴァネッサは西風騎士団を設立してモンドを自由の街として守る務めを果たし、神になるため天空の島「セレスティア」へと旅立った。

なお、ゲーム内でも存在するが未だ名前すら出ない「セレスティア」だが、モンド城にあるバルバトス像には「THE GATEWAY OF CELESTIA(セレスティアの扉)」と刻まれている。

信条

風神バルバトスは常に自由を第一に考えて、何者にも縛られないことを信条としている。
そのためモンドには王がおらず、統治がなされていない。

だが実際のところそういった点を悪人に利用されてモンドは度々危機に陥っている。
一応大きな災いが起きた際にはバルバトス本人がモンドに現れているようだが、彼自身にモンドを救う気があるのかそして力があるのかはいまいちはっきりとしない。
とは言え厳格な統治を行っている璃月や他国がいいのかといわれると一概には言えないため自由というのもまた一つの統治の形なのかもしれない。

生い立ち(伝説任務・歌仙の章のネタバレ注意)

バルバトスは元々神ではなく風の中の無数の精霊の内の一つに過ぎなかった。
2600年前、風龍廃墟に国が存在していた頃のモンドは竜巻の魔神・デカラビアンによって支配されていた。
巨大な竜巻によって外界と隔絶され、太陽すら見ることは出来ず、人々は鳥が飛ぶ姿すら見る事無く生涯を終えた時代。
そんな時、支配からの解放を望む一人の少年の姿を見たバルバトスは彼に力を貸し、民衆と共に戦った。そして自由を勝ち取ったのである。
ウェンティとしての姿はその友達から借りたモノであり、吟遊詩人として竪琴を弾くのも彼譲りである。

ウェンティの伝説任務のラストで旅人とパイモンにそのことを話すウェンティだったが、「友達はどうなったんだ?」とパイモンが訊ねると急に歯切れが悪くなる。
その様子に全てを察した旅人はパイモンにお使いを頼むことで話を中断させる。自分を気づかってくれた旅人に、ウェンティは友達が残してくれた歌を聞かせた。

飛べ、飛べ。
飛鳥(とぶとり)のように。
ボクの代わりに世界を見て……
ボクの代わりに高い空へ。

キミが夢見た世界でいつか共に



余談

  • 酒と詩が有名なモンドの神なだけあり、大の酒好きであり、酒にめっぽう強い。とあるシナリオでは37杯ほど飲んでおり、オーナーをして「尋常じゃない」と言わしめた。
  • 彼の茶目っ気は今に始まったことではないらしく、ウェンティの歌う詩に曰く「氷神の持つ杖を盗み、代わりにヒルチャールの棒を置いてきた」とか。貴族に忠実な兵士を引きはがすために、岩神モラクスへのイタズラ目的で練習していた岩王帝君の印を書き込んだ、神々だけが印すことのできる神聖な印が使われたモンド売国の密約を偽造。貴族に売られる事を恐れた兵士を寝返らせたりと過去には国際問題レベルのイタズラをやっている(モラクスへのイタズラは相手が富と契約の神であったため、遂に通じることは無かった模様)。
  • の伝説任務におけるどっかで聞いた声で夜叉に関する伝承が語られるシーンで何故かシレッと登場している。上述したイタズラ以外にも他国の事柄に多々関わっていたらしい。
  • 陽気でお茶目な性格からは想像し難いが、風神としての歴史は古い。2000年前に魔人戦争を制して即位した最初の七神の一柱であり、七神の一角のうち風神としての在位2600年は岩神モラクスの6000年に次いで第2位。他の最初の七神5人はすでにこの世から去ってしまい、モラクスも劇中で引退したため、地上に神として残る唯一の最初の七神となってしまった。
  • 原神世界における神の強さは国と信仰の強さによると言われる。それゆえにバルバトスは自由を尊び思想を縛る事をよしとしない(=信仰を得ようとしない)自身の強さを七神最弱とあっさり言い放っている。
  • Ver2.6の限定イベント「華やぐ紫苑の庭」では、鎖国令が解除された稲妻で開かれた「光華容彩祭(こうかすがたのいろどりさい)」というコミケ……もとい祭りでアルベドや吟遊詩人達モンドの招待客に紛れて稲妻を来訪している。旅人たちは「さすがにモンドの神であるウェンティは来ないだろう(要約)」と思っていたのだが……。もう統治していないとはいえ、自分の領域ほっといていいのだろうか?
    • まあ、Ver2.5での期間限定イベント「酌み交す酔夢」でもどっかの岩神が散歩感覚でモンドに来ていた例もあるのだが……。(あちらは神の座を降り、現在は一般人として生活している)


関連タグ

原神 魔神(原神) モンド(原神)
ウェンティ(原神)
トワリン(原神)
公式サイト漫画ページ

関連記事

親記事

魔神(原神) げんしんのまじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「風神バルバトス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 859990

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました