ピクシブ百科事典

小野篁

おののたかむら

平安時代の歌人公卿。
目次[非表示]


概要

延暦21年(802年)~仁寿2年12月22日(853年2月3日)
平安時代にいた貴族・歌人・学者。「野相公」「野宰相」「野狂」の異名を持つ。
「野生」や「野良犬」の「野」からといわれる。小野妹子の子孫で、小野小町の親戚と言われ、孫に小野道風がいる。歌人として漢詩和歌の才に秀で、百人一首11番に彼の歌が選ばれている。法律にも明るく、政務の方面でも優秀だった。反骨精神の強い捻くれた点があったが、金銭に関して淡白で、友人に分け与えていた為、貧乏だったという。

若い頃は父に従って陸奥国に赴いて弓馬を得意とした。嵯峨天皇の言葉に触れて学業に励み、弘仁13年(822年)に文章生となり、官職を歴任して出世していく。
承和元年(834年)に遣唐副使に任ぜられるが、承和5年(838年)の正使藤原常嗣の専断に怒って、仮病で乗船を拒否。

さらに朝廷に対する風刺の詩を作り、嵯峨上皇の怒りを買ってしまい、官位を剥奪されて隠岐に島流しにされた。承和7年(840年)2月に許されて帰京・本位に復した。

その後も蔵人頭や左中弁と要職を歴任し、承和14年(847年)には参議として公卿に列した。
仁寿2年12月(853年1月)に従三位に叙せられたが、間も無くして亡くなった。
亡くなった時の身長はおよそ180cmの巨漢であったと伝えられる。

代表作

わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟
(参議篁(『百人一首』11番)

伝説

『宇治拾遺物語』には嵯峨天皇の頃、「無悪善」という落書きを「悪(さが=嵯峨)無くば善けん」(「嵯峨帝がいなければ良いのに」という意味)と読み、嵯峨帝は篁自身が書いた者だと怒り、「子子子子子子子子子子子子」の読み方を解けというなぞなぞを出したが、これを篁は「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」と読み解いてみせ事なきを得たという。(各天皇の号はその天皇の死後に送られるので嵯峨帝の生前にこれはありえない)

篁は夜毎井戸を通って地獄の閻魔庁に赴き、閻魔大王の下で裁判の補佐官を務めていたという伝説がある。愛欲に満ちた『源氏物語』を書いて地獄に落された紫式部をとりなしたり、『今昔物語集』には病死して閻魔庁に来た藤原良相を篁のとりなしで蘇生し、朝廷の皆には内緒だよ☆と述べたという伝説もある。
現在でも使われたという井戸は京都嵯峨の福生寺と東山の六道珍皇寺にある。

関連タグ

平安時代
和歌 百人一首
地獄 閻魔大王

pixivに投稿された作品 pixivで「小野篁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1068601

コメント