ピクシブ百科事典

阿頼耶識システム

あらやしきしすてむ

阿頼耶識システムとは、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」に登場するインターフェースシステムである。
目次[非表示]

概要

本作におけるモビルスーツを始めとした機動兵器の操縦に使われている有機デバイスシステムの通称。ちなみに、「阿頼耶識」は仏教用語に由来する(ヒトの認識の内、「無意識」を司るものの事)。

脊髄にナノマシンを注入し「ピアス」と呼ばれるインプラント機器を埋め込み、その部分でナノマシンを介して操縦席側の端子と接続する事で、パイロットの神経と機体のシステムを直結させる。これにより脳内に空間認識を司る器官が疑似的に形成され、直感的かつ迅速な機体操作が可能になる。
一応、現実世界でもF-35等の最新戦闘機等への転用に向けて研究されているインターフェースで、ブレイン・マンマシーン・インターフェースと呼ばれる系統の技術である。

よって、マニュアルを読まなくても操縦が可能であり、それどころか文字すら読めない者でも、MSの操縦が可能になる代物。
通常のMS操作は各種計器の数値と実際の空間把握に加え、訓練や座学の学習が相応に必要であり、慣れていなかったりデータ不足だと操作が遅れるどころか、起動すらもままならない。
しかし、阿頼耶識を施術した者は初めて乗った機体でもそれなりに動かせる上、脳とMSのリンクによって感覚的に操縦する事により、かなりフレキシブルで機械離れした動作が可能になる。また通常のMSの挙動はサンプリングした挙動パターンの組み合わせでしか動けないが、阿頼耶識操縦ではパターンを無視した、より人間らしい挙動を可能としており、MSパイロットなら機体の動きを見ただけで阿頼耶識システムの有無が判別が可能。
恐らく機体のモーション・マニューバパターンを随時修正、あるいは新たに構築を直感的に行っていると思われる。
尚、モーショントレース式はパイロットの挙動と言う物理運動を電気信号に変換して、外骨格型の操縦桿を纏っているようなもので、情報工学上の類似点は無い。

擬似的な空間認識能力を得られる事から、宇宙世紀における強化人間に近い。
機体を(文字通り)自らの手足のように動かせる事等からも、一般的なMSパイロットに比べると、反応速度や空間認識力において追随を許さない(恐らく各種計器の情報を感覚に投影しているので空間失調を起こさない)。
その性質上、一対多数の乱戦、特に白兵戦において非常に高いアドバンテージを持ち、阿頼耶識を持つパイロットの多くが「乱戦になれば負ける事はない」と豪語している程である。

機器を脊椎に埋め込む性質上、施術を受けた者の背中には特徴的な突起が出来、複数回受ける事でより情報交換量も増幅できる。また背中の突起のせいで、普段の生活も仰向けに寝られないと言った不自由がある。
このように人体や私生活への悪影響も大きく、ギャラルホルンの宣伝も手伝って、地球では阿頼耶識システムに対する嫌悪感は強く、本編時点の時代ではギャラルホルンなど少年兵を使わない組織は基本的に阿頼耶識対応MSを使っていない。

MW(モビルワーカー)程度の操縦ならまだしも、MSや戦艦ともなると扱う情報量の多さからか、負担が非常に大きく限られた者しか扱えない(劇中では、「脳への負荷によって鼻血が出る」描写がある。恐らく高血圧によるもの)。
三日月ですらバルバトスでの初陣は、戦闘後気を失っていた。

ガンダム・フレームには正規品以外の阿頼耶識が装着されている場合に於いて通常時、パイロットに過負荷にならないようにリミッターが課せられている。しかしパイロットが強引にリミッターを解除・解放するとガンダムのツインアイ部分が真っ赤に発光する特異現象が発生する。しかし、それは諸刃の剣で阿頼耶識システムの過負荷によって、パイロットには身体障害が現れる。グレイズ・アイン戦で1度目のリミッターを解除した三日月は戦闘後、右目の視力が衰え右手が動かなくなってしまった。そしてモビルアーマーハシュマルとの決戦で2度目のリミッター解除を行った戦闘後には、右半身付随の状態になっている。

元々は宇宙での機器操縦用の技術であり、本編300年前の厄祭戦の際にガンダム・フレームのMS(モビルスーツ)操縦用にギャラルホルンの前身組織で開発研究が行われていたものである。
厄祭戦時には大人にも施術が可能な技術だったが、ギャラルホルンの情報統制によって使用を禁止され技術が衰退していった。300年が経過した鉄血のオルフェンズの時代にはオリジナルの技術が失われていたのだが、圏外圏では漏出した技術を闇手術と言う形で身寄りのない少年兵や、ヒューマンデブリに施術する事で不完全な形ながらも使用は継続されていた。

一方、ギャラルホルン内でも極秘裏に阿頼耶識システムの研究は続けられており、グレイズ・アインに搭載されたものやマクギリスが施術したものにつながっていくのだった。

阿頼耶識システムの分類

阿頼耶識システム(流出)

この時代で最も広く施術されているタイプ。誰が製造し、流通させているのか不明。
圏外圏の民兵組織や海賊等に流出し使われている技術で、質が劣悪で低い事から、順応性の高い成長期の子供にしか定着しないとされる。施術可能な年齢は明確でないが、二期序盤のハッシュ一件から、少なくとも17歳以上ではほぼ無理な模様。

民兵組織や海賊によって、行き場のないヒューマンデブリのような子供達に、無理やり乱暴な施術を行われるケースが大半で、拒絶反応によってそのまま死亡するか、中枢神経系に重篤な障害を負う者が多い。
CGSでは施術を受けた少年の4割が失敗していた。ハッシュの過去の仲間であるビルスは手術の失敗で半身不随となった挙げ句、ピアスを中心に背中一面が赤く腫れ上がると言う悲惨な状態であった。

上記のと通り、1回の施術にすら耐えられない者も多く、複数回の施術に耐えられる者はごく稀である。主人公の三日月・オーガスはこの手術に3度成功している事もあり、ピアスも三本埋め込まれている。だが、3度成功してようやくオリジナルの阿頼耶識の性能と同等になる。
また、施術成功後も使用者に掛かる負担が大きく、身体機能に障害を負う場合もある。恐らく、本来ハブとしての機能を兼ねる金属端子部がその機能を喪失する事で、神経接続がMS側に固定される事により生じると思われる(脳への負荷の増減に対しては、脳は神経構造の組み換えで適応するので考えづらい)。

鉄華団の前身組織「CGS」は、少年兵には阿頼耶識施術を入団条件とし強制していたが、オルガが鉄華団長となって独立して以降は、新規団員への施術を禁じている。

グレイズ・アイン用阿頼耶識システム

瀕死の重傷を負ったアイン・ダルトンを助ける為と称してガエリオ・ボードウィンが苦肉の策で阿頼耶識の施術を頼んだ事で組み込まれたシステム。
本来なら大人にはナノマシンが定着しないはずだが、大人である彼に阿頼耶識を定着させたその方法とは搭乗者のバストアップ部分以外を切断し、培養液漬けのコックピットと一体化させグレイズ・アインの生体ユニット化してしまうというあまりに非人道的なもので、ガエリオもその真相を知った時、凍りついたのは言うまでもない。

アインくん



だが、こんな無残な姿になってもアインは技術者達に対し、クランク・ゼントの敵を取る為に再び戦える事に喜びと感謝を感じたり、生体ユニット化したアインの言動・戦法はかつての彼ではまず見られなかった、高揚感や残虐性も相まって、解離性麻薬に似た症状を発症、もはや狂気そのものであると言えるレベルに達していた。

三日月との戦闘時にコクピット内のカットがあったが、激しい言葉を発し続けているはずの彼の表情は無表情のままであった等、生身の肉体の方は心肺機能以外停止していたと思われる。
このアインの阿頼耶識はマクギリス・ファリドの謀略で、ギャラルホルンの腐敗の証明にして、権威失墜の既成事実に利用された他、後述するように二期でもターニングポイントとなっている。

阿頼耶識システム TYPE-E

ガエリオとアイン



ガンダムヴィダールに組み込まれた疑似阿頼耶識システム。一期最終話で撃墜されたグレイズ・アインの阿頼耶識システムと死亡したアインの脳をそのままシステムに組み込んだ物。

阿頼耶識と搭乗者の間に別の脳(アインの脳)を介在させる事で、パイロットの脳への負担を軽減し、パイロットの脳への過負荷を回避しつつ、阿頼耶識リミッター解除に匹敵する効果を得られると言うもの。これによって三日月の乗るガンダムバルバトス ルプスレクスとも互角に戦う事が可能となった。
後にガンダムキマリスヴィダールに換装後もシステムは続投されたが、マクギリスのガンダムバエルとの戦いで、システムはアインの脳を含めて損壊。パイロットのガエリオも生存こそしたものの、システムを手術で除去してしまった為、車椅子生活を余儀なくされている。

第三者の脳を使うと言う非人道的なシステムである為、マクギリスへの復讐に駆られたガエリオの搭乗した機体以外には使用されず、今後も他の機体に使用される事はないと思われる。

TYPE-Eの由来はアイン・ダルトン(Ein Dalton)の頭文字からと推測される。
ちなみにギャラルホルンでは名瀬・タービンなど鉄華団側の実力者の遺体も回収しているので、亡き捕虜たちの脳で同システムを造る事も出来たと思われるが、逆に暴走する危険性を考慮してか、それを行う事はなかった。

阿頼耶識システム(オリジナル)

43話より その2



幼少期からギャラルホルンの権威の象徴ガンダムバエルを手中に納めるのを企んでいたマクギリスが、上記の「グレイズ・アイン」の実験データを元に復活させた、厄祭戦当時の性能を再現したオリジナルの阿頼耶識システム。
厄祭戦当時の旧式コクピットを使用しているバエルに合わせて、マクギリスの身体に施術されたコネクターも、鉄華団のとは全く異なった形状である。

厄祭戦時代の性能を完全再現しており、このシステムでバエルと人機一体になっていたマクギリスは、不意打ちのダインスレイヴを完全回避、ギャラルホルンの大部隊を一機で蹴散らす等、圧倒的な力を発揮した。

余談

本編ではガンダムに阿頼耶識を接続して戦ったパイロットは全員戦死と言う、悲惨な最期を遂げており、ガンダム乗りで唯一ガエリオが生存できたのは上述通り直接の接続はせず、アインが負担を軽減していたことが大きいと思われ、放映終了後の長井監督のラジオでのコメント曰く一連の戦闘終了後、アインの脳はマクギリスとの激しい戦闘の負荷により「焼き切れた」状態となり、アインの脳を挟んでいなければ、ガエリオも確実に死亡していたと見られる(実際には人間の脳が焼き切れるという事態は生理作用として存在しない。強いて推測すれば、アインの脳髄を収めたポッド等の部位が、常時阿頼耶識の起動で熱暴走を起こし、それにより脳髄を保護する液剤が沸騰・蒸発した事で「焼き切れた」のに近い状態になった?)。

この事実が鉄血世界のガンダムに乗る事=悪魔との契約と言う例えに、否応なしに説得力を持たせており、阿頼耶識も強化人間に含めるならガンダムシリーズを通して語られてきた「強化人間はほぼ戦死する」ジンクスは、この作品でも例外ではなかったと言う事である。

pixivではアニメ公開前の先行映像から「なぜ三日月をはじめとするパイロット達は上半身裸なのか」という疑問から、「実は背中にデバイスが付いてるのではないか?」と逆算したイラストを投稿したユーザーも存在するが、まさしくその通りであった。

何故裸なのか!!!



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ CGS 強化人間

モビルトレースシステム・・・体にデバイスを埋め込むのではなく、ファイティングスーツを着て外付け式にデバイスを装着する。空間認識に関しては従来通り計器情報を読み込んでイメージするしかない。
ゼロシステム・・・デバイスは存在しないが、脳に大量の情報をフィードバックし負荷がかかる点で共通している。

ドクター・オクトパス・・・手術を施してロボットアームを脊髄に直結している。
ニューロ・カートリッジ・・・脳神経と機体を直結させる操縦システム繋がり。こちらはあらかじめパイロットの人格を消去する処置を施す上、一度システムを起動させたら最終的にパイロットが廃人になる等、阿頼耶識以上にリスクが高い。
サイコ・ザク・・・阿頼耶識と類似するシステム「リユース・サイコ・デバイス」を搭載するMS。パイロットの四肢を切断し、コックピットに直結させる事でパイロットの思考によって直感的に動作させ、単機で艦隊を殲滅させられる程の超反応を実現させる。サイコミュを連想させる名前だが、全くの無関係。
ニューロノイド・・・人間を含む高等哺乳類の大脳皮質を12体使用している。
オーラバトラー・・・バイストンウェルの獣の脳を組み込んで使っている。


サイボーグ…どちらかと言えば機械的かつ脊髄など部分的であるが。
メガノイド…火星のサイボーグつながり、
戦闘獣…こちらは脳を機械の体に移し替えた、改造度はこちらが上
ウェンディゴ…グレイズ・アインとほぼ同様の操縦システム。従来機であった量産型ゲシュペンストMk-2に格闘戦で敗北。これは鉄血に於ける阿頼耶識機体と従来機体の戦い方の一つの回答でもある。

関連記事

親記事

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ きどうせんしがんだむてっけつのおるふぇんず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「阿頼耶識システム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258573

コメント