ピクシブ百科事典

天ぷら

てんぷら

小麦粉を溶いて作った「衣」を食材に浸し、油で揚げた和食。 寿司・すき焼きと並ぶ、日本食の代表選手。
目次[非表示]

概要

野菜魚介類小麦粉を混ぜて作った「衣」を付け、でカリッと揚げた料理
江戸料理の代表的な存在である。
これをご飯の上に乗せ、タレをかけたものは「天丼」と呼ばれる。
寿司すき焼きと並んで、日本食の代表格とされる。

基本的に肉類は天ぷらに用いられないが、鶏肉を用いた大分県の「とり天」、中華料理店で出されることが多い豚肉の天ぷら「豚天」(因みに中国料理にも類似するものがある。)、広島県発祥のホルモンの天ぷら(詳細)、牛肉を用いた「肉天」(「牛天」とも呼ばれる。詳細)もある。

またこれとは別に、関西を中心とした西日本において、「さつま揚げ」の類を「天ぷら」と呼ぶ事がある。

一般的に「天つゆ」か塩を付けて食する(どちらも関西から広まった)が、ウスターソースをつける場合もある。
揚げる素材も、アイスクリーム饅頭梅干半熟卵寿司(アメリカの巻きずし等)、もずく沖縄県)、ビスケット岩手県西和賀町)、もみじ大阪府箕面市)などの変わり種もある。

歴史

米粉を衣に揚げる文化自体は、奈良時代から存在する。

現在の天ぷらの発祥は室町時代後期(戦国時代)、南蛮貿易で西欧の食文化であるフリッターが原型とされる。また、天ぷらの語源はポルトガル語の「テンペロ(調味料の意味)」が変化して定着した説が有力であるとされる。
その後、江戸時代に入ると、江戸の都市開発に合わせて作業員としての男性人口が爆発的に増加し、それに合わせて屋台による外食文化が発達する。天ぷらもこの流れで発達し、寿司・蕎麦と並んで「江戸の三味」として知られるようになった。


関連イラスト

天ぷら

天ぷら
天麩羅~


オリジナル

ぬこ天ぷら
カボチャ天


版権

椛いん台所
天プラのモ子ちゃん



表記揺れ

てんぷら / 天麩羅

関連タグ

日本料理 / 料理 和食 定食 食物
揚げ物 フライ フリッター
天丼 海老

サーターアンダギー:沖縄県の菓子。直訳すると『砂糖の天ぷら』。

関連キャラクター

天コマ プライ丼 サキちゃん

外部リンク

関連記事

親記事

揚げ物 あげもの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天ぷら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 863997

コメント