ピクシブ百科事典

蛍の光

ほたるのひかり

スコットランド民謡を元にした唱歌の曲名。旧字で「螢の光」。または文字通り蛍が発する光の事。
目次[非表示]

蛍の光(歌曲)

NHK紅白歌合戦のフィナーレや高校野球の閉会式で歌われ、かつては卒業式鉄板ソングの一つでもあった唱歌。
原曲はスコットランド民謡の"Auld Lang Syne"「オールド・ラング・サイン」(old long since=昔むかし)で、明治に稲垣千頴(いながきちかい)が日本語の詩をつけた。
冒頭の「蛍の光 窓の雪」の一節の元ネタは、中国東晋の時代の故事『蛍雪の功』だと言われる。

余談

  • 1番の歌詞「の戸を」には過ぎるの意味もかかっている。
  • 「蛍の光窓の雪~♪」を四連発するのは歌い間違いだよっ。


使われる場面

  • 卒業式
  • NHK紅白歌合戦フィナーレ
  • 全国高等学校野球選手権大会閉会式
  • 東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのカウントダウン・パーティー
  • 北大阪急行電鉄千里中央駅の終電メロディ。かつては阪急電鉄梅田駅で第二次世界大戦後から1990年代まで終電用のメロディとして流れていたが、「暗い」「明日の元気を感じさせる曲にしてほしい」などの意見から「第三の男」のテーマ曲に変更された。

ほか

別れのワルツ

先述の最後のイメージが強い為、図書館・博物館などの公共施設や、スーパーなどのお店で、閉館・閉店時間になると流れる事の多いあの曲を皆「蛍の光」と答える事が多いだろう。実は厳密に言うとあれは蛍の光ではない。
正式には「別れのワルツ」と言い"Auld Lang Syne"を三拍子アレンジしたものである。1949年に日本で公開されたMGM映画「哀愁」で、主人公の2人がクラブで踊るシーンで初登場。コロムビアレコードはこの曲("Farewell Waltz")をレコード化しようとしたが、音源がなかったため、「栄冠は君に輝く」「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」「巨人軍の歌(野球の王者・闘魂こめて)」「スポーツショー行進曲」を作曲した古関裕而氏が編曲を手掛け、「別れのワルツ」を完成させた。編曲の名義には古関氏の名前をもじった「ユージン・コスマン」を採用した。この楽曲は大ヒットし、1953年までに累計29万枚を販売した。
2019年4月17日発売予定のシンデレラガールズ劇場の主題歌CD『きゅん・きゅん・まっくす』の同時収録として「別れのワルツ」が白菊ほたる(CV:天野聡美)のアナウンス入りで収録されることとなった。

関連リンク


関連動画



関連タグ

  蛍光 蛍火 リグル
卒業ソング

関連記事

親記事

曲イメージ きょくいめーじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蛍の光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16129

コメント