ピクシブ百科事典

チャド・チャダーン

ちゃどちゃだーん

チャド・チャダーンとは、TVアニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』の登場人物である。

CV:石谷春貴

人物像

CGSに所属するヒューマンデブリの少年。浅黒い肌を持つ黒人系。
人柄の良さと責任感の強さから他の団員達からの信頼は篤い。
鉄華団に於いては昭弘・アルトランドらと比較して積極的に前線に出る事は無く、主に後方支援やイサリビの通信管制・操舵等を担当するなど、一歩退いた立ち位置で一行を支えている。
CGS時代にヒューマン・デブリに支給されていた衣服は全て古着ばかりであった為、身だしなみについては無頓着な部分があり、服のほつれなどには関心を見せない。

鉄華団の地球降下時にはユージン・セブンスタークダンテ・モグロ達と共にイサリビで陽動を担当。
ギャラルホルン地球外縁軌道統制統合艦隊を相手取り、その役割を全うすると、その後ピンチに陥っていたオルガらの元に、ユージンや元ブルワーズのヒューマン・デブリらと共にエドモントンでの戦闘へ趣、鉄華団本隊に合流し、彼らを支援した。

エドモントンでの戦闘後はタカキ・ウノらと共に新たに設立された鉄華団地球支部へ配属され、そのまとめ役を任される事になるが、現場と火星本部双方の意見の板挟みとなり、中間管理職としての苦悩を知る。
特に監査役として派遣されたラディーチェ・リロトは不満を募らせたあげく、アリアンロッド艦隊司令ラスタル・エリオンに繋がりのある傭兵ガラン・モッサと接触、鉄華団から離反し火星本部との連絡を遮断、アーヴラウ防衛軍設立式典でガラン・モッサの差し金によるテロを招き、現場に居合わせた蒔苗東護ノ介と自身は意識不明の深い傷を負い、長い療養生活を余儀なくされた。

責任者を失った地球支部はガラン・モッサの指揮の下、マクギリス・ファリド麾下の部隊と戦い、アストン・アルトランドら多くの犠牲者を出すことになるが、三日月・オーガス昭弘・アルトランドら火星からの応援により、暗躍していたガラン倒し、ラディーチェを粛清することに成功、「ギャラルホルンの敵という汚名」を被ることを辛うじて免れた。

回復後、地球支部の撤収に伴いとの地道な暮らしを選んだタカキが鉄華団から離脱
再び火星に戻る事になるが、地球支部での自らの無力さを痛感し、再び自らを鍛え直すべくランドマン・ロディのパイロットとして奮闘の日々を送る。
火星において厄祭戦の遺物・ハシュマルとの戦いではビーム兵器という未知の兵器に「モビルスーツの装甲だけが対抗できる」とセブンスターズクジャン家の当主・イオク・クジャンすら知らない事実を仲間たちに指示し、ランドマン・ロディを駆って最前線に立つ。

その後、鉄華団は組織をあげてマクギリス・ファリドと手を組み、アリアンロッド艦隊と戦うが敗北
火星に落ち延びた『鉄華団団長・オルガ・イツカ』は、団員の生き残りを模索して蒔苗東護ノ介に助けを求めようと、蒔苗と繋がりのあるクーデリア・藍那・バーンスタイン三日月・オーガスの子を宿したアトラ・ミクスタ、護衛を担当するチャドは彼らとライド・マッスと共に本部を脱出、アドモス商会へとたどり着いた。
鉄華団から離れてから蒔苗の元で働いていたタカキ・ウノの口添えもあって蒔苗の快諾を得てテイワズの水面下の支援も確保することに成功、生き残る希望が見えたかに思えたその直後、ノブリス・ゴルドンの配下の者に闇討ちされる格好で襲撃され、ライドを庇ったオルガは死亡。
自身もその襲撃時に負傷し、鉄華団本部に帰ることも出来なかったが、三日月が最後の戦いに臨む頃トンネルの出口で脱出してきた本部のメンバーたちをライドとともに迎えた。

全てが終わった後、名を変えて生き延び、ユージン・セブンスタークデクスター・キュラスターと共にクーデリアの元で働いている。
鉄華団所属の元ヒューマン・デブリの中でも出世頭であり、一般人の立場からヒューマン・デブリの境遇に陥った昭弘とは違った視点でヒューマン・デブリの境遇から解放された事の意味を語る人物として二期では描かれている。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 鉄華団
昭弘・アルトランド ダンテ・モグロ タカキ・ウノ

pixivに投稿された作品 pixivで「チャド・チャダーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125975

コメント