ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事全体がネタバレ項目を多分に含んでいます。閲覧の際は十分にご注意ください。

概要

オープンワールドゲーム「原神」に登場する神々。
基本的に不滅の存在であり、たとえ一度滅びても長い時を経て復活することができるとされるが、実際の所は同種の神格を受け継いだ別神が新たに生まれる形である。
現在判明している魔神はソロモン72柱から名前を取られている場合が多い。

七神

現在テイワット大陸の各国を統治している七柱の神のこと。俗世の七執政とも呼ばれる。

数千年前の魔神戦争を勝ち抜き生き残った神々により結成され、以降現在までこの体制は続いている。が、結成当時と同じ面子なのはモラクスとバルバトスのみで、それ以外の五柱は代替わりしている。

全員が「神の目」よりも上位の器官である「神の心」を所持しており、天空の島と共鳴することで国を左右する程の元素力を扱っている。「神の心」がなくてもある程度元素力や権能を扱う事は可能で、現在登場している七神は皆そこまでの力を必要としていない模様。

風の国モンドを興した神であり、「自由」を理念としている。
「自由」を尊ぶが故に立場に縛られることを避けており、他の国とは違い自分からモンドにはほぼ干渉せず民に統治を任せている。

岩の国璃月を統治する神であり、「契約」を理念としている。
七神の中では最も古くから生きており、璃月を興してから一度も代替わりすることなく君臨・統治しその変化を見守ってきた。璃月の人々からは岩王帝君と呼ばれている。

雷の国稲妻を統治する神であり、「永遠」を理念としている。
対外的には雷電将軍と呼ばれており、稲妻の人々からは大御所様とも呼ばれる。稲妻を鎖国しており、近年国軍を使って民から神の目を奪う「目狩り令」政策という圧制を始めている。

  • 草神
草の国スメールを統治する神であり、「知恵」を理念としている。
現在の七神でのうち最も若い神(それでも500歳以上)。スメールの人々からは「クラクサナリデビ」と呼ばれ親しまれている。 
クラクサナリデビとはサンスクリット語でクラ・クサナリ・デビと分けられ、おおよその意味として『大いなる吉祥草の女神』と解釈できる。

  • 水神
水の国フォンテーヌを統治する神であり、「正義」を理念としている。
先代の水神は純水精霊達に敬られていたが、代替わりの際に何故か離反されている。

  • 炎神
炎の国ナタを統治する神であり、「戦争」を理念としている。

  • 氷神
氷の国スネージナヤを統治する神。七神の内唯一理念とするものが明らかになっていない。
"氷の女皇"と呼ばれ、ファデュイを用い他の神から神の心を集めている。

七神以外の神(魔神)

七神がソロモン72柱そのままの名前であるのに対し、以下に列挙する魔神は元ネタと同じ名前のものが存在せず元の名前をもじってつけられているものが多い。
ただし一部の魔神以外は名前の特徴が薄くソロモン72柱を名前の由来としている確証もないため、現時点では推測の域を出ないものである事を念頭に置く必要がある。
通説としては、魔神戦争に勝利し七神となった者たちは元ネタのままの名前、それに負けた者、生き残れなかった者の名前は名前の一部が変形しているとされる。
但し一部例外もあり。(七神に友好的だった、かつ今も生きている魔神は元ネタのまま?)

  • 竜巻の魔神 デカラビアン
モンドにかつて存在した神。
現在では風龍廃墟となっている場所に拠を構え、竜巻により外界と隔絶された環境で民を支配していた。最後はバルバトスたちによる反乱によって斃された。

名前の由来はソロモン72柱デカラビア

  • 氷雪の魔神 アンドリアス
モンドにかつて存在した神。
デカラビアンと同時期にモンドに存在し、本神なりの考えでその独裁に反対し争っていた。いつ頃かは不明だが肉体は斃れ、魂は北風の狼ボレアスとなりモンドの四風守護に就いた。

名前の由来はソロモン72柱アンドラス

  • 渦の魔神 オセル
璃月にかつて存在していた神。
本編に登場した際は、海流で形成された超巨大な多頭竜の様な姿を取った。
魔神戦争の際にモラクスとの戦いに敗れ孤雲閣の下に封印されていたが、公子によって封印を解かれ璃月を襲撃。最終的に群玉閣の大破と引き換えに再度封印された。
その後アビス教団がサイボーグ改造し傀儡として使役しようとしたが、主人公とダインスレイヴに阻止される。
封印中とはいえ一応生きてはおり、七神以外では数少ない現代に生き残っている魔神。

名前の由来はソロモン72柱オセと思われるが、英語圏におけるスペルがOsialである点から別の72柱であるオリアスを由来とする可能性もある。

  • 塩の魔神 ヘウリア
璃月にかつて存在していた神。女性。
争いを嫌う心優しい性格であったが、それ故に魔神戦争の際には民の命を散らさないために戦闘そのものを放棄。襲ってくる相手に己の持つモノを悉く明け渡しながら逃避行を続けることで"平和"を維持したが、最後は"逃げ場"を失い自らが導いていた民の手によって討たれたという。

璃月北東部の「地中の塩」は塩の魔神最期の地とも言われているが、結界で封じられ入る事は出来ない。その最奥にはヘウリアが死亡した時の余波で塩の像となってしまった民が今も多数残されている。
現代では彼女に関する伝承は完全に途絶えており、ヘウリアの民の子孫の間ですら優しい人柄だったという事しか伝わっていない。

彼女の名前のスペルは英語圏においてHavriaと書くため、その由来はソロモン72柱フラウロスの別名ハウレス(Havres)と思われる。

  • 塵の魔神 帰終
璃月にかつて存在していた神であり、モラクスと共に帰離原を統治していた。
サイズの合わないぶかぶかな着物を着た女性だったらしい。
モラクスとは仲が良い神であったが魔神戦争によって命を落とし、残されたモラクスは民を連れて現在の璃月港に移った。

彼女の名前は中国圏においてグゥイジョン(Guizhong)と発音され、名前の由来はソロモン72柱グシオンである可能性がある。

璃月にかつて存在した神。
活動していた時代は「竈神」の通称で知られ多くの民の信仰を集めた存在だったが、現在の璃月では失伝しており、岩王帝君と同一視する解釈も一般化している。

天を突くような巨体をした獣の神で、己の体を分裂させ無数の人間大の分身体となることができたとされる。かつて帰離原が帰離集と呼ばれ璃月の都であった頃、民に火と料理と団らんを伝え、その後洪水によって帰離集が滅びた時も知恵を尽くして難民を支えたという。
最終的にこの神は自然災害や疫病などの厄災を鎮めるべく大地に力を還し、全盛期の姿と知性を失い長き眠りについた。

経歴から一目瞭然だが、モラクス(と恐らく帰終)とは親しい間柄だったらしい。
現在は、もはや魔神とは言えないくらいにまで弱体化し、記憶すら失ったものの眠りから目覚め、己の居所と定めたとある場所新たな家族と共に平穏に暮らしている。七神以外では数少ない現代に生き残っている魔神。

名前の由来はソロモン72柱マルコシアス
(英語ではMarchosiusと表記され、末尾の2文字が本来asのところが"我々"を意味するusに変形している。彼がかつて複数に分裂した特性と、七神になれなかった魔神であることを含んだ表現となっている)

  • 夜叉を使役した魔神
璃月にかつて存在していた神であり、夜叉を操り望まぬ殺生をさせた。モラクスによって斃され夜叉たちは解放された。

  • 璃沙郊を支配した魔神
モラクスや帰終などと同年代に存在した魔神
原因は不明だが死亡しその結果、璃沙郊が水の底に沈み長らく地上に現れなかった。

鼻の上に小さい角を備え、島を一巻きにしようかというサイズの巨大な白蛇の姿をした神。
稲妻の海祇島にて大蛇『オロバシノミコト』として祀られており、海祇島の民に農業と精錬技術を教え守り神として崇められていた。
魔神戦争の最中、当時の雷電将軍による稲妻平定を受け入れず彼の領地へ侵攻を開始。ヤシオリ島で激戦を繰り広げたが、対峙した雷電将軍の放った「無想の一太刀」によって島ごと両断され敗死した。
この行為には実は裏があり、負け戦を覚悟の上で何者かによって挑まされたことが淵下宮のストーリーで語られるが・・・

以降ヤシオリ島では常に雷雨が降り注ぐ異常気象が発生したり、人間やヒルチャールが何かに憑りつかれて凶暴化したり体調を崩すなど、恐らくはオロバシの怨念によるものと思われる異常事態が数多く発生。
このため現地ではオロバシの名が語られなくなってなお『祟り神』として恐れられており、島の各地には『祟り神』の力を抑え込むための装置が敷設されている。

現在ではヤシオリ島各所に白骨化した遺骸が野晒しになっており、骨に表出した「晶化骨髄」が稲妻の軍需物資である玉鋼の素材として高値で売買されている他、封印された核心が現在のたたら砂で動力炉に使用されるなど、前述の『祟り神』呼ばわり(ほぼ一貫して本名が出てこない)と併せて死後の扱いがかなり酷い部類の魔神。

名前の由来はソロモン72柱オロバス

初代雷神バアルの双子の妹で彼女の影武者。戦死した双子の姉の跡を継ぎバアルの名を継承したため、現在バアルと呼ばれている雷神の本名はバアルゼブルである。ある事情から彼女も影武者のような存在を使用している。

名前の由来は旧約聖書の悪魔ベルゼブブ、もしくはその基になったウガリット神話の最高神バアル・ゼブルと思われる。

魔神の可能性がある存在

旅人と行動をともにする妖精。非常食扱いされる事もあるが「かけがえのない大切な仲間!」。
名前がソロモン72柱パイモンに由来すると思われ、魔神との関連性が疑われている。
また、アビス教団は彼女の過去について何らかの知識があるかのような素振りを見せている。(真偽は不明)

  • 時の神
祭礼シリーズなどに記されているモンドに存在していたであろう時の神。
世界任務「時と風」において「「時間」に関わる魔神」という記載があるため魔神の可能性がある。

また、淵下宮の書物や雷電将軍の伝説任務において、時間を司る執政「イスタロト」の名前が明らかになったが、モンドで語られる神と同一の存在かは不明である。
こちらの名前の由来はソロモン72柱アスタロト

  • ナベリス
アルベドのキャラストーリーにて「アルベドと師匠が発見した「ナベリスの心」という聖遺物」という形で少し触れられた。
ナベリスという名はソロモン72柱ナベリウスに由来すると思われ、魔神の可能性がある。

オープニングに登場する双子を襲った存在?
詳しくは個別記事を参照

  • カーンルイアを襲った神
500年前のカーンルイア滅亡にて天から降臨し、国を滅ぼした存在。
旅人の回想にてカーンルイアを滅ぼしたと思わしき物体が登場したが、天理の調停者が操る物体と酷似しているため同一存在の可能性がある。

  • "渦の余威"跋掣(ばっせい)
渦の魔神オセルの妻。夫と同様に竜の姿だが、首は三本と夫に比べると少なめ。
魔神任務間章のラスボス。劇中では魔神とは明言されておらず、魔神なのかあくまでも強大な魔物なのかは現時点では不明。
夫を倒した群玉閣に恨みを抱いており、凝光はそれを逆手に取り再建した群玉閣でおびき寄せて決戦を挑んだ。
周到な準備や申鶴の助力もあり撃退され、何処かへと逃げていった。

その後の海灯祭(2回目)では改めて戦うことができる。イベントに直接絡んでくることはないのだが、設定上はまだ復讐の機会を虎視眈々と狙っている模様。

関連タグ

原神

関連記事

親記事

原神登場キャラクター一覧 げんしんとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「魔神(原神)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257554

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました