ピクシブ百科事典

紀貫之

きのつらゆき

日本文化に大きな影響を及ぼした平安時代の歌人。三十六歌仙の一人。

概要

平安時代前期の歌人。『古今和歌集』の選者のひとりであり、『土佐日記』の著者。紀友則は従兄弟にあたる。延喜5年(905年)、『古今和歌集』を紀友則・壬生忠岑凡河内躬恒と共に編纂し、平仮名を使った序文「仮名序」を執筆した。
『古今和歌集』の「やまとうたは人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける」で始まる仮名序や著書の『土佐日記』で、後代の文学に大きな影響を及ぼした人物として知られる。

関連タグ

和歌 百人一首

pixivに投稿された作品 pixivで「紀貫之」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11700

コメント