ピクシブ百科事典

ラディーチェ・リロト

らでぃーちぇりろと

ラディーチェ・リロトとは、TVアニメ『機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:深川和征

概要

アーヴラウ代表首長選後に新設された鉄華団地球支部へ派遣されたテイワズの監査役。

普段は鉄華団地球支部にて、会計や経理といった事務仕事を担当している。

来歴

一期で同じ立場だったメリビット・ステープルトンと比べても効率性に強いこだわりを持ち、それ故にファミリー企業的な気風が強く時に合理的・理論的な考え方の出来ない鉄華団に対して苛立つこととなる。
更に団員は未就学者が多く事務知識が乏しい上、現場主義の風潮からか事務仕事への理解は希薄。
テイワズへの不備報告といった監査役としての仕事ぶりは定かではないものの、現場を円滑に回すためにと地球支部のまとめ役であるチャド・チャダーンとも衝突を度々繰り返す等、半ば孤立状態であった。

現実でも監査は現場から敵視ないし、倦厭されがちだが、この鉄華団でも例に漏れず、「テイワズ本部から自分達を監視、牽制する為に派遣されたスパイ同然の輩」として、地球支部メンバーの大半からは疎まれている。

そんな折、本来鉄華団では対抗不可能な大海賊「夜明けの地平線団」に火星本部が狙われたことで、地球支部に配備予定だった獅電をテイワズトップとの合意の下で本部に回すこととなる。

ラディーチェは支部の功績を優先して本部切り捨てを主張するが、本部が潰れれば支部も終わるというチャドの意見が通り、これまでの不満が募ったことからついに鉄華団を裏切りガラン・モッサと内通。

多額の報酬と引き替えにアーヴラウ防衛軍発足式典で爆破テロを手引きし、蒔苗東護ノ介とチャドを意識不明に追い込んだ。
その後はチャドの現場不在を利用し、地球支部と火星本部との連絡役として情報を操作。アーヴラウがSAUと紛争状態に陥ると、支部で唯一彼も「家族」とみなして信用していたタカキ・ウノら現場の人間を「獣」と呼んで影から操った。

しかし火星本部の増援部隊の手で自身の不正が明るみになり、彼らに身柄を拘束されると、ガランに全ての罪を着せて潜伏先の情報をリーク。そして己の正当性を主張するが、けじめを付けるためにと覚悟を決めたタカキの銃弾に倒れた。

彼の死後の整理で、地球支部の事務や経理が派遣である彼の一手に握られていたこと(外部監査に自社の経理関係を一任するのは、言わば「弁護士」や「検察官」と「裁判官」を一個人が兼任するに等しい異常事態)がわかり、皮肉なことにその死をもってようやく彼が当初訴えていた鉄華団の支部運営における事務処理の軽視といった重大な欠陥があらわとなっている。

余談

一説には「ジャスレイ・ドノミコルスの派閥だった」と言われているがその様な描写が無く(後に手を組んだとは言え)テイワズの傘下である鉄華団をアリアンロッドに半ば売り渡すという行為を行っているため信憑性は薄い。
なお、何度も自身の正当性を語っているが正直言って
「鉄華団はおろかテイワズすら裏切る」(テイワズ)、「蒔苗氏に爆破テロを行う」(経済圏)、「協力していたガラン・モッサも裏切り死亡させる」(ギャラルホルン)
と作品世界の権力者全てに喧嘩を売っているに等しく放逐されていたとしても別の組織に逮捕か暗殺されていたと思われる。

なお、これ以降マクマード・バリストンの評価が下がり始めた。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ テイワズ 鉄華団
チャド・チャダーン タカキ・ウノ ガラン・モッサ アストン
志筑仁美:同じく悲劇用の舞台装置の役割でしかないキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ラディーチェ・リロト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39935

コメント