ピクシブ百科事典

パンツァーリート

ぱんつぁーりーと

「Panzerlied」とは、1933年に作られたドイツ国防軍の行進歌・軍歌。
目次[非表示]

概要

1993年6月28日、陸軍中尉のクルト・ヴィーレ(Kurt Wiehle)がケーニヒスベルクへの途上で作詞し、18世紀に作られた「Luiskalied(ルイスカの歌)」のメロディーをあてた替え歌の様な行進歌で、嵐だろうと雪だろうと、暑い日でも凍える日でもドイツ戦車は士気高く突き進む勇壮な曲となっている。

第二次世界大戦時のナチスドイツで親衛隊の歌集に収録されるなど、ドイツ国内ではそれなりの知名度を持った楽曲だったが、1965年公開のアメリカ映画「バルジ大作戦」の作中でドイツ軍戦車兵達がこの歌を合唱するシーンが挿入され、世界中に広く知られる楽曲となった。

※なお、バルジ大作戦では1番のみを繰り返して歌っている。

日本では、2006年にドイツ連邦軍の参謀総長来日の際に演奏した事がきっかけで、陸上自衛隊の音楽隊が定期に演奏するのが伝統となった。

また、エンターブレインのTVゲーム「パンツァーフロント」や、セガのTVゲームADVANCED WORLD WAR ~千年帝国の興亡~」においてドイツ軍のBGMとして使用された他、TVアニメ「ガールズ&パンツァー」にて、ドイツ軍車両を主力とする黒森峰女学園の戦車隊が進む際のBGMとして使用された。

※なお、ADVANCED WORLD WAR ~千年帝国の興亡~では間違った歌詞が使用されている。

歌詞

1.
Ob's stürmt oder schneit,
Ob die Sonne uns lacht,
Der Tag glühend heiß
Oder eiskalt die Nacht.
Bestaubt sind die Gesichter,
Doch froh ist unser Sinn,
Ist unser Sinn;
Es braust unser Panzer
Im Sturmwind dahin.

2.
Mit donnernden Motoren,
Geschwind wie der Blitz,
Dem Feinde entgegen,
Im Panzer geschützt.
Voraus den Kameraden,
Im Kampf steh'n wir allein,
Steh'n wir allein,
So stoßen wir tief
In die feindlichen Reihn.

3.
Wenn vor uns ein feindliches
Heer dann erscheint,
Wird Vollgas gegeben
Und ran an den Feind!
Was gilt denn unser Leben
Für unsres Reiches Heer?
Ja Reiches Heer?
Für Deutschland zu sterben
Ist uns höchste Ehr.

4.
Mit Sperren und Minen
Hält der Gegner uns auf,
Wir lachen darüber
Und fahren nicht drauf.
Und droh'n vor uns Geschütze,
Versteckt im gelben Sand,
Im gelben Sand,
Wir suchen uns Wege,
Die keiner sonst fand.

5.
Und läßt uns im Stich
Einst das treulose Glück,
Und kehren wir nicht mehr
Zur Heimat zurück,
Trifft uns die Todeskugel,
Ruft uns das Schicksal ab,
Ja Schicksal ab,
Dann wird uns der Panzer
Ein ehernes Grab.

関連タグ


関連リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「パンツァーリート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4396

コメント