ピクシブ百科事典

ダブルミーニング

だぶるみーにんぐ

一つの文章、言葉に二つの意味があること。または、表面上とは別の意味を内包するフレーズ、その表現のこと。

1.一つの文章、言葉に二つの意味があること。ダジャレ掛詞に似ている。意味が三つある場合は「トリプルミーニング」と言い、それ以上は「複数の意味合いを持つ」と言うことが多い。
<例>

  • 「くいしんぼうのゴリラのうた」の4番は、ゴリラが「たまねぎの皮をむき過ぎて食べる所が泣くなったから泣いている」&「たまねぎが目にしみるから泣いている」。
  • 「蛍の光」の歌詞のすぎの戸は、「杉の戸」と「過ぎの戸」を表している(掛詞)。

2.表面上とは別の意味を内包するフレーズ、その表現のこと。作品中ではそれを活用し、当人は普通の話をしているにもかかわらず、相手や周囲はあたかも別の話(性的な話、自分に都合の悪い話、自分に都合のいい話、本題と関係ない話など)をしているかのように誤解し、結果トラブルに発展するネタが定番メニューの一つとして存在している。文末に(※性的な意味で)などを付けて、当人の下品さを露呈させる表現もある。

関連タグ

高らかにオナニー アンジャッシュ
ダジャレ アンビグラム

外部リンク

ダブル・ミーニング - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ダブルミーニング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229668

コメント