ピクシブ百科事典

目次[非表示]

将軍は不滅で、幕府の鎖国も永遠なるもの。
永遠を求める神は、人々の目からどのような永遠を見出したのか。

概要

オープンワールドゲーム「原神」に登場する国家。
魔神任務(メインストーリー)第二章「千手百眼の浮世」の舞台。

「雷電将軍」こと雷神バアルの領域。テイワット大陸南東部に位置する。
モチーフは中近世の日本。象徴となる言葉は「永遠」
6つの島から成る、テイワット唯一の完全な島国。島ごとにそれぞれ異なる雰囲気を持つ。
中心都市は稲妻城。季節のテーマは主たる部分はモンドと同じく春だが「稲妻」の名に相応しく雨と雷が降り注ぐエリアがある為梅雨や初夏も入っている模様。最初に訪れる離島地域の様子からも秋の要素も含まれている。

雷神を頂点とし、"天領奉行"九条家、"社奉行"神里家、"勘定奉行"柊家の三奉行からなる稲妻幕府によって統治されていた。

しかしここ数年で急に政治方針が変わり、誰であろうと国内外の出入りを禁ずる「鎖国令」と、神の目を強制的に徴収する「目狩り令」を公布・強行し始めた事で、稲妻国外の人間や、神の目の所有者たちは事実上弾圧されている状態にある。
また、"社奉行"神里家が「目狩り令」に反対の立場を取り、方針転換に便乗して圧政を始めた他の二奉行と対立しているなど、幕府内も一枚岩とは言えない。

結果国民や貿易商は以前よりも苦しい生活を強いられる事になり、上層部以外の国力は衰退。
現在は「目狩り令」を推し進める九条家率いし幕府軍と、幕府の被害者や逃れた者たちによって組織された珊瑚宮家率いる抵抗軍の間で対立が進み、半ば内乱状態となっている。

変心した雷神の力の影響で、国を取り巻く海域も非常に荒れており、島国ということもあり外国人が密入国することも、逆に自国民が脱出することも難しい(璃月港には奇跡的に何とか脱出に成功した女性「竺子(あつこ)」がおり、彼女に話を聞きに行くところから第二章は始まる)。

このため、ゲームスタート時点では通常の手段でこの国に入ることは出来ない(余談も参照)。
モンド璃月の騒動を解決した上で腕利きの船乗りの協力を得て初めて上陸可能になる。

法令

目狩り令

国内の神の目を強制徴収する法令。回収した神の目は稲妻城前の「千手百目神像」にはめられている。
神の目の所持者は全人口の一部のため一般市民にはあまり馴染みがないが、実は神の目を失うことは単に元素の力が使えなくなるだけではなく、所持者が持つ願いや情熱、それに関する記憶を失うという事例が多発している。

わかりやすく言えば、人格障害や記憶障害になってしまい、周囲のケアや無くした記憶の手がかりを手に入れることなどで多少は改善できるが、根本的な完治は困難。
ただ神の目を所有権を神から返却されれば、記憶なども戻り完治する。これは、神の目はその人の願いが具現化した物という仮説をある意味立証した物ともとれる。

鎖国令

外国との行き来や国内の外国人の行動を再現する法令。日本で行われていた鎖国とほぼ同じもので、外国人はいわゆる出島である離島にしか原則滞在できない。

離島の滞在にも許可の申請や莫大な費用(金額は係の裁量であり、実質は賄賂)や税金が必要となっており、離島の滞在者たちは「万国商会」という組合を作り上げ、力を合わせて勘定奉行の重税といった横暴を耐えている。
ただし、何らかの形で許可証を得れば離島の外でも自由に活動できる。もちろん旅人も例外ではなく、離島の脱出と許可証の取得が当初の目的となる。

目狩り令廃止後もこちらはまだ残っているが、第二章の一連の騒動の結果、現勘定奉行が逮捕されたこともあり、離島の待遇はかなり改善されている。
また、期間限定イベント「謎境一騎」では辛炎が期限付きの仮発行の許可証で稲妻に入国していており、鎖国令自体も今すぐ廃止とまではいかないもののかなり条件が緩和されている模様。

そして、Ver2.5で追加された雷電将軍の伝説任務第二幕終了後、遂に鎖国令は廃止。
廃止後は一部NPCの会話内容が変化したり、璃月港にいた竺子が親元に帰ってきたりと若干の変化がみられる(余談も参照)。
今のところ大きな混乱はなく、むしろ滞っていた外国との物流が盛んになってきたことで多くの市民、特に商人に歓迎されている。

国内地域

  • 鳴神島
    • 離島
    • 紺田村(こんだむら)
    • 鳴神大社(なるかみおおやしろ)
    • 稲妻城
  • 神無塚
    • 九条陣屋
    • たたら砂
  • ヤシオリ島
    • 藤兜砦
  • 海祇島
    • 珊瑚宮
    • 望瀧村(ぼうろうむら)
  • セイライ島
    • 浅瀬神社
  • 鶴観
  • 淵下宮


稲妻という名の通り、国内の各地に雷元素にちなんだ新ギミックが多数用意されている。
詳細は割愛するがモンドと璃月の謎解きとは方向性が異なり、慣れるまではかなり探索に苦労することになる。
ただ、慣れてしまえば決して難しいものではなく、ギミック解除の報酬も大きい。

他にもモンドや璃月に比べるとフィールド上の食材や聖遺物の採取ポイントが多く、隈なく回れば意外とバカにならない収入となる。

一方、長いこと内戦が続く平和とは言い難かった地であるためか、野伏衆や海乱鬼といった大粒エネミーが数多く跋扈しており、キャラの育成が不十分な場合、探索には困難を有する。
その他、戦の爪痕により生じた様々な危険環境が各地で旅人を襲う為、早い段階で対応した世界任務をこなし、一つずつ稲妻を正常化していくと良い。

所属人物

稲妻幕府


天領奉行


社奉行


勘定奉行

  • 柊千里(ひいらぎ・ちさと)/cv:不明


鳴神大社


珊瑚宮(抵抗軍)


荒瀧派


その他




余談

  • 強制送還

Ver1.6の限定マップ「金リンゴ群島」で先行登場したウェーブボートが正式に実装され、地続きになっていない小島などへの移動がかなり楽になった。ただし、ボートが使えるのは稲妻の国内のみであり、ボートに乗って外界に行こうとしても、途中で強制的に戻される。そのため、残念ながらモンドや璃月にウェーブボートを持っていくことはver2.0の稲妻実装当初はできなかった。

旅行日常|稻妻


こちらの4コマ目を参照。

この強制送還は、ガイアの元素スキルなどで強引に海上を歩いて稲妻に渡ろうとしても(もちろん出ようとしても)発生したため、マップ上では繋がっているが稲妻とモンド・璃月を行き来するには第二章で北斗に連れてきてもらうかワープしかなかった。上記の竺子はこの海域をよく単身で(しかもイカダで)突破できたものである。

Ver2.5で鎖国令が廃止後はこの強制送還システムはなくなり、ゴリ押し突破が可能になる。とは言えここまで到達するには第二章クリアが必須なので、結局のところ密航は不可能なことに変わりはない。

※Ver2.4後半の海灯祭に伴い孤雲閣にボートポイントが追加。これにより、はれて(一時的に)璃月・モンド側でウェーブボートが使えるようになった。
とは言え孤雲閣以外にボートポイントがない上、イベント中は孤雲閣の周辺から一定距離離れるとこちらも強制送還される仕様となっていた。
イベント終了後は孤雲閣ボートポイントが消失したが、上記の通りVer2.5で強制送還が無くなったため、璃月・モンドでもウェーブボートが正式に使用できるようになった。
ただし、ボートポイントがないため稲妻から時間をかけて持ってこないといけない。
そもそも、璃月・モンドはボートに頼らなければ行けないような場所は殆どなく(一応、モンド領内にある)、わざわざボートを持ち込む利点が少ない。

  • ラーメンは日本食?
稲妻実装に伴い、日本食系の料理レシピが解放された。おにぎり味噌汁和菓子天ぷら等々、我々日本人にはおなじみの物がそろっているが、そんな新レシピにはなんとラーメンが入っている(名称は、豚骨ならぬ「獣骨ラーメン」)。しかも、ラーメンのレシピは稲妻のショップで販売しており、完全に日本食ならぬ稲妻料理扱いとなっている。
確かに我々がよく知るラーメンはもはや中華料理とは言えないレベルにアレンジされたものだが……。
※日本にラーメンが伝来したのは江戸時代と言われているため、時代考証的にはあながち間違っているわけではない。

一方で、うどん蕎麦といった他の日本の麺料理は何故か実装されていなかったりしたが、Ver2.2でやっと蕎麦が新レシピとして導入された。名称は「そば」となっており、イラストからざるそばの模様。ただし、何故か材料は小麦粉だったりする。対照的に、Ver2.5で遂に実装されたうどんは小麦粉から作れる。恐らくメタ的には一つのレシピのためだけにそば粉をわざわざ実装する費用対効果的な理由だろう。

  • テイワットのオタクの聖地?
食文化以外にも、異世界転生系の小説が「娯楽小説」の名で流行っており、それらは近頃オリジナリティの低下が問題になっている等、どこか現代日本……というかオタク文化の要素も思いっきり混ざっている。
これら創作書籍に限っては、普段やらない他作品パロディもふんだんに盛り込んでいる。

さらには、Ver2.6の限定イベント「華やぐ紫苑の庭」では、光華容彩祭(こうかすがたのいろどりさい)という祭りが上記の鎖国令廃止後の離島で開かれるのだが、八重堂の全面監修の結果、他国の来客を巻き込んだ娯楽小説の大規模即売会、つまりコミケとなった。

そう、よりにもよって(一応)ファンタジーものの世界観でコミケである。
ついでとばかりにどっかのアル中な神も自国ほっぽりだして遊びに来るし……。

  • 名前
登場人物は璃月と同じくプレイアブルキャラクターは苗字と名前が一緒になったフルネームで表記されることが多い。
しかし、璃月のキャラクターと異なり呼ばれる際はフルネームではなく苗字または名前のみが呼ばれることが多い。(一部璃月のキャラクターでも名字を主に呼ばれるキャラクターもいるが)
  • 例にすると「神里綾華」はパイモンからは「綾華」。「珊瑚宮心海」はゴローからは「珊瑚宮様」、パイモンからは「心海」など。

また稲妻のNPCは苗字のみ、名前のみ、苗字と名前どちらも設定されていたりとあまり統一されていない。(ただし、そのどれもが日本人にとっては馴染み深い苗字や名前ではある)

関連タグ

原神 テイワット
日本

鳴神不動、泡影を滅す
韶光撫月の浮世
霧の海と謎の秘境

Prev(ACT.Ⅰ/第一章)ACT.Ⅱ(第二章)Next(ACT.Ⅲ/第三章)
「久遠の体との別れ」璃月「千手百眼の浮世」稲妻「虚空劫灰のプラーナ」スメール

関連記事

親記事

テイワット ていわっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「稲妻(原神)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「稲妻(原神)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1095094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました