ピクシブ百科事典

ラスタル・エリオン

らすたるえりおん

TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の登場人物。
目次[非表示]

「しかし伝説と歴史とは似て非なるもの。ギャラルホルンは確かにアグニカ・カイエルから始まった。だがその歴史はアグニカ不在の中で作られたものだ」
「周囲との調和共和…『個』ではなく『組織』であるからこそ成り立つもの。歴史を尊ぶなら、むしろ奴はアグニカを否定すべきだったのだ」


CV:大川透

概要

武装組織「ギャラルホルン」統制局直轄の宇宙艦隊である「月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド」の司令官。また同組織の最高機関「セブンスターズ」の一角である「エリオン家」の当主である。

いかなる敵も正面から噛み砕く事を信条とし、実力さえ伴えば家柄の無い人間であっても重用するなど、豪快さと大胆さを併せ持つ実力主義者。MSや艦船を直接操縦することはないが、戦略家・戦術家として、そのいずれでも能力は高い。また策謀家、思想家としての才覚にも優れており、表立っては敵を作らず、敵対者は持ち前の策略を駆使して対処する。
その目的の為には手段を問わず冷徹に忠臣や友ですら捨て駒としつつそれを表に出さず、身分にとらわれない人格もあって部下からの支持は厚く、組織内に確固たる勢力を築くと同時に、政商として名高いマクマード・バリストンノブリス・ゴルドンと言った組織外の人脈とも連絡をとりあえる間柄である。また傭兵のガラン・モッサは訓練校時代からの親友。
マクギリス・ファリドによるギャラルホルンの急進的な組織改革を快く思わない一人であり、マクギリスとは彼が幼少の頃から面識を持ち、その段階から彼が政敵になる事を予見していた。

劇中での活躍

マクギリスの反乱の時では、まず政治的状況で自分に都合の良い状態であるかどうかを見据え、更に相手以上の兵力を持った上で開戦。戦闘時は強者は倒すより抑制してまず弱者から叩く、間者を仕込んで禁止兵器使用の正当性を作る、最終決戦でも数の利に頼って相手の実力を見誤らず確実に叩くなど堅実に勝利を固めていった。一方で、ガエリオとマクギリスの一騎打ちには、敢えてガエリオへの助勢はさせずに戦いの行く末を見届けようとした。

マクギリスとの交戦では、政治的根回し、戦力差や策、兵士の練度など自らの持つ全てを以って戦闘の開始前から最後まで戦場を支配し、終始戦況を優位に進めた。カルタ・イシューの死後にマクギリスの麾下に組み込まれた地球外縁軌道統制統合艦隊の戦意が低いとみて同艦隊への攻撃を控えたうえで、マクギリス直属の艦隊と彼に同調する若手将校の艦隊をほぼ壊滅させ、戦力を著しく減退させた鉄華団とともに敗走に追い込んでいく。
ラスタルの計画通りに戦況は進んでいくが、不利な戦局からの逆転を試みる鉄華団はガンダムフラウロスにダインスレイヴを撃たせる策を講じていた。自らが乗る旗艦ブリッジを狙われたことに、ラスタルは劇中で唯一驚愕の表情を見せている。

更に火星に敗走した鉄華団とマクギリスを犯罪者として社会的に追い込み、失墜したギャラルホルンの権威復活の為に鉄華団を率いるオルガ・イツカからの降伏の申し出を拒絶し外部との連絡網を遮断、「鉄華団が降伏勧告を拒否した」と事実と異なる情報を公表し、悪辣な手段である事を自覚しつつもスケープゴートに仕立て上げた鉄華団殲滅を正当化する為に報道陣を招いたうえで侵攻、さらにジュリエッタ率いる精鋭部隊を火星に派遣した。
一方、後ろ楯を失ったマクギリスが特攻してくる事も察知していたラスタルは、バエルを駆って単身来襲したマクギリスがガエリオとの一騎打ちの末敗北したのを見届けると、彼の死の意義を「力に固執した愚かな人間の末路」と評して歴史に刻みつける意思を表した。

火星の地上部隊が三日月らに苦戦するなか、衛星軌道上からダインスレイヴを斉射、致命傷を負った三日月を「悪魔」としてジュリエッタに討たせる事でギャラルホルンの威信を回復した。

その功績もありギャラルホルン内でも一際発言力を強めるが、イオクが鉄華団掃討戦において戦死した事により、セブンスターズに名を連ねていたクジャン家が断絶、ファリド家、イシュー家も当主を失い、次期当主候補のガエリオが軍人として再起不能になったボードウィン家も含めた3家が発言権を減退させた事から、ギャラルホルンの民主化を進め自らはその代表に就任。
さらに火星支部を縮小して地球経済圏の植民地支配の請負業務から手を引き、火星の自治を拡大させた。火星連合初代議長に就任したクーデリアとも「ヒューマンデブリ禁止条約」を締結したことで政治的にも手を組んだ。

クーデリアが鉄華団と繋がりがあったことは知りつつも彼女の議長就任を阻止しなかったのは、以前のイオク失態によるマクマードとの密約の影響もあったと見られており、また双方の利害が一致した結果と政治家としての才能に目覚めたガエリオに推察されている。
クーデリアと「ヒューマンデブリ禁止条約」締結後に会談した際には、かつての敵である自身とも手を結ぶ強かさを身につけていたクーデリアの姿勢を評価し、従っていたジュリエッタにも「あれでこそだな」との表現で見習うよう促している。
なお、彼が進めた改革はマクギリスが望んだ「出身や身分に捉われない社会」を違うやり方で実現しようとする行為であり、マクギリスが誤ったやり方を用いず真っ当な形で改革を進めていれば協力し合うこともできたとスタッフが語っている。

鉄華団のエース機とそのパイロットを仕留めた事は喧伝の材料として使いつつも、あくまでも求めていたのは「鉄華団が壊滅した」という「事実」だけであったようで、実際事件後にて、リーダーのオルガと武力を失い、テイワズ蒔苗東護ノ介らの保護下に入った残存メンバーに対する掃討は行わず、事実上彼らの社会復帰も黙認している。この事に関しては、人情と言うよりは藪蛇をつつく愚行をしないという思慮深さゆえであろう。

SDガンダム外伝シリーズでは、

新約SDガンダム外伝 新世聖誕伝説では、月にあるギャラルホルン帝国の司令官であるが、その正体は、人間では無く月の悪と呼ばれるジークドミヌスの傀儡であり、月の裏側に生息するメタルモンスター親バグが放った種子であるメタルモンスター子バグが人間に擬態した姿だった。(左側の顔は、何故かジャスレイ)

ギャラルホルン帝国とギャラルホルン帝国の人々が太古の昔、月世界でセレネス王国との大戦で滅んで月のネットワークに憑依したジークドミヌスが残っていた月のデータでギャラルホルン帝国の人々を機械人間として蘇らせ機械の鎧エイハブメイルを使ってジークドミヌスに操られているとそれを知ってなおもモンスターメタル・バグ自体が繁殖した月世界を我が物とするために、ジークドミヌスに忠誠を誓っていた。ギャラルホルン帝国の皇子マクギリス(こちらのマクギリスは、本当の皇子)の洗脳が解けた後、本性を現し月光騎士ネオガンダムが五つの機甲神のエレメンタルパワーと太陽騎士ゴッドガンダムから授かった黄金魂の宿ったゴッドソードの黄金魂とその黄金魂を制御できるように鉄華団に改造させて復活させた機甲神エルガイヤーRと戦うため機兵サイズのメタルモンスターバグラスタル(モチーフは、ラスタルとバグとラフレシア)へ変化。
エルガイヤーR達の戦いの中、バグラスタルは、さらに周囲の機兵の残骸を取り込み、腕が四本に増え巨大化しメタルモンスターバグラスタルギガ(モチーフは、ラスタルとスキップジャック級戦艦とラフレシア、増えた腕の部分は、ラスタルの服の袖でその部分から出てるのは、右側は大型バグ、左側は鉄仮面バグカロッゾのテンタクラーロッドの先の部分がモチーフの蛇、右手に持ってる剣は、最終話の式典に出てきたレギンレイズの剣と柄の部分は、ダインスレイブ発射装置)へと変化するが、ジェネシスブレードを装備した超機甲神ガンジェネシスRによって打ち倒された。
バグラスタルギガが倒された後奇甲神オービターミリオン形態のジークドミヌスが機甲神伝説に出てきたジークジオンが呼んできた紅き月(その正体は、太古の昔、ジークドミヌスが作り上げた月に偽装したスダ・ドアカ侵攻用ユニット)と合体するためにラスタルは、ジークドミヌスの時間稼ぎに利用されていた。

このようにラスタルは、ラスボスからモンスターで中ボスでジークドミヌスの傀儡に格下げされておりさらにエリオン家のガンダムが本編に出てこなかったため機動戦士ガンダムF91のバグとラフレシアと鉄血に出てきたスキップジャック級戦艦モチーフのモンスターへとなってしまった本編では、死ななかったが鉄血モチーフの人間キャラで唯一死んだのがラスタルだけで(厳密には、人間体のラスタルの左側の顔のジャスレイも)それ以外は、生存していてギャラルホルン側は、本編では、敵だったガエリオ、アイン、ジュリエッタ、カルタ、イオクは、ジークドミヌスの支配から解放され最後は、味方となっている。
聖機兵物語に出てきたネオジオン族の総帥ジーク・カロッゾ(正体は、バグカロッゾ)との関連性は、不明。

SDガンダム外伝での台詞

司令官ラスタル「皇子め!我らが秩序に逆らうことは、許さん!!」
洗脳が解けた皇子マクギリスに対して放った言葉、付属コミックでは、「記憶が戻ったならもう用は無い!」と本性を現してバグラスタル形態で左手のカッターでマクギリスに攻撃した。

メタルモンスターバグラスタル「この世界をバグで埋め尽くしてくれるわ!!」
本性を現しバグラスタルへと変化して月にバグ自体が繁殖し、スダ・ドアカワールドを月世界と同じようにバグで埋め尽くそうとした際に言った言葉、付属コミックでは、騎士バルバトスルプスの攻撃を受け「ぐ...だが...この程度で......このラスタルが破れるものかぁ」と言ってバグラスタルギガへと変化した。

メタルモンスターバグラスタルギガ「破壊は、我が糧!お前も我が糧となれ!!」
バグラスタルが周囲の機兵の残骸を取り込みバグラスタルギガへと変化した際に言った言葉、そして月光騎士ネオガンダムがエルガイヤーを五つの機甲神のエレメンタルパワーで復活させ合体してジェネシスブレードを装備した超機甲神ガンジェネシスRによってラスタルは、打ち倒された直後に紅き月に奇甲神形態のジークドミヌスが合体した。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン(鉄オル) 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド
マクギリス・ファリド
イオク・クジャン ジュリエッタ・ジュリス ヴィダール

ウズミ・ナラ・アスハ…中の人繋がりのガンダムキャラ
メガトロン(トランスフォーマー)…部下に反乱を起こされるが鎮圧に成功したキャラの前例。忠実な部下には寛大で結果的に圧政による平和を目指しているなど似通うところもある。

ホーマー・カタギリ…同じく治安維持部隊アロウズの最高責任者、ラスタルと同じく体制側のテロリスト。ただし、あらゆる意味で対照的であり此方は恒久和平の実現の為と自らの行為を悪行と認識しており、目的を達成した際には自刃する心算でテロ行為を指示していた。また、アロウズのテロ行為等が世間に知れると自刃し従っていた隊員たちの減刑へ繋げる。またラスタルと違い周囲が全肯定ではなく、驕りやパフォーマンスと賛否両論なのも違い

バズ・ガレムソン…SDガンダム外伝世界におけるラスタルの悪行は、彼と同じでありラスタルは、ガレムソンのようギャラルホルン帝国と皇子マクギリスをジークドミヌスと自分のいいように利用してた卑劣漢だったが最後は、月光騎士ネオガンダムに倒され。シルエットフォーミュラ91でガレムソンの元部下だったトキオ・ランドールの乗るネオガンダムに倒されたガレムソンと同じ最後を迎えた。

関連記事

親記事

月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド つきがいえんきどうとうごうかんたいありあんろっど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラスタル・エリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 503632

コメント