ピクシブ百科事典

ダインスレイヴ

だいんすれいゔ

ダインスレイヴとはアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」作中に登場する兵器。
目次[非表示]

概要

北欧神話の魔剣ダーインスレイヴの名を冠する電磁投射砲(レールガン)。
モビルスーツの構造材にも使用されている高硬度レアアロイで製錬された針金のように細い専用弾頭を超高速で発射する。
電磁投射砲ではなく炸薬によって弾体を発射する形式の物もあるが、電磁投射砲を使用するよりも貫通力、射程等は落ちる事になる。
専用弾頭はその性質上、運動エネルギー弾(KEP)に分類される。
元々は厄祭戦時に対モビルアーマー用として開発された兵器である。

射撃武器でありながら、モビルスーツはおろか軍用の艦船のナノラミネートアーマーを貫くほどの非常に高い威力を持つ。
通常兵器では届かない軌道上から地上施設を攻撃する際にも使用され、その際には衝撃波で着弾地点の地形が大きく変わる程の破壊力を発揮する。
専用弾頭の強度は極めて高く、軌道上からの砲撃で地表に突き刺さった物でも原型を留めている。

厄祭戦終結後も人間同士の戦争で使用されていたが、ナノラミネートアーマーを無力化する威力で多くの人命を奪ったために非人道的とされ(実際は多くのMSを所持するギャラルホルンが自らの優位性が損なわれることを恐れたという面もある)、条約で使用禁止となっている。

但し、明確に禁止されているのは『専用の弾頭を高出力レールガンで射出すること』であり、高出力レールガン本体のみならば、弾頭を別のものに変えれば条約スレスレのグレーゾーンではあるが違反とはならない。

禁止兵器として扱われているが、既に製造されていたダインスレイヴや特殊弾丸・制作に必要な設計図等のデータの全てが破棄されたわけではなく、ギャラルホルン自体は使用可能な状態のダインスレイヴや特殊弾丸を相当数保有しており、発掘された厄災戦時代のMSに残されていたデータを利用して特殊弾頭が制作された例もある。

形式

ガンダムフラウロス搭載型

ガンダムフラウロスの背面に二門搭載されている、フラウロスの目玉兵装。
ガンダムフレームの機動力、近接戦闘能力を高水準に維持しつつ砲撃が可能となる。

四足の砲撃形態への変形機構が搭載されているが、人型のままでも砲撃していたので、どの程度の必要性があるのかは不明。

タービンズ、鉄華団には特殊弾頭の用意が難しかったため、本来のダインスレイヴの性能を発揮した場面は非常に少ない機体。

グレイズ搭載型

弓かクロスボウの様な形をしており、腕部の左右どちらかを丸ごと取り外しこれを装備する。
更にシングルリアクターではレールガンに使用する出力を出せないために、腰部に補助動力を搭載する必要がある。
また、頭部カメラも超長距離狙撃専用のものに換装される。

しかしリアクターの出力のほとんどをダインスレイヴに回しているため、機体がまともに動けず、方向転換もままならない模様。

作中では専ら、多数の機体で戦列を組んで運用されており、ずらっと一列に並ぶ様はガンダムXのGビットを彷彿とさせる。

ガンダムアスタロト搭載型

「バスタード・チョッパー」と呼ばれる火薬式のパイルバンカー。弾頭はダインスレイヴを模したもの。
さすがに本家本元ほどの威力はないようだが、それでもナノラミネートアーマーは貫通できる。

ガンダムキマリスヴィダール搭載型

シールドとランスを接続して使用する合体武器。劇中には登場せず、設定のみ。
四発まで携行し自力装填可能という、他の形式とは一線を画す完成度を誇る武器。設定だけで済んでよかった。

欠点

劇中その威力と射程で猛威を奮ったが、完全兵器などではなく相応の欠点も多い。

  • 巨大
弾頭のサイズが非常に大きく、作中登場したものはすべて一発ずつの先込め。
格納庫でクレーンを使うか、装填用にMSを用意しなければならず、装填に手間取るので次弾の攻撃までタイムラグがどうしてもできてしまう。

  • 威力が過大
破壊力があまりにも高すぎるために周囲に及ぼす影響が大きく、無計画に使用すると被害が大きくなってしまう。

  • 精度不足
通常砲に比べて精度が悪いわけではなく、むしろ劇中の描写からするとかなり高精度な兵器のようではある。
しかしながら、特にグレイズ用は近接戦闘能力、機動力がほとんどゼロになるため、安全のためにはかなりの距離から発射する必要があり、それに十分な精度があるとは言い難い。

  • 誘導しない
真っ直ぐ飛ぶだけであり、誘導はしない。いくら速度があるとはいえ、超長距離から撃てば着弾まで若干のラグがある。
弾道と発射タイミングさえわかれば、MSや小型艦のように運動性が高い目標には回避されやすい。

  • 条約違反
この兵器を使用する事自体が条約違反であるため、表立って使うと世間的な印象は非常に悪くなり政治的には不利な要素ともなる。
劇中の描写からして、所持そのものが違反となるわけではないようだが、政治的立ち位置によっては単に持つだけでもいろいろと不利益を被りかねない。

実際、イオク・クジャンタービンズ討伐の際に相手の降伏信号を無視し非武装船にもダインスレイヴを使った件はタービンズの上部組織テイワズにとって非常に有利なカードとなり、直後のイオク謹慎だけでなく本編数年後の火星政権再編人事への介入にも影響を及ぼす程となっている。

しかしながらばれなきゃ問題ないので、ラスタル・エリオンは圏外圏での海賊狩りに使いまくっているらしい。

  • 恐ろしいスペースデブリになる
作中で描写されたわけではなく、視聴者からされる指摘。

ぶっちゃけ的外れな指摘である。
地球の交点速度が秒速30km、火星の公転速度が秒速24km。更にそれぞれの惑星軌道の周回速度も秒速〇kmというすさまじい値。
これを下回れば星の重力に引っ張られて落ちるのだから、軌道上に滞在して戦闘を行う戦艦やMSも既に同等の速度を持っている。
当然残骸や砲弾も高速で移動しており、ダインスレイヴのみを取り立てて脅威と主張する意味はない。

作中の運用

発射機の初登場はハシュマル戦。
このときは特殊弾頭ではなく通常弾頭が使用され、直撃した崖を大規模に崩落させる威力を見せつけて視聴者を驚かせた。

弾頭の初登場は、イオクによるタービンズ摘発。
ジャスレイ・ドノミコルスの入れ知恵によりタービンズの貨物へダインスレイヴを紛れ込ませ、これを鉄華団の火星での発射機運用と一緒に突っついてやることで、違法兵器運用の疑いで調査することとなった。
で、イオク様は「バレなきゃ犯罪じゃないんですよ」の精神で大々的に運用したのだが、鉄華団の介入によってタービンズの多くが生き残ってしまう。この件を理由にラスタルはテイワズにいろいろ便宜を図ってやらねばならなくなった。

次の運用は、地球圏におけるマクギリス派とラスタル派の内部抗争。
マクギリス派に紛れ込んだラスタルの間者がダインスレイヴを運用、「あっちが使ったんだからこっちも使っていいよね」ということで以降ラスタルが大々的に運用し、戦闘の趨勢を決した。

鉄華団側も、タービンズが復元した一発を運用したが、こちらは惜しいところで外れてしまう。

作中最後の登場は、最終決戦に対する支援射撃。大立ち回りを繰り広げるバルバトスグシオンリベイクに対して軌道上から発射。
相当数を発射したがほとんど命中せず、深手を負わせたものの仕留め損ねてしまう。その後効果確認中に乱戦となってしまったため二射目は行われなかった。

立体物

グレイズが使用したモデルは、プレミアムバンダイにて『HGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット』に同梱される。 
セットの内容はグレイズ(イオク機)、レギンレイズ・ジュリア(最終決戦仕様)、グレイズ(ダインスレイヴ装備型)×2。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
レールガン 超兵器
ギャラルホルン
ガンダムフラウロス グレイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ダインスレイヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13833

コメント