ピクシブ百科事典

醍醐天皇

だいごてんのう

平安時代の第60代天皇。

平安時代の第60代天皇
元慶9年1月18日(885年2月6日)~延長8年9月29日(930年10月23日)
在位、寛平9年7月13日(897年8月14日)~延長8年9月22日(930年10月16日)
宇多天皇の第一皇子。諱を敦仁といい、内大臣・藤原高藤の娘である女御・胤子を母として生まれ、親王宣下ののち、寛平5年(893年)立太子した。

寛平9年7月13日、父・宇多天皇から譲位される際『寛平御遺誡』を賦与され、左大臣・近衛左大将・藤原時平、右大臣・近衛右大将・菅原道真を引き続き重用することを条件に即位、父帝の側近である藤原時平菅原道真に政務を任せ、儀式の整備や格式及び国史の編纂、地方政治の振興など一連の政治的文化的政治改革が遂行された。その治世は34年も長く続き、摂関を置かない親政を行ったため、後世、村上天皇の治世と併せて「延喜・天暦の治」と称えられた。また、天皇は延喜14年(914年)三善清行が提出した意見書・『意見封事十二箇条』に代表されるように官人に対して国政に関する意見封事を行わしめている。(笠原英彦『歴代天皇総覧』)

昌泰4年(899年)1月25日、宇多上皇の信頼厚い道真を時平ら藤原氏の讒言を聞き入れて太宰権帥に左遷、『政事要略』巻二十二には、左遷の際の宣命が載せられているが、これによれば「道真は分をわきまえず、専権の心があり、宇多上皇を欺いて天皇の廃立を企てた」とされている。道真に対する処罰を知った宇多上皇は処分の撤回を申し入れようと御所の門前に立ち、終日庭に座して開門を侍ったが、天皇は上皇に会うことなく道真を太宰府へと左遷、政敵を葬った時平の権勢はいよいよ増していった。
延喜3年(903年)2月、大宰府で道真が死去すると、都では異変が立て続けに起こった。
雷鳴が轟いたと思いきや、多くの死者が発生する事件が起こった。さらに、皇子女の早世が相次ぎ、時平も39歳の若さで早世、これを怨霊となった道真の祟りと恐れて慰霊に努めたが、延喜23年(923年)には皇太子・保明親王が21歳で薨去、朝廷は道真を右大臣に復し、正二位を贈位、昌泰4年の左遷を命じた尚書も破棄したが、延長8年(930年)、清涼殿に落雷し藤原清貫が死亡、後に体調を崩して、9月22日、崩御した。

死後も道真の祟りに悩まされたと見なされていたようで、真言系修道僧日蔵「日蔵夢記」によれば、天神(道真)の恨みで衆生が苦しむ原因を作った罪で近臣と共に地獄に堕ちて苦しんでいたと伝わる(田中聡『妖怪と怨霊の日本史』)。

関連タグ

天皇 平安時代 菅原道真

あまり関係のないタグ

後醍醐天皇

pixivに投稿された作品 pixivで「醍醐天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1129

コメント