ピクシブ百科事典

リンゴの唄

りんごのうた

1946年(昭和21年)に発売された、昭和の流行歌。 戦後の流行歌第1号として有名。歌は並木路子・霧島昇。
目次[非表示]

概要

赤いリンゴにくちびる寄せて


1945年(昭和20年)10月11日に公開された映画「そよかぜ」の主題歌・挿入歌として披露され、翌1946年にレコードが発売された。

戦後の流行歌第1号として並木路子(1921~2001)と霧島昇(1914~1984)のデュエット曲として発売されたが、後発版は並木のソロ曲となった。

終戦直後の歌ということで、焼け跡闇市などの映像が流れる際にはBGMとしてほぼ必ず使用されており、「復興の象徴」とされる歌である。

ちなみに並木路子は、林檎自体は食べられなかったという。

関連イラスト

りんごの唄



関連タグ

りんご/リンゴ/林檎

関連記事

親記事

曲イメージ きょくいめーじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リンゴの唄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7650

コメント