ピクシブ百科事典

火事場の馬鹿力

かじばのばかぢから

私の本気を見るのです!

概要

危険危機が差し迫った状況発揮される、普段は出せないような本気の力・能力のこと。

人間に限らず全ての動物は、全力を出すと筋肉や神経系に大きな負担が掛かるため、筋肉痛になったり、身体を痛めたりしてしまう。酷い場合は筋肉やが切れたり自分の筋力骨折したりするなどして、体が破綻してしまう。

そういったことが起きないよう、普段は100%の力を発揮しないように、脳が無意識のうちに身体にリミッターを掛けているのである。

だが、火事や事故など、非常事態が起きた場合は、極度の緊張や興奮によってこのリミッターが解除されることがある。この時、無意識的に「普段以上のパワーを出せる」感覚に陥り、本来出せる力が完全に解放される。これが「火事場の馬鹿力」である。
この「力」は物理的なパワーだけでなく、人や状況によっては「時間の流れが遅く(あるいは止まったように)感じる」「苦痛や疲労を感じなくなる」といった方向で現れることもある。

ただし、いずれの場合も身体にかかる負荷は(個人差はあるものの)軒並み大きく、危険を回避したり危機から逃れるなどで脳が「安心」してしまうと、途端にツケが跳ね返ってくる。
上述の通り、身体が破綻してしまわないように抑制しているリミッターを解除してしまうのだから、(行動如何にもよるが)その代償は大抵の場合大きいものとなり、最悪の場合死に至る
戦争漫画やバトル漫画などでよく見られる「戦闘中に獅子奮迅の活躍をしていた者が、敵を殲滅した瞬間に盛大にブッ倒れる」「死闘を繰り広げていた者が、決着と同時に真っ白に燃え尽きる」などはいい例だろう。

…そう、真面目な意味で「身体は正直」なのである。


ちなみに、火事場のクソ力とは類似系の能力であるが、極端な現象は漫画の中の能力なので注意。
実際は1.3倍程度が限界であり、仮に「私は常にリミッターを全開に出来る」などというヤツがいたとしても、現実世界ではデコピンで人間を吹き飛ばしたり電車を素手で止めたりできるようにはならない(なったとしたら指や腕が消し飛ぶ)。

火事場の馬鹿力を活用する創作の例

キン肉マン
だから違うと言っているだろう。

秘密戦隊ゴレンジャー
ゴレンジャースーツを着用することで、変身者は常時火事場の馬鹿力が出せるようになる。

名探偵コナン
キック力増強シューズを履くことで一時的にリミッターを完全解除可能。ただ靴の強度は普通なので硬い物を蹴ると足を悪くしかねない。

デュラララ!
主要人物の一人、平和島静雄は特異体質の持ち主であり、任意で火事場の馬鹿力を出すことが可能。彼自身短気なため幼少期からこの体質を暴発させては入院を繰り返してきたため、しまいには通常状態でオリンピック選手の全力を超えるほどの超絶怪力野郎になってしまった。

これはゾンビですか?
主人公の相川歩ゾンビであり、自力で火事場の馬鹿力を出せる。勿論、既に死んでいるため静雄のように再生を繰り返して強化ということはできない。

NARUTO
木の葉の里に伝わる『体術(忍者組手とも)』の中に、肉体のリミッターを意図的に外して運動性能を爆上げする秘術『八門遁甲』がある。

サイタマ
常に格上の怪人達と命懸けで戦い続けた結果、生物のリミッターが外れる形で、驚異的な実力を手に入れるに至った。ほぼ火事場の馬鹿力に近い。

pixivに投稿された作品 pixivで「火事場の馬鹿力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24308

コメント