ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本で古くから発達したの形式で、いわゆる和歌の一形態。奈良時代以前の古代に歌謡から派生した。基本的に日本語定型詩であり、五・七・五・七・七の31音節を基本とする。
短歌は連歌俳諧俳句川柳狂歌といった詩を生み出す元となった。

歴史

短歌は、日本最古の歴史書である古事記にも数多く収録されている。このことから、飛鳥時代には既に短歌という形式があったことがわかる。

ただし、古事記に載せられている歌謡には、短歌以外の形式のものが多く、特に「五・七・五・七・五・七・……・五・七・五・七」と音節を続ける形式の長歌(ちょうか)が多い。短歌は、長歌がごく短くなったものと見做せる。

奈良時代ごろから、長歌の最後を「五・七・七」の形式でまとめ、さらにその内容を五・七・五・七・七の型式でまとめた「反歌(はんか)」を付けることが一般的になった。

奈良時代にまとめられた日本最古の詩集である万葉集には、4500首以上の歌が載せられ、その大半が短歌である。当時、天皇から地方の庶民までもが短歌を詠んでいたことがわかる。

平安時代から室町時代ごろまでは、和文の詩と言えば短歌が一般的であった(漢文の詩では漢詩が知られていた)が、同時期に催馬楽、今様、甚句などさまざまな歌謡が作られており、これも詩ととらえることが可能である。ただしこのような歌謡は和歌には加えられなかった。

室町中期ごろになると、上の句と下の句を別の人が読みあう「連歌」が生まれた。このうち上の句が独立したものが俳句川柳である。

明治以降も、御所歌派による題詠による作歌・風雅な趣向が主流だったが、正岡子規や与謝野鉄幹はこれを批判、自由と個性、浪漫を求める近代短歌が生まれる一方で、万葉への回帰を目指した短歌も誕生した。

短歌のうち、諧謔・皮肉・諷刺を折り込んだものを狂歌という。

関連イラスト

主に、「短歌を書いたもの」「短歌を基にした作品」「作品を基にした短歌」がある。

悠久の船旅
マナりつありまこ(仮)


リクエスト品
昨日の『平清盛』。



関連タグ

和歌  平安時代  狂歌
百人一首 小倉百人一首
万葉集 古今和歌集 新古今和歌集 サラダ記念日
紀貫之 藤原定家 正岡子規 斎藤茂吉

関連記事

親記事

和歌 わか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「短歌」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「短歌」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 923840

コメント