ピクシブ百科事典

麗日お茶子

うららかおちゃこ

「麗日お茶子」とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「私の“個性”ごめんね勝手に、でも転んじゃうと縁起悪いもんね。」
「でも「デク」って…「頑張れ‼︎」って感じで なんか好きだ私。」
「退くなんて選択肢無いから!」

プロフィール

クラス雄英高校1年A組5番 (ヒーロー科)
個性無重力(ゼログラビティ)
出身校露座柳(ろざりゅう)中学校
誕生日12月27日 (15)
身長156cm
血液型B型
出身地三重県
好きなもの星空和食
ヒーローネーム《ウラビティ》
CV佐倉綾音


概要

本作のヒロイン雄英高校ヒーロー科の生徒であり、緑谷出久のクラスメイトの一人。
赤いほっぺたと前髪の両端が長いショートボブの髪型が特徴。
雄英高校入試会場で初めて緑谷出久と出会い、入学後は仲の良い友人となる。

人物像

朗らかで裏表がない性格。笑顔が素敵な女の子。
言葉遣いは天然気味でかなりざっくりしており、その場その場で感じたことを反射的に口に出すことが多い。また、普段は標準語で話しているが、出身地の関係でふとした拍子に関西弁が出る。

憧れのヒーローは災害救助で活躍するスペースヒーロー・13号
強敵相手にも臆さず立ち向かっていく男勝りなところもあるが、峰田の覗きに困り顔をしたり、恋愛話で顔を真っ赤にして慌てるところなどはとても女の子らしい。
落ち込みやすいが気持ちの切り替えは早く、つらい出来事があっても人前では暗い姿を見せない健気な一面も。

ヒーローネームは『ウラビティ』。
『gravity』(重力)から『G』(重力の単位記号)を外して頭文字の『U』を付けており、そのまま自分の名前『麗(うら)+日(び)+茶(ティー)』の読み替えになっている。以前から考えてあったと言うだけあって、かなり凝ったネーミングである。


出久達とは時には仲間として助け合い、時にはライバルとして切磋琢磨する関係。
男子では出久と飯田、女子では梅雨ちゃんと特に仲が良い。持ち前のうららかさと分け隔てない人当たりの良さで、基本的に誰とでも仲良くできる様子。ノリも良く、芦戸上鳴等のウェイ系とも盛り上がれる。爆豪にも普通に話しかけるが、無自覚に地雷を踏んだため警戒されている。また、距離感の掴みづらい発目のことは苦手そうにしている。

彼女の実家は関西にあり、仕事の少ない零細な建設会社を経営している。
そのため、雄英が寮制になるまでは一人暮らしをしており、単行本おまけページでは彼女の涙ぐましい節約生活の模様が収録されている。コミカルな描かれ方だが、生活は結構真面目に苦しかったらしく、初めて寮に立ち入った際には「豪邸やないかい」と思わず眩暈を起こしていた。
また、他の生徒が当然のようにスマートフォンを所持している中で一人ガラケー派なのも金銭面の事情からくるものと推察される(しかもあちこち塗装がハゲているなど相当使い込まれている)。

子供のころから人の喜ぶ顔を見るのが好きで、彼女がヒーローを目指した切っ掛けは、ヒーローが人々を笑顔にする姿に憧れたこと。
一度は自分の個性が親の仕事に役立つと思い、実家に就職することも考えたが、両親からは「自分の夢をかなえてくれた方が何倍も嬉しい」と言われたため、将来は両親に楽をさせてあげるためにも必ずヒーローになってお金を稼ぐと心に決めている。


出久との関係

出久とはクラス内でも行動を共にすることが多く、彼に対しては、幼い頃に爆豪から付けられたあだ名のまま「デクくん」と呼んでいる。
これは入学初日に「馬鹿にした呼び方」だと自分を卑下した出久に対して、彼女はこの呼び方を「『頑張れ!』って感じ好きだ」と好意的に受け止めたため。
出久とってこの言葉は、今までの自分では思いもよらなかった発想(本人曰く「コペルニクス的転回」)であり、小心者の出久が自分に自信を持つひとつの切っ掛けになった。その意味では、彼女は出久のヒーローネームの名付け親でもある。

入学以来、夢に向かってひた走る出久の姿を間近で見続けてきた。訓練などで度々チームを組んでいることもあって、出久の能力には仲間として高い信頼を寄せている。チームメイトとして出久に作戦を求めたり、窮地の際には「デクくんならこんなときどうするか」と考えてみる場面も。
しかし1学期の期末試験の際に、青山から「彼(出久)のこと好きなの?」とダイレクトに問われて以来、出久のことを「異性として意識しているのか」と思い悩むようになってしまう。
訓練の日々の中で、出久に他の女子が近付くのを見て心がザワつくようになり、頭では否定しつつも出久が視界に入れば思わず見惚れてしまうなど、無意識下でも出久への想いは日に日に募っている。その際の演出はまるでここだけ少女漫画かと見紛うほど。
そして、仮免許試験の際に自分の恋心を自覚し、同時に自分が出久の「夢に向かって一心に頑張る姿」に惹かれていたことを再確認する。だからこそ、自分の夢のため、そして出久の足を引っ張らないために、彼女は当面その感情を心の中にしまっておく事を決意した。

個性

(=ↀωↀ=)✧



個性は『無重力(ゼログラビティ)』。触れた物の重さをゼロにして、宙に浮かせることができる。
両手の指にはなんと肉球がついており、肉球部分で対象に触れる事で個性が発動する。解除の際は手を合わせるように両手の肉球を重ね合わせる。
指先で触れる事が個性発動のトリガーのため、暴発を防ぐために日常生活でも色々な工夫をしている。箸やお茶碗、バスの手摺りの持ち方が非常に独特。また、就寝時はミトンをつけている。

効果対象の数や重さ等に許容値(約3t)が存在し、キャパシティをオーバーすると体の平衡感覚を失ってしまうという弱点がある。
許容値を超えた重量を浮かせ続けると、立つこともままならなくなり、その状態で更に個性を使い続けると最終的に酔いに耐え切れなくなって吐く。尚、物を浮かせるのと同じ要領で自分自身を浮かせることも可能だが、他の物を浮かせるより体への負担が大きいためすぐに吐く
しかし訓練を重ねることでこの負担は軽減されるらしく、現在は許容上限の向上と共に、空中浮遊を自身の必殺技として磨いている。

ヒーローコスチュームは、個性の使用による酔いを抑えるため首や手首にある酔いを抑えるツボ押し機能付きである。
だが被服控除のコスチューム要請の際、彼女はこの機能しか要望していなかったためデザインがお任せ扱いとなり、制作会社側の独自の判断でパツパツスーツになってしまったヒーロー科最高
ちなみに余談だが、このヒーロースーツは設定上、爆豪のコスチュームと同じ製作者がデザインを担当している。胸元に2つの黒いボタンが付いているが、これはその人物の作品であることを示すロゴマークのようなもの。爆豪のコスチュームにも左胸に同じ意匠が備え付けられている。

戦闘能力

個性と並ぶ麗日お茶子のもう一つの代名詞。それが『ガンヘッド・マーシャル・アーツ』である。
ガンヘッドマーシャルアーツ(G.M.A)とは、すなわちプロヒーロー「ガンヘッド」の編み出した対ヴィラン格闘術のこと。
雄英体育祭での爆豪戦の反省を踏まえ、将来を見越して戦闘能力を磨くことを決めたお茶子。
そのために手っ取り早く実戦的な格闘技を身に着けることを考え、体育祭の後には、武闘派と名高いバトルヒーロー・ガンヘッドのヒーロー事務所へと職場体験に赴いた。
訓練の全容は不明だが、この職場体験は彼女曰く「とても有意義だった」ようで、後に学校へと戻ってきた彼女はまるで別人のようなオーラを身にまとっていた。

生まれ変わった彼女の力はその後の1学期の期末試験で早速披露された。実技試験では青山優雅とのコンビで憧れの13号との直接対決し、虚を突いて13号を拘束することに成功する。
その後も度々実戦で格闘技術を活用しており、トガヒミコオーバーホールなど錚々たる面々をG.M.Aによって地に沈めている。
彼女は元々女子としては身体能力が高い方であり、どうやら性格的にもかなり相性が良かったらしい。現在の彼女はまさに紛うことなき武闘派ヒロインへと成長を遂げた。

ガンヘッド・マーシャル・アーツ



※画像はイメージです

なお、基本的に戦闘を得意とするヒーローは、体そのものが武器である場合(切島など)、あるいは個性が戦闘向きである場合(爆豪やエンデヴァーなど)の大きく2つのパターンに分けられる。その中で彼女の個性は比較的後者寄りであり、生物・無生物問わず発動する無重力は、戦闘への様々な応用が考えられる。
現時点では戦闘はほぼG.M.Aのみで戦い、個性はあくまでもサポート手段として使っているお茶子だが、今後次第では更なる成長のポテンシャルを彼女は秘めているのかもしれない。
今日もどこかでウラビティのこぶしが唸る。

僕のヒーローアカデミアすまっしゅ

真面目な飯田とは異なる天然気質のボケ担当。
考える前に口が先に出るタイプで、無自覚に毒を投下する。本編ではしっかり者だが、家では年相応に両親恋しさからホームシックになることもある。
男同士の戦いを見るのが好きで戦闘に参加せず傍観の立場をとったことで出久を驚かせるなど熱血フェチのミッドナイトと似ている

実はやることが無骨。花見では食事係を担当すると塩おにぎりのみを提供し、あの爆豪が一部をリメイクして作り直した程。
貧乏キャラに拍車がかかっている。

関連イラスト

おちゃこ
お茶子ちゃんかわいい


ブレークタイム・ウラビティ



関連タグ

僕のヒーローアカデミア 
無重力 ゲロイン
緑谷出久 飯田天哉 蛙吹梅雨
爆豪勝己 トガヒミコ 発目明

カップリング
出茶 勝茶

pixivに投稿された作品 pixivで「麗日お茶子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30017625

コメント