ピクシブ百科事典

徒然草

つれづれぐさ

徒然草とは、「兼好」という人物が書いたとされる随筆で、日本三大随筆の一つと評価されている著書。

概要

序段を含めて244段から成る。序段には「徒然なるままに」書いたと述べる。
兼好自身が歌人、古典学者、能書家などであったことを反映して内容は多岐にわたるが、彼が仁和寺がある地に居を構えたためか、仁和寺に関する説話が多い。

関連タグ

古典 随筆
兼好(卜部兼好/兼好法師/吉田兼好)

pixivに投稿された作品 pixivで「徒然草」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1879

コメント