ピクシブ百科事典

坂上宝剣

さかのうえのたからのつるぎ

朝廷守護の御剣。
目次[非表示]

坂上宝剣は、日本の天皇(朝廷)に相伝される太刀。田村将軍剣敦実親王剣とも。

現在は所在不明とされている。

概要

『公衡公記(昭訓門院御産愚記)』乾元二年五月九日とその裏書には坂上宝剣についての詳細な記述が残されている。
公衡公記によると刀身の両面には“上上上 不得他家是以為誓謹思”“坂家宝剣守君是以為名”と金象嵌で銘が刻まれていたという。坂家とは坂上氏の事を指す。
また鯰尾の剣であり、拵えは鮫柄・銀の鐔・平鞘・白銀の責・石付、黒地に胡人狩猟図を金に蒔くとある。

関連する出来事

平安時代征夷大将軍坂上田村麻呂の死を惜しんだ嵯峨天皇が自ら、田村麻呂の遺品の刀剣の中から一振りを選び、それを御府(内裏)に納めたものが坂上宝剣という。
また、別説では宮中にあった大陸より伝わった御剣を坂上田村麻呂に下賜したものに、田村麻呂が自ら銘を入れて天皇(朝廷)を守る護身剣としていたものを、田村麻呂の死後に子孫が皇室へと献上したものが坂上宝剣であるともされる。

『富家語』『古事談』『古今著聞集』など談話集に坂上宝剣についての記述がある。
平安時代、醍醐天皇が延喜の野行幸に出かけた際に、腰興の御剣として坂上宝剣を持ち出されたという。
しかし鞘の石突きを落とし無くなっていたことに気付いた醍醐天皇は「皇室伝来の御剣であるのに」と嘆き哀しんだ。
しかし、天皇が岡の上から辺りを見渡すと、行幸に随行する犬が石突きをくわえて持ってきたため鞘は元に戻り、天皇は大いに喜ばれたという。

この御剣は醍醐天皇と同母弟の敦実親王に渡ると、敦実親王は自らの佩刀とした。
このころ京では清涼殿落雷事件があり、菅原道真の怨霊騒動があった。御剣は雷鳴が轟くと独りでに鞘走るという霊威を示し、親王を守護しようとした。
天皇に相伝される太刀として霊威を示した坂上宝剣を、敦実親王は特別な思いで片時も手放さなかったため、周囲の人々は御剣に近付くことも出来なかったという。

敦実親王以降、親王と藤原時平の娘との間に生まれた子である源雅信から、その娘の源倫子を正室とした藤原道長を経て藤原頼通藤原師実へ伝えられたものと考えられる。

白河法王が敦実親王の佩刀の霊威を知り、それを所有する藤原師実は法王のお召しにより御剣を献上した。
師実が所有する頃には雷鳴に呼応することはなくなっていたというが、それでも師実は剣を畏れて自ら抜くことはなかったという。
しかし、白河法王に御剣を献上する以前に、師実の孫である藤原忠実がまだ若い頃に、御剣を不審がって人に抜かせたところ、御剣の峰寄りに金象嵌で坂上宝剣と銘があったという。
再び皇室御剣として天皇に相伝され鳥羽天皇に伝来し、勝光明院の宝蔵に所蔵されたのではと語られる。

鎌倉時代には、後嵯峨法王は院政をしながら後深草天皇を上皇とし、その弟の亀山天皇に即位させた。
しかも後深草上皇には熙仁親王(のちの伏見天皇)がいたが、亀山天皇の世仁親王(のちの後宇多天皇)を二歳でありながら皇太子とした。
後嵯峨法王は亀山天皇を寵愛し、亀山天皇の系統に皇位が受け継がれることを強く望んでいたという。
その後嵯峨法王が亡くなられる直前に、朝廷守護の宝剣として坂上田村麻呂から伝来した田村麻呂将軍の御佩刀を内裏に奉られ、法王の意向により、そのまま亀山天皇へと伝えられた。
この事には後深草上皇の母である大宮院も関与していたため、後深草上皇はこの事を悲しみ、太上天皇の尊号を返上して仏門へ入る決心をした。
また、この事を知った執権北条泰時は後深草上皇に同情したという。
これが南北朝時代へと移り変わる最初の出来事となっていく。

壺切御剣との関係

皇太子(東宮)に相伝される太刀・壺切御剣と同じくレガリア性を持つ点で、両御剣は関連性のある位置付けである。

承久の乱で所在を失っていた壺切御剣(二代目)を、久仁親王(のちの後深草天皇)の立太子に際して壺切御剣(三代目)を新鋳し伝授した。
しかし恒仁親王(のちの亀山天皇)の立太子に際して、勝光明院の宝蔵から二代目の壺切御剣が見付かったため、後深草の三代目の壺切御剣は廃された。
坂上宝剣と壺切御剣は奇しくも、後嵯峨から後深草を越えて亀山に伝えられた事で、その後の皇位継承に影響を与えている。

黒漆剣との関係

鞍馬寺黒漆剣が坂上宝剣ではないかという説がある。

ただし、黒漆剣は田村麻呂が自ら鞍馬寺に奉納したという言い伝えが残り、坂上宝剣の来歴とは大きく異なり、黒漆剣の刀身には『昭訓門院御産愚記』で語られる金像嵌の銘がなく、黒漆剣を坂上宝剣とするには矛盾する。

このため黒漆剣を坂上宝剣とするのは明確に否定される。

関連タグ

刀剣

コメント