ピクシブ百科事典

麗日お茶子

うららかおちゃこ

「麗日お茶子」とは、『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「私の“個性”ごめんね勝手に、でも転んじゃうと縁起悪いもんね」
「でも「デク」って…「頑張れ!!」って感じで なんか好きだ私」

プロフィール

クラス雄英高校1年A組5番 (ヒーロー科)
個性無重力(ゼログラビティ)
出身校露座柳(ろざりゅう)中学校
誕生日12月27日 (15)
身長156cm
血液型B型
出身地三重県
好きなもの星空和食
ヒーローネーム《ウラビティ》
CV佐倉綾音


概要

本作のメインヒロイン。前髪の両端が長い茶髪のショートボブが特徴で、笑顔が素敵な天然系の女の子。
雄英高校入試会場の入口で初めて緑谷出久と出会い、その後の実践テストでも同じ会場で受験し、入学後もクラスメイトになったりと何かと縁がある。

人物像

基本はほんわかとしているが、出久を「地味めの!」と表現したり、飯田委員長をやりたいのを「メガネだし!」と言うかなりざっくりしている(作者曰く裏表がない)性格。ざっくり発言にも悪意はないようで、相手を貶したり罵倒したりすることはない。
出久と爆豪の関係を「男の因縁」と評するなど女子でありながら熱血系のノリに理解がある。
強敵相手にも食らいついていく男前な一面もあるが、峰田の覗きに怒らず困り顔をしたり、恋話で顔を真っ赤にして慌てるなど、女の子らしい情緒も強い。
好きな食べ物はおもち
普段は標準語で話しているが、出身地の関係でふとした拍子に関西弁が出る。
中間筆記試験のクラス内順位は13。

男子では出久と飯田、女子では梅雨ちゃんと特に仲が良い。持ち前のうららかさと分け隔てない人当たりの良さで、基本的に誰とでも仲良くできる様子。ノリも良く、芦戸上鳴等のウェイ系とも盛り上がれる。爆豪にも臆せず話しかけるが地雷を踏んで警戒されている。発目のことは苦手そうにしている。

ヒーローを目指す理由は、極端に言えば「お金のため」。
彼女の実家は仕事の少ない零細な建設会社でかなり貧乏。幼少期に自身の個性が仕事に役立つと思い実家に就職することを提案したのだが、父親はやんわりと断って「自分の夢をかなえてくれた方が何倍も嬉しい」と語った事から、絶対ヒーローになってお金を稼ぎ、両親に楽をさせてやると決めている。
そのため、寮生になるまでの一人暮らし生活は結構苦しかった模様。節約のために絶食することもあり、初めて寮に立ち入った際には「豪邸やないかい」と眩暈を起こしていた。
また、他の生徒が当然のようにスマートフォンを所持している中で一人ガラケー派なのも金銭面の事情からくるものと推察される(しかもあちこち塗装がハゲているなど相当使い込まれている)。
しかしお金を稼ぐためと言いながらもわざわざ激務のヒーローを志していることから、ヒーローになるという夢はお茶子にとって大切だと思われる。

出久に対しては、幼い頃に爆豪から付けられた蔑称である「デク」という呼び名をそのまま使っているが、冒頭に書かれているセリフのような理由から、蔑称とは異なる意味で緑谷のことをデクくんと呼ぶようになる。これを出久は「コペルニクス的転回」と評して大変感銘を受けており、後々ヒーローネームにも採用する事になる。
自分のヒーローネームは以前から考えてあったらしい。
実際どの様に考えられたかは描かれてないが麗(うら)+日(び)+茶(ティー),gravity(重力)からG(重力,または重力加速度の略字)を取って自身の名前の頭文字Uを当てた、個性を使われたものはどこにも引き付けられない・則ちuni-(単一の)ものになるからそこからUを取ってつけた等予測されている。

憧れのヒーローは災害時にめざましい活躍を誇っているスペースヒーロー「13号」であり、彼の話を聞く際にはとてつもない速さで相槌を打つ程の憧れっぷりである。
期末実技試験では青山優雅とのコンビで13号との直接対決を行い、見事に課題をクリアした。…が、勝ち方が「試験だったから勝てた」側面の強い方法であったため、相澤先生からは「赤点ギリギリ」と評されている。

最終的には13号のようなヒーローになりたいと思っているが「やりたい方だけ向いていても見聞狭まる!」と、職場体験先にバトルヒーロー・ガンヘッドの事務所を選択。とても有意義だったらしく、まるで別人のように肉弾戦に目覚めた。そのおかげで強化合宿の敵連合襲撃の際、刃物を持ったトガヒミコ相手に近接格闘術で形勢を有利に運ぶことが出来た。しかし、彼女のただならぬ狂気に押されその隙に血液を採取されてしまう。

期末試験の際に青山から「彼(出久)のこと好きなの?」とダイレクトに問われて以来出久のことを「異性として意識しているのかそうでないのか」と思い悩んでおり、必殺技訓練の日々の中で、出久に他の女子が近付くのを見て心がザワつくようになり、芦戸に「恋だ」と指摘され露骨に狼狽した。口では否定しつつも出久が視界に入れば見惚れてしまうなど、無意識下でも出久への想いは日に日に募っている。その際の演出はまるでここだけ少女漫画かと見紛うほど。
そして、仮免許試験の2次試験の際に自身の恋心を自覚するが、同時に出久の足を引っ張らないために当面隠していく事を決意する。

個性

個性は『無重力(ゼログラビティ)』。触れたものの引力を無効化にする事ができる。
但し、効果対象の数や重さ等に許容値(現時点では約3tまで)が存在し、キャパオーバーすると使用している本人が激しく酔ってしまうという弱点がある。
その為彼女は個性の使用による酔いで何度か吐いたことがある。

尚、自身を浮かせられることも可能であるが、他の物を浮かせるより負担が大きい。使うとすぐ吐いていたが、訓練を重ねることでこの負担は軽減されるらしく、現在は必殺技として磨いている。
両手の指にはなんと肉球がついており、それを触れさせる事で個性が発動する。
また、解除の際は手を合わせるように両手の肉球をあわせる必要がある。
ようは指先で触れる事が個性発動のトリガーのため、暴発を防ぐために、箸やお茶碗、バスの手摺りの持ち方が非常に独特である。就寝時はミトンをつけている。

ヒーローコスチュームは、個性の使用による酔いを抑えるため首や手首にある酔いを抑えるツボ押し機能付きである。
だが被服控除のコスチューム要請の際、彼女はこの機能しか要望していなかったためデザインがお任せ扱いとなり、制作会社側の独自の判断でパツパツスーツになってしまったヒーロー科最高

僕のヒーローアカデミアすまっしゅ

真面目な飯田とは異なる天然気質のボケ担当。
考える前に口が先に出るタイプで、無自覚に毒を投下する。本編ではしっかり者だが、家では年相応に両親恋しさからホームシックになることもある。
男同士の戦いを見るのが好きで戦闘に参加せず傍観の立場をとったことで出久を驚かせるなど熱血フェチのミッドナイトと似ている

実はやることが無骨。花見では食事係を担当すると塩おにぎりのみを提供し、あの爆豪が一部をリメイクして作り直した程。
貧乏キャラに拍車がかかっている。

関連イラスト

おちゃこ
お茶子ちゃんかわいい


ブレークタイム・ウラビティ



関連タグ

僕のヒーローアカデミア 
無重力 ゲロイン
緑谷出久 飯田天哉 蛙吹梅雨
爆豪勝己 トガヒミコ 発目明

pixivに投稿された作品 pixivで「麗日お茶子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10630702

コメント