ピクシブ百科事典

ライド・マッス

らいどまっす

ライド・マッスとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:田村睦心

概要

火星の民間警備会社「クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)」の参番組に所属する少年兵。
一行の中でも幼い年少組の一人であり、歳の近いタカキ・ウノヤマギ・ギルマトンらと行動を共にする事が多い。

普段は素行も悪く、自分が子供扱いされる事を嫌うものの、その一方で自分より歳下の年少組の世話をするなど、面倒見の良い性格を垣間見る事が出来る。
また、絵心にも自信があり、オルガ・イツカがCGSを解体し鉄華団を旗揚げした際にはその腕を買われ、団章のデザインを一任されている。
テイワズ本部「歳星」に寄港した際にイサリビの艦首に鉄華団の団章をペイントし、グレイズ改が流星号に改修された際にはノルバ・シノの依頼で頭部にノーズアートを施した他、イサリビ艦内の至る所で彼の作品を目にする事が出来る。

地球降下後はビスケット・グリフォンの死と元来の責任感の強さが転じて自分から戦いに臨むようになり、ビスケットの仇であるカルタ・イシューとの戦闘に於いては、自分達に代わり戦場に立った三日月・オーガスの戦いをその目に焼き付けた。続くエドモントンでの戦闘ではギャラルホルンへの陽動の為に自らモビルワーカーに搭乗し、オルガをサポートするべく突撃するが、橋から転落し負傷。まともな戦果を上げられなかったものの、戦闘から生還した。

エドモントンでの戦闘後は組織再編に伴い昭弘・アルトランド率いる鉄華団実働二番隊の所属となり、隊長の昭弘を差し置いて新人隊員に発破をかけるなど、二番隊の副隊長的存在として奮闘。タービンズから出向していたアジー・グルミンとは師弟関係を築くほどの指導を受け、後にモビルスーツパイロットに登用される。
テイワズから提供されたモビルスーツ「獅電」のパイロットとして前線に立つ一方で、地球支部の騒乱後、親友のタカキがとの地道な暮らしを望んで鉄華団を退団し地球に残留、以降は彼に代わって年少組を引っ張っていく為に鍛錬を続ける。
厄祭戦の遺物・ハシュマルとの戦いではチャド・チャダーンの「モビルスーツの装甲だけが(ハシュマルの)ビームに対抗できる」との指示を受けハシュマルの進撃から農業プラントを守る楯をなろうとするが、予想を超えたビームの威力に失敗、プルーマの大群に殺されかけ、三日月によって間一髪のところで救出される。その後、失われた人命の仇を討つかのようにシノの獅電改(三代目流星号)を持ち出して作戦の陽動を担い、ハシュマル撃破の為の一助となった。
以降は、ガンダム・フラウロスに乗り換えたシノから獅電改を譲り受け、全体的に塗装を変更し、「雷電号」と名付けて乗機とし、アリアンロッドタービンズとの戦闘で非戦闘員退避のために尽力した。

終盤、鉄華団はマクギリス・ファリドと共闘してアリアンロッド艦隊と戦ったが敗北、火星本部に逃げ込んだオルガは団員の生き残りのためクーデリア・藍那・バーンスタインアトラ・ミクスタ、護衛のチャド、ライドと共に本部を脱出、蒔苗東護ノ介と連絡を取り、生き残りの算段をつけることに成功したが、その直後、ノブリス・ゴルドンの部下に襲撃される。チャドは右肩に傷を負い、ライド自身も銃撃を受けるがオルガが身を呈して彼を庇ったことにより事なきを得るが、目の前で団長であるオルガを死なせてしまった事にライドは強い後悔と責任を覚えていた。
最終決戦直前には脱出トンネルの出口側にチャドとともに控え、情報網から切り離された仲間たちにギャラルホルン側の襲撃予定時刻やオルガ死亡の知らせを伝達、最終戦の時間帯には本部から順次脱出してきたメンバー達を迎えた。

その数年後、成長した彼はノブリスが火星へ戻ったとの情報を聞きつけ、幾人かの元団員の仲間と失踪。
オルガの形見であるストールを身につけ、殺す前にノブリスに対し「オルガ・イツカを覚えていますか?」と問い、その名を知らないというノブリスの返答を聞いた後に三日月の銃にてトイレで暗殺。復讐を果たしたのだった。

しかし、仇を討った彼の顔には晴れやかさは微塵も無く、ただ苦々しくやりきれない表情を浮かべただけで、その後は周囲のノブリスの部下を片付けた仲間と共に、何処へと去って行った。
彼の存在は「生き残った鉄華団員たち全員が、過去をうまく割り切って新しい生活を送っているわけではない」という、生き延びた者が背負ったもののの暗部を端的に表しているといえる。

余談

鉄華団ではシノと並ぶムードメーカー的存在であったライドが、生き残りの主要メンバーで唯一闇に堕ちてしまった事の原因には49話での三日月の演説を聞いていなかった事などがあると思われる(チャドも演説を聞いていないが、彼は温厚な性格を買われて地球支部を任されて蒔苗とも接触をもち、最終的に離反されたとはいえラディーチェ・リロトの苦境も理解していた事から、地球で見聞を広めた事が闇堕ちしなかった原因と思われる)。
本部メンバーをトンネル出口で迎えた際もメリビットに後悔の念を零して号泣しており、メリビットに情報伝達の使命を果たしたことを褒められて慰められるも、彼女のフォローすら届き切らない程に眼前でオルガを喪った傷は深かったことが伺える。

ちなみに最終回放送後、キャラクターデザイン原案を手がけた伊藤悠はTwitterで、監督の長井龍雪から「最終話のライドは、まだ絵を描いています」と聞いた旨をツイートしている。

関連イラスト

ライド・マッスくん
Being child again


ライド君まとめ
忘れたなんて言わせない



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団
タカキ・ウノ ヤマギ・ギルマトン
ノルバ・シノ 昭弘・アルトランド アジー・グルミン

刹那・F・セイエイ 最終話での服装が酷似。
アラベル・ゾイ…終盤の行動が酷似。
ソーニャ(キルミーベイベー)…中の人が同じ上に(半ばネタ要素は強いものの)殺し屋であるため、終盤のライドの行動で彼女を思い出した人多数。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライド・マッス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 964399

コメント