ピクシブ百科事典

オロバス

おろばす

オロバスとは日本において「ソロモン72柱」と総称される悪魔の一人。
目次[非表示]

概要

地獄の20の軍団を率いる偉大なる君主。『ゴエティア』では55番目、『悪魔の偽王国』では58番目に記載される。

まずの姿をとって出現し、召喚者の命令で人間の姿をとる。彼の職能は過去現在未来の全てのものを見い出す事にある。
このほか召喚者に威厳と立場を与え、敵と味方からの好意を得させる。このほか神的なる事柄と天地創造についての問いに答えるという。
オロバスは召喚者に忠実な悪魔であるといい、彼を苦しめたり、他の精霊から誘惑されることもないという。

コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』第六版では直立した馬のような(ただし前脚にあたる両腕には五本指がついていて胸板はヒトのようである)姿の挿絵が追加され、公正の作品でも参照されるようになった。

「ラッド博士のゴエティア」によると、彼に対抗する天使の名はメハイヤ(Mehaiah)。

女神転生シリーズのオロバス

初出作品はFC女神転生Ⅱ』で、種族は“妖獣”、ギリシャ神話海馬(ヒッポカムポス)のようなデザインだった。新宿周辺に出現するEVIL属性の悪魔で、スキルこそ所持していないものの一度に8体出現、HPが高く剣攻撃に耐性があることからかなりの強敵である。
後の『真・女神転生』では堕天使種族の悪魔として登場。デザインも上記の「地獄の辞典」寄りの二足歩行の赤い体色の馬になり、以後のシリーズも一貫して同じである。
シリーズを通して登場率はすこぶる高いものの物語に絡むような目立った活躍は特に無い。強いて挙げれば、初3Dデザイン化作品である『デジタルデビルサーガ2』の捕虜収容所施設・司令室前で交戦する変身悪魔がオロバスのカルマ協会警備部兵士(本名:チャーリー)が、戦闘前のシーンで同僚と『馬が合うな』とジョークを飛ばす場面ぐらいである。
真・女神転生Ⅴ』では何故か種族魔獣の悪魔として登場。

pixivにおいては、金子一馬氏のオロバスの原画の“両手を広げて飛び上がったポーズ”を採り上げた作品が主に扱われている。ちなみにこのダイナミックかつ異様に目を引く躍動感のある姿だが、実は『地獄の辞典』の挿絵もだいたい同じポーズだったりする。
なお、3Dデザインのオロバスがこのポーズを実際に取るのは一部の作品(DDSAT2、ペルソナ3等)の魔法使用時ぐらいである。

関連イラスト

オロバス!



関連動画



メギド72のオロバス

オロバス(メギド72)

関連タグ

ソロモン72柱

記載順別タグ

『ゴエティア』
←54:ムルムル55:オロバス56:ゲモリー
『悪魔の偽王国』
←57:アイム58:オロバス59:ヴァプラ

関連記事

親記事

ソロモン72柱 そろもんななじゅうふたはしら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オロバス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334313

コメント