ピクシブ百科事典

海ゆかば

うみゆかば

歌の題。東儀季芳が作曲したもの(明治13年)と信時潔が作曲したもの(昭和12年)がよく知られる。その他に喇叭譜など同名異曲あり。「海行かば」とも書かれる。 また、同曲に由来するイベントの名称。
目次[非表示]
  • の題名。『海行かば』とも表記される。本項目で説明。
  • 平成25年10月14日に開催される「艦隊これくしょん」オンリーイベントの題名。↑に由来。


海ゆかば(楽曲・和歌)

海においても陸においても、我が大皇(おおきみ)の御為に生命を捧げて毫(すこし)も恐れないという純忠至誠の意を述べたもの。

その出典は『続日本紀』巻十七天平勝宝元年四月の詔の文中に
大伴佐伯宿禰云如久、天皇朝(スメラガミカド)守仕奉事奈伎 人等阿礼波、多知乃 止母乃 云来久、海行美豆(ウミユカバミヅクカバネ)、山行草牟(ヤマユカバクサムスカバネ)、爾去曽 米(オホキミノヘニコソシナメ)、能杼爾波 不死(ノドニハシナジ)止 云来人等 止奈母 聞召須」
と見え、また『万葉集』第十八天平感宝元年五月越中守大伴家持陸奥国より黄金の出でしを賀して詠みし長歌の一節に
「大伴能遠都祖神乃(オホトモノトホツカムオヤノ)、其名乎婆大来目主登(ソノナヲバオホクメヌシト)、於比母知弖都加倍之官(オヒモチテツカヘシツカサ)、海行者美都久屍(ウミユカバミヅクカバネ)、山行者草牟須屍(ヤマユカバクサムスカバネ)、大皇乃敝爾許曽死米(オホキミノヘニコソシナメ)、可弊里見波勢自止許等太弖(カヘリミハセジトコトダチテ)、丈夫乃伎欲吉彼名乎(マスラヲノキヨキソノナヲ)、伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾(イニシヘヨイマノヲヅヅニ)、奈我佐敝流於夜能子等毛曽(ナガサヘルオヤノコドモゾ)」
とあるのによる。

※言立(ことだて)とは、言葉に発表することをいう。責任を以て言明すること。

米軍による分析

米軍大日本帝国海軍内で定番の楽曲ということで、日本海軍の行動パターンの理念を探るために本歌を分析した。すると翻訳した楽曲を再翻訳して和歌・古文の装飾性を取り除きドライに口語文に直した結果が次のとおりだった。

  • 「海には水死体 山には変死体 私は天皇のためにだけ死ねる そのことにためらいはない」

……当時、日本軍では生きぎたないよりぱっと散ることが美徳とされたため、掛け合いにある「長閑(のど)には死なじ」(死に急ぐことはない)という1節はアメリカにはつたわらかなったようである。
つまりアメリカが大日本帝国海軍をどのような行動理念の集団と判断したか……言うまでもないだろう。
「海ゆかば」は日本の準国歌とされ今でも海上自衛隊で特定の行事の際に使われるが、一方で戦後生まれの戦史家にとっては特攻とともに「理念はわかるが、到底肯定できない」という代物でもある。イベント主催者などにはもう少し慎重になって欲しかったところだ。

ちなみに海上自衛隊で本歌が使われる行事とは基本的に弔事である。

余談

表記ゆれの「海行かば」はしばしばぎなた読みされる。

関連タグ

唱歌 国民歌 軍歌
東儀季芳 信時潔
艦隊これくしょん

pixivに投稿された作品 pixivで「海ゆかば」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1053974

コメント