ピクシブ百科事典

ハッシュ・ミディ

はっしゅみでぃ

ハッシュ・ミディとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:逢坂良太

人物像

アーヴラウ代表使命選挙を巡る戦いの後、鉄華団に入団した一人。所属は昭弘・アルトランド率いる実働第二部隊。17歳。

普段は気だるげな態度を見せるが、モビルスーツや阿頼耶識システムに対しては強い執着を持つ。
その為、鉄華団のエースである三日月・オーガスに対して対抗心を燃やしており、必要であれば既にナノマシンが定着しない年齢であるにもかかわらず阿頼耶識システムの施術を志願するなど、リスクを承知で行動しようとする面が目立つ。但し、後述の兄貴分と慕う親友の代わりに出稼ぎの為に入団した経緯から、背負い過ぎと対抗心で暴走していただけで、根は真面目な性格をしており、後に角が取れて対抗心から仕事へ意識の方向性が定まる事となる。
また、彼が鉄華団に入団したのは三日月の乗るガンダム・バルバトスがテイワズで改修を受けて空位になっていた時期であった為、三日月に対して普段何もしていない産廃(産業廃棄物。転じて役立たずの意)という印象が先に立っていた。これは、かつてCGSに入隊した兄貴分のビルスが阿頼耶識の施術に失敗し、下半身不随となった自身を産廃と称して自殺した事が起因している。

戦闘で三日月の実力を目の当たりにし、彼を通じてオルガ・イツカにモビルスーツパイロットへの配置転換を希望し、周囲の後押しもあって以降は三日月の部下として獅電を駆る。
初陣で戦場の空気に呑まれ、三日月との絶対的な才能の差を見せつけられるが、三日月と同じ土俵に立った事が、結果として彼の三日月に対する評価を改める切っ掛けとなった。

それ以降は、仕事に対して今まで以上に精を出し、訓練やトレーニングにも励むようになる。三日月に対しても舎弟のように振る舞う。少々行き過ぎて同行するために三日月も鬱陶しく思っていたが、ハシュマル戦後は右半身不随なった三日月の足代わりとして彼を運ぶ役割も担う。
その後、タービンズの形見分けによって鉄華団に配備された辟邪を乗機とし、次第に三日月が背中を預ける程のパイロットに成長していく。

アリアンロッドによる鉄華団総攻撃の際も、三日月・昭弘・アルトランドダンテ・モグロと共にクリュセまでの逃亡用地下トンネルが開通するまでの時間稼ぎのために奮闘していた。

しかし、辟邪の地上戦データが不足していたこともあり苦戦を強いられ、敵の攻撃がコックピットに直撃してしまい、瀕死の重傷を負ってしまう。その後三日月がハッシュのもとに駆け付けるも時すでに遅く、最後は三日月に先に行くように促し、眠るように息を引き取った。

関連イラスト

悔し涙


ハッシュ・ミディ
【鉄オル】2期うれしい^^



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団
三日月・オーガス ビルス
デイン・ウハイ ザック・ロウ
アルジ・ミラージ

獅電 辟邪

関連記事

親記事

鉄華団 てっかだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハッシュ・ミディ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 972002

コメント