ピクシブ百科事典

マクマード・バリストン

まくまーどばりすとん

マクマード・バリストンとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:石塚運昇

人物像

木星航路最大の影響力を持つテイワズの代表。
タービンズ名瀬・タービンらと義親子の契りを結んでおり、彼らからは「親父」と呼ばれ慕われている。
名瀬曰く「圏外圏で一番恐ろしい男」との事だが、多くの人物から畏怖されると同時に尊敬の念も抱かれている。仁義を重んじる一方で冷徹なフィクサーとしての顔も持つ。
ギャラルホルンのラスタル・エリオンとも直に連絡を取り合える間柄ではあるがその距離感は慎重に計っており、必ずしも彼の意に沿っているわけでもなく時にはラスタル側の弱みに漬け込む交渉を行うこともある。

テイワズを頼り歳星を訪れた鉄華団の面々に菓子を振る舞うなど、気前の良さを見せるが、クーデリア・藍那・バーンスタインに対して冷静にテイワズの利益となる選択をするように誘導し、彼女の背後にノブリス・ゴルドンの計略を察すると彼を抱き込もうとする等、いくつもの「博打」を仕掛ける豪商でもある。
その職業柄顔が広く、地球経済圏やギャラルホルンなどにパイプを持つ。
また、鉄華団の面子の中で特に三日月・オーガスの度量に惚れ込んでおり、ガンダム・バルバトスのオーバーホールを請け負うなど、時として大胆な選択を行う事も多い。

ノブリスを抱き込み、鉄華団がアーヴラウから得たハーフメタル利権によって企業利益の拡大を図り、その立役者となった名瀬を若頭に昇進させる算段を付けるが、それを快く思わないジャスレイ・ドノミコルスの策略によってタービンズが違法組織の汚名を着せられ、その結果名瀬も命を落とす。それに対し、マクマードは名瀬の最後の頼みであるタービンズ構成員達のその後を保証する為に尽力。
その傍らで組織の為に尽力した名瀬の葬儀をジャスレイらの反対を押し切り執り行ったが、それがジャスレイの反感を育て、それに対する対応と牽制に追われる事になった。

だが、義兄弟らを虐殺した事に激怒した鉄華団がジャスレイに仇討ちを仕掛けた前後、マクギリスからの提案で、イオクが仕掛けた虐殺行為を手打ちにする事を受け入れ、同時に首謀者であるジャスレイを切り捨てた。
仇討ちを仕掛けた鉄華団に対し、その選択に批判しつつも義兄弟の仇討ちをした事に仁義を感じ、改めて名瀬の冥福を祈った。

終盤で鉄華団がラスタル・エリオンの策略によって社会的に追い詰められ自分のところへと連絡してきたオルガに対し、苦言を呈しながらもラスタルと交渉させた。
その後、アジー・グルミンを筆頭とした新生タービンズに鉄華団メンバーが逃亡する際のサポートを内諾していた。
戦後もラスタルと共存関係を築きながら勢力を拡大し、クーデリアの火星議長就任を密かに後押しするなど、変わらない抜け目のなさを発揮している。

余談

当初は鉄華団を高く評価しオルガを自身の家族として迎え入れる等
「腐り果てたギャラルホルン」の対比として「商人でありながら仁義を重んじるテイワズ」と
高い評価をされていた。
しかし、2期では鉄華団地球支部への人事採用ミス(結果として地球圏における最大の貿易相手を失う)やジャスレイ周りの行動(タービンズと鉄華団とジャスレイ派閥の壊滅)など非常に杜撰な行動をとっており評価が下がった。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
テイワズ
名瀬・タービン ジャスレイ・ドノミコルス

pixivに投稿された作品 pixivで「マクマード・バリストン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21929

コメント