ピクシブ百科事典

軍艦行進曲

ぐんかんこうしんきょく

瀬戸口藤吉作曲、鳥山啓作詞の日本の軍歌。行進曲「軍艦」や「軍艦マーチ」としても知られている。
目次[非表示]

概要

作詞:鳥山啓 作曲:瀬戸口藤吉

1893年(明治26年)に小学唱歌として発表された歌詞に、1897年(明治30年)に大日本帝国海軍の軍楽師であった瀬戸口藤吉が曲をつけ、さらに1900年(明治33年)に行進曲に改められた。
初演は1900年4月、戦艦「富士」乗り組みの軍楽隊によって行われている。
その後に海軍省の制定行進曲となり、帝国海軍の「儀制曲」のひとつとして観兵式や進水式で演奏することが定められた。
帝国海軍亡き後に設立された海上自衛隊においても、1961年(昭和36年)に制定された「儀礼曲」のひとつに選ばれ、観閲式における観閲行進、自衛艦授与式の乗組員乗艦、自衛艦命名式における進水の際に演奏することが定められている。

明るいメロディが特徴的な曲だけあり、第2次世界大戦が終了した後もパチンコ店やテレビ等のBGMとして度々起用されている。
また、中国韓国ミャンマー等のアジア諸国においても、この曲のメロディを流用した替え歌が歌われている。

歌詞

1.守るも攻むるも黒鐵(くろがね)の
 浮かべる城(しろ)ぞ頼(たの)みなる
 浮かべるその城(しろ)日(ひ)の本(もと)の
 皇國(みくに)の四方(よも)を守(まも)るべし
 眞鐵(まがね)のその艦(ふね)日の本に
 仇(あだ)なす國(くに)を攻(せ)めよかし

2.石炭(いわき)の煙(けむり)は大洋(わだつみ)の
 龍(たつ)かとばかり靡(なび)くなり
 彈(たま)撃(う)つ響(ひび)きは雷(いかづち)の
 聲(こゑ)かとばかり響(どよ)むなり
 萬里(ばんり)の波濤(はとう)を乘り越えて
 皇國(みくに)の光(ひかり)輝かせ

関連動画

歌詞付き版


歌詞無し版


海上自衛隊東京音楽隊(JMSDF TOKYO BAND)


陸上自衛隊中央音楽隊(JGSDF CENTRAL BAND)


PRO WiND 023


エドムンド・ロス・オーケストラ(Edmundo Ros & His Orchestra)


関連タグ

行進曲 軍歌 吹奏楽 軍艦マーチ
大日本帝国海軍 帝国海軍 海上自衛隊
軍艦 戦艦 旭日旗
パチンコ パチスロ
がんがんじい - この曲の替え歌であるがんがんマーチを歌っている。
パロディウスだ! - STAGE6面のBGMが軍艦マーチで、今日もフィーバーで使われている。

外部リンク


参考文献

  • 谷村政次郎『行進曲「軍艦」百年の航跡』 大村書店 2000年4月10日初版第1刷発行

pixivに投稿された作品 pixivで「軍艦行進曲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27189

コメント