ピクシブ百科事典

ガンダム・フレーム

がんだむふれーむ

ガンダム・フレームとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツ用インナー・フレームである。
目次[非表示]

概要

厄祭戦末期にギャラルホルンの前身となった組織によって開発されたモビルスーツ用インナー・フレーム。開発したのはアグニカ・カイエルの父。

胸部に専用設計されたエイハブ・リアクターを二基搭載し、これを並列稼働させる事で高出力を得る「ツイン・リアクターシステム」を採用しているが、リアクターを並列稼働させる事は厄祭戦当時の技術力を持ってしても困難であった為、ロールアウトしたフレーム数は72機のみと少ない。
建造されたフレームをベースにソロモン72柱の名を冠するガンダムが開発され、個別のコンセプトに特化した機体が対モビルアーマー戦などに投入され、厄祭戦を終結に導いた。

厄祭戦時代当時のモビルスーツの特徴として機体制御には阿頼耶識システムを介した機体との交感を必要とし、これによってパイロットの空間認識能力を高め、高い反応性と、プログラムに頼らない生身の身体に近い姿勢制御が可能となる代物である。
モビルアーマー戦では機体側の判断によってリアクターの出力が上昇する一方、脳への過度な情報の流入を避ける為にリミッターが作動し、双方のシステムが競合してしまう不具合も発生するが、阿頼耶識側のリミッターを解除した際の戦闘能力は、悪魔そのものと言っても過言ではない。
実際、三日月・オーガスガンダムバルバトスは、このリミッター制限の解除によって多大な戦果を上げている。

戦後はツインリアクターの信頼性の問題や、機体の整備性、阿頼耶識システムの非人道性といった問題点から、次期主力機開発母体選定の際にヴァルキュリア・フレーム(後のグレイズ・フレーム)に敗北し、直接的な後継機は製造されていない。

戦後、72機の殆どは撃墜や解体処分によって失われたが、一部資料によると26機ほどが何らかの形で残存しているとされる。
当時の資料は実機を含めて極めて少なく、一部マニアからは「幻の機体」とも呼ばれているが、現存する機体の殆どは各勢力の手に渡っており、ガンダム・バルバトスのように古戦場に放置されていた機体や、ガンダム・グシオンのように運用する組織によって大規模な改修を施された機体も存在する。そのため、当時のまま現存しているのはガンダム・キマリス等のギャラルホルンが管理している機体が殆どである。
また、ガンダム・フレームをベースに開発された機体は基礎フレームこそ共通しているが、運用コンセプトによってその外見は大きく異なっており、ガンダム・アスタロトのエイハブ粒子供給用ケーブルやガンダム・キマリストルーパーのマルチスロットアクセラレーターのようにフレーム自体に手を加えた例もあった。

戦後世代のモビルスーツと比較した場合、基礎設計は旧式のため骨董品と揶揄される場合もある(グレイズ・フレームと比較すると工業製品として洗練されておらず、自動車に置き換えた場合グレイズ・フレームは様々な機能が付与されたエコカー、対してガンダム・フレームはクラシカルな大排気量スポーツカーにそれぞれ例えられる)が、二基のエイハブ・リアクターによる高出力と阿頼耶識による空間認識能力の拡大及び反応速度の向上は、現行のモビルスーツに対しても大きなアドバンテージとして機能している。また厄災戦時代の技術の全てを現行の技術で再現する事が困難な為、新たにガンダム・フレームを製造する事はほぼ不可能な状態となっている。

なお、厄祭戦後の時代に於いては阿頼耶識システムが成長期の子供にしか施術出来ない非合法な物として認識されている事もあり、機体を保有する組織がこれを運用する場合はインターフェースを換装する場合も見られる。

主なガンダム・フレーム採用機

開発ナンバー機体名
01ガンダム・バエル
08
11
29
47
56ガンダム・グレモリー
64
66
71ガンダム・ダンタリオン


余談

ガンダム・フレームのデザインは鷲尾直広の手によるものだが、デザイン自体は篠原保によって描かれたコンペ用の画稿が下敷きになっている。当初の篠原の画稿では一体のモビルスーツとして描かれていたのを、監督の長井龍雪がそのデザインを気に入り、鷲尾の手によってモビルスーツ用インナー・フレームとしてリファインされた。
また、今作のガンダムは「ガンダム・フレームを採用している機体」と言う定義がなされている事から、例えどんな外装を施されていようと物語中ではガンダムとして認識されている。
また、少なくともアスタロト及びそれ以降の機体は強力な一芸を有する者が多く(アスタロト:γナノラミネートソード、フラウロス:ギャラクシーキャノン、グレモリー:ナノラミネートコート、キマリス:有人操縦型ダインスレイヴとでもいうべき大推力とマルチスロットアクセラレーター、ダンタリオン:各種追加装備との合体機能)、MA戦において極めて有利に事を運べたことは想像に難くない。

なお、72機建造されたという設定は前述のとおりソロモン72柱から取られているが、ソロモンの悪魔の名を冠するガンダムは過去の作品にも登場しており、何かしらグシオンやキマリスの様に化け物染みた外装あるいはバルバトスの様に驚異的な性能を誇る事が多い。
主に、「機動新世紀ガンダムX」のガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロン、「機動戦士ガンダムUCMSV」のユニコーンガンダム3号機フェネクス、「SDガンダムGジェネレーション」シリーズのガンダムベルフェゴールハルファスガンダムフェニックスガンダムバルバトスなどが挙げられる。
この内、バルバトスについては完全に同名、アシュタロン/アスタロトについては異なる名称だが由来が同じである。

前述の通り、作中世界には26機分のフレームが残存しているとされるが、これが「現存していると確認された機体数」なのか「戦没・解体処分等の理由で失われたという記録が残っていない機体の数」なのかは不明(前者の場合は劇中で初めて発掘されたフラウロスの例もある事から未確認機が26機以上存在する可能性もある。ただし劇中の描写から見ればギャラルホルンがCGSの基地内にバルバトスが存在している事を把握していなかった為、後者の可能性が高い)。
アニメ版終了の時点で登場したのは(バージョン違いを除き)バエル、バルバトス、グシオン、アスタロト、ウヴァル、グレモリー、フラウロス、キマリスのみであり、半ば番外の機体であるダンタリオンを含めても9機(存在のみが語られているセーレも含めれば10機)しか登場していない(「バエルの間」にはセブンスターズ各家のガンダム・フレームも安置されているらしいので未登場機の内、キマリスを除く最大六機はギャラルホルン保有が確定している)。

pixivでは

凶暴な愛馬(改)
GUNDAM HALPHAS


「72機の内半数以上が喪失し、残存するとされる26機もほとんどが行方不明」、この設定は多くの視聴者・ファン・モデラーの心を掴んでおり、空席となった場所のガンダムを創作するにまで至りpixivでも多数の作品がアップされている。
タグ検索の際は本タグとともに「オリガン」と合わせて探すと良いだろう。
殆どは作成者のオリジナルが多いものの、過去の作品に登場したものをガンダム・フレーム化すると言った作品も存在する。

関連イラスト

ガンダムフレーム
ガンダム・フレーム



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ月鋼
モビルスーツ

ムーバブルフレーム ゼロフレーム ガンダムアストレイ:世界観が異なるガンダム作品の技術ではあるが、構造的にはガンダム・フレームと似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダム・フレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203378

コメント