ピクシブ百科事典

ラスタル・エリオン

らすたるえりおん

ラスタル・エリオンとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:大川透

概要

ギャラルホルンを束ねるセブンスターズの一角エリオン家の当主にして、月外縁軌道統合艦隊アリアンロッドの司令官。

如何なる敵も正面から噛み砕く事を信条とし、実力さえ伴えば家柄の無い人間であっても重用するなど、豪快さと大胆さを併せ持つ実力主義者。
MSや艦船を直接操縦することはないが、戦略家・戦術家として、そのいずれでも能力は高い。
策謀家、思想家としての才覚にも優れており、表立っては敵を作らず、敵対者は持ち前の策略を駆使して対処する。
決して善人ではないが自身の悪どい面に対する自覚は十分にあり、人情を理解しつつ他者の思想に振り回される事はない。

その清濁併せ持つ手腕と身分にとらわれない人格もあって部下からの支持は厚く、組織内に確固たる勢力を築くと同時に、マクマード・バリストンノブリス・ゴルドンと言った組織外の人脈とも連絡をとりあえる間柄である(特にノブリスとは明確に協力しておりアリアンロッドによるドルトコロニーでのストライキの虐殺ではクーデリアを殺害しようと部下を行動させていた)。傭兵のガラン・モッサは訓練校時代からの親友である。

軍人としてはドルトコロニーでは欠陥のある兵器を横流ししての虐殺、マクギリスの反乱の時も強者は倒すより抑制してまず弱者から叩く、間者を仕込んで禁止兵器使用の正当性を作る、最終決戦でも数の利に頼って相手の実力を見誤らず確実に叩くなど堅実に勝利を固めていった。
一方で、ガエリオとマクギリスの一騎打ちには、敢えてガエリオへの助勢はさせずに戦いの行く末を見届けようとするなど、凝り固まった合理主義者でもない。

身分差別が横行するギャラルホルンにおいて人材を実力主義で重用し其の為もあってかアリアンロッドはギャラルホンでも最精鋭とされる実力を持っている。
一例としては親友のガランからの紹介とはいえ低い身分出身のジュリエッタ・ジュリスを取り立て重宝している。だが甘やかす事はなく、彼女が自分やガラン・モッサに盲信気味な態度を示した際にはあえてたしなめている(しかし、ジュリエッタがイオクをあからさまに見下している発言を取っている時にはたしなめていない。本来ならイオクは部下と言ってもラスタルと同格のセブンスターズでありイオク側が気にしていないと発言しても修正させるのは当然である)。
またマクギリス率いるクーデター派との戦いの前には彼女にモビルアーマーをも倒した鉄華団バルバトスを足止めせよというある意味、「死ね」とも言うべき命令を出している。とはいえ、瀕死の重症を負ったジュリエッタを救出したガエリオに謝意を述べたり、暴走してみずからを窮地に陥れたイオクを(彼の部下の嘆願があったとはいえ)謹慎のみにとどめるなど、味方には非情に徹しきれない甘さもみられた(なお、イオクに関しては同じセブンスターズであるため迂闊に厳しくするとボードウィンを除く他の家から反感を買う恐れがあったため謹慎のみに留めるしか出来なかったという可能性もある。また劇中からラスタルが先代のクジャン公を尊敬していた事も関係があるかも知れない)。

マクギリス・ファリドによるギャラルホルンの急進的な組織改革を快く思わない一人であり、マクギリスとは彼が幼少の頃から面識を持ち、その段階から彼が政敵になる事を予見していた。
但し彼自身もギャラルホルンの現状全てを是とはしていない。

エドモントンでの戦いの後、地球外縁軌道統制統合艦隊の司令に就任し勢力拡大を続けるマクギリスの権威を失墜させるべく、彼の政策を否定する目的で旧友のガランを使いSAUとアーヴラウの紛争を仕込む等の暗躍を繰り返し、同時にマクギリスと因縁を持つヴィダールを協力者として手元に置き、彼の助言を得てマクギリスの策を読み、先手を打つ事でその動きを封じる。

部下としてアリアンロッドに身を置くイオク・クジャンの後見人でもあり、彼の持つ人望を評価し、イオクからも全幅の信頼と憧憬の念を置かれている。
しかし同時に彼の正義感の強さからくる無謀な部分を懸念しており、ハシュマルを暴走させた一件以降、マクギリスへの敵対心から全く無関係のタービンズに無実の罪を着せて襲撃するなど迷走を繰り返すイオクに釘を指すが、それが結果としてイオクを追い詰める一因となった。

結果、テイワズマクマード・バリストンからの取引でイオクの暴走を知り、彼に謹慎処分を下すが、マクギリスの仕掛けた青年将校によるクーデターによってイオクの後見人として彼の行った不始末の責任を追求され、更にSAUとアーヴラウの紛争を手引きしていた事も白日の下に晒される。
しかし、ラスタル自身は逆にマクギリスの行動を造反と規定し、アリアンロッド艦隊の全戦力を集結。ガエリオ・ボードウィンとして仮面を外したヴィダールと共にマクギリスと直接全面対決の姿勢を示すこととなる。

そして

マクギリスとの交戦では、政治的根回し、戦力差や策、兵士の練度など自らの持つ全てを以って戦闘の開始前から最後まで戦場を支配し、終始戦況を優位に進めてマクギリス軍をほぼ壊滅に追い込む。
しかし最後の一撃を試みたガンダムフラウロスに一瞬自らが乗るブリッジを狙われた際には劇中で唯一驚愕の表情を見せた(ジュリエッタの機転で砲撃が外れて無事だったが)。

更に火星に敗走した鉄華団とマクギリスを犯罪者として社会的に追い込み、失墜したギャラルホルンの権威復活の為にオルガ・イツカからの降伏の申し出を拒絶し外部との連絡網を遮断、「鉄華団が降伏勧告を拒否した」と事実と異なる情報を公表し、悪辣な手段である事を自覚しつつもスケープゴートに仕立て上げた鉄華団殲滅を正当化する為に報道陣を招いたうえで侵攻、さらにジュリエッタ率いる精鋭部隊を火星に派遣した。
一方、後ろ楯を失ったマクギリスが特攻してくる事も察知していたラスタルは、バエルを駆って単身来襲したマクギリスがガエリオとの一騎打ちの末敗北したのを見届けると、彼の死の意義を「力に固執した愚かな人間の末路」と評して歴史に刻みつける意思を表した。

火星の地上部隊が三日月らに苦戦するなか、衛星軌道上からダインスレイヴを斉射、致命傷を負った三日月を「悪魔」としてジュリエッタに討たせる事でギャラルホルンの威信を回復した。
その功績もありギャラルホルン内でも一際発言力を強めるが、イオクが鉄華団掃討戦において戦死した事によりセブンスターズに名を連ねていたクジャン家が断絶、ファリド家、イシュー家も当主を失い、次期当主候補のガエリオが軍人として再起不能になったボードウィン家も含めた3家が発言権を減退させた事からギャラルホルンの民主化を進め自らはその代表に就任。
さらに火星支部を縮小して地球経済圏の植民地支配の請負業務から手を引き、火星の自治を拡大させた。火星連合初代議長に就任したクーデリアとも「ヒューマンデブリ禁止条約」を締結したことで政治的にも手を組んだ。
クーデリアが鉄華団と繋がりがあったことは知りつつも彼女の議長就任を阻止しなかったのは、以前のイオク失態によるマクマードとの密約の影響もあったと見られており、また双方の利害が一致した結果と政治家としての才能に目覚めたガエリオに推察されている。
クーデリアと「ヒューマンデブリ禁止条約」締結後に会談した際には、かつての敵である自身とも手を結ぶ強かさを身につけていたクーデリアの姿勢を評価し、従っていたジュリエッタにも「あれでこそだな」との表現で見習うよう促している。
尚、彼が進めた改革はマクギリスが望んだ「出身や身分に捉われない社会」を違うやり方で実現しようとする行為であり、マクギリスが誤ったやり方を用いず真っ当な形で改革を進めていれば協力し合うこともできたとスタッフが語っている。

鉄華団のエース機及びそのパイロットを仕留めた事は喧伝の材料として使いつつも、既にリーダーのオルガと武力を失いテイワズ蒔苗東護ノ介らの保護下に入った残存メンバーに対する掃討は行わず、事実上彼らの社会復帰も黙認している。
 

罪科

ラスタルが行ってきたことに、負の側面があることは事実である。SAUとアーブラウの紛争を意図して起こしたのもラスタルである。その際の劇中での描写でもかなりの犠牲者がでていることがわかる(しかも一般労働者や犯罪者の類ではない一国家に属する軍人をである。しかもマクギリスの権威は落ちなかったので無駄死にさせた。)。さらにマクギリスとの開戦でも間者を仕込みはしたが、その際の劇中描写では引き金を引いた瞬間に味方のグレイズを撃墜している。つまり望んで味方殺しを行ったことも事実である(この際ラスタルは「こちらにも被害がなければいろいろと角が立つのでなと、頭の中で発言している。)。そしてダインスレイヴを打ったパイロットは後のシーンで自決している。(マクギリス勢による射殺か自決か)そして、マクギリス勢とのスキャンダル合戦でも彼の行ってきた罪状を堂々と述べているが、それ以上の犯罪をラスタルが行ってきたことも事実である。
それらの犯罪を私利私欲でなく己が理想実現の為に悪辣な手段と認識しながらも平然と行ったラスタルは、その革命目的が観念的過ぎた怪物であったマクギリスをも斃したこの時代の怪物の中の怪物であったと言えるかも知れない。
 しかしながら、ラスタルの理想が具体的に何なのか劇中では一切明確になっていない。
加えてラスタルは決して自分の手を汚さず、常に誰かを動かし、自身は安全圏で手を打っていた。つまり、ラスタルはリスクも背負わず報いさえ受けずにのうのうと事件後の新生ギャラルホルンに君臨していることになり(シノがダインスレイヴを放ったが、ジュリエッタが射線をそらした。)その意味では私利私欲のなさも免罪符のように見えてしまうことから、ここも彼が批判される所以である(後継者はジュリエッタがおり、イオクでなくともよい)。
 監督の長井は「あの結末を幕引きできるキャラとして設定した。」と明かした。が、それは鉄華団やマクギリスにも出来るため、極論すれば、長井の望む滅びの美学のために用意したデウスエクスマキナと言えるだろう(これは負ける側のオルガも同様であるがオルガは結果としてそうなっただけでありラスタルはよりその色が強い。実際ラスタルに有利な状況やキャラの不自然な所が目立つため後の火星情勢を含め長井が彼が決して死なないように入念にストーリーを構築していることが容易に推察できる。つまりラスタルは二次創作でもない限り死ぬことはないと言える都合のいい設定を施された人物と言える
 実際、ラスタルは1期には碌に登場せず2期になっていきなり登場した(つまり、視聴者にラスタルが最終的に勝利する予期さえさせなかった。なおアストンを殺害したガランとラディーチェ、タービンズを崩壊させたジャスレイも同じく2期からの登場である)。また、心理描写や本質、基本姿勢といった具体的な内面描写が一切存在せずそれらが核心に触れられることなく終了したことからトップクラスに謎が多い人物でもある(その結果としてガエリオを除くアリアンロッドのキャラ全て(ガランも含む)が過去に関しても同様の事態となってしまっている。よく言われているイオクに関してもあくまで想像の範囲でしかない)。
その為、「スタッフは過去や思想などのラスタルの設定を作っていないのではないか」という意見も存在する。
 そして、彼もその所業から、少なくない鉄血ファンからノブリスと同様の結末をライドによって迎えさせられるのではないかと推察されている。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン 月外縁軌道統合艦隊アリアンロッド
マクギリス・ファリド
イオク・クジャン ジュリエッタ・ジュリス ヴィダール

pixivに投稿された作品 pixivで「ラスタル・エリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368776

コメント