ピクシブ百科事典

万葉集

まんにょうしゅうまたはまんようしゅう

現存する最古の和歌集。
目次[非表示]

概要

奈良時代に編纂されたとされる現存最古の和歌集。
最後に詠まれた歌が天平宝字3年(西暦759年)のものであるため、成立はそれ以降とみられる。
最終的編者は大伴家持と推定されている。

後世の古今和歌集新古今和歌集などとは異なり、国家の公的な事業として編纂されたわけではないが、編纂には天皇も関与し、準勅選的な性格をもつ和歌集とみなされている。

天皇から下級官吏、さらには東国の庶民に果ては乞食に至るまで、幅広い階層の詠み手による和歌が広く採録されているのが、以後の和歌集とも異なる特徴である。
短歌だけでなく、長歌、旋頭歌、仏足石歌体のような、後世にはマイナー化した形式の歌も含んでいる。

関連イラスト

万葉集の歌・歌人を題材にしたものだけではなく、万葉集的なイメージを借りたものもある。

射干玉の闇に揺蕩う大烏賊の勇魚の顎にぞかかりける
黄泉



関連タグ

飛鳥時代 奈良時代
和歌 歌人
額田王 大伴家持
万葉 古今和歌集 新古今和歌集
万葉線…本歌集より命名された富山県第三セクター鉄道路線。
令和平成の次の元号。本歌集第五巻の「梅花の歌」三十二首の序文「時に、初春の月にして、気淑く風らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」を典拠とした。

関連記事

親記事

和歌 わか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「万葉集」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66498

コメント