ピクシブ百科事典

ダインスレイヴ

だいんすれいぶ

ダインスレイヴとはアニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」作中に登場する兵器。
目次[非表示]

概要

北欧神話の魔剣ダーインスレイヴの名を冠する電磁投射砲(レールガン)。
モビルスーツの構造材にも使用されている高硬度レアアロイで製錬された針金のように細い専用弾頭を超高速で発射する。
電磁投射砲ではなく炸薬によって弾体を発射する形式の物もあるが、電磁投射砲を使用するよりも貫通力、射程等は落ちる事になる。
専用弾頭はその性質上、運動エネルギー弾(KEP)に分類される。
元々は厄祭戦時に対モビルアーマー用として開発された兵器である。

射撃武器でありながら、モビルスーツはおろか軍用の艦船のナノラミネートアーマーを貫くほどの非常に高い威力を持つ。
通常兵器では届かない軌道上から地上施設を攻撃する際にも使用され、その際には衝撃波で着弾地点の地形が大きく変わる程の破壊力を発揮する。
専用弾頭の強度は極めて高く、軌道上からの砲撃で地表に突き刺さった物でも原型を留めている。

厄祭戦終結後も人間同士の戦争で使用されていたが、ナノラミネートアーマーを無力化する威力で多くの人命を奪ったために非人道的とされ(実際は多くのMSを所持するギャラルホルンが自らの優位性が損なわれることを恐れたという面もある)、条約で使用禁止となっている。

但し、明確に禁止されているのは『専用の弾頭を高出力レールガンで射出すること』であり、高出力レールガン本体のみならば、弾頭を別のものに変えれば条約スレスレのグレーゾーンではあるが違反とはならない。

禁止兵器として扱われているが、既に製造されていたダインスレイヴや特殊弾丸・制作に必要な設計図等のデータの全てが破棄されたわけではなく、ギャラルホルン自体は使用可能な状態のダインスレイヴや特殊弾丸を相当数保有しており、発掘された厄災戦時代のMSに残されていたデータを利用して特殊弾頭が制作された例もある。

グレイズが使用するものは弓の様な形をしており、腕部の左右どちらかを丸ごと取り外しこれを装備する。
更にシングルリアクターではレールガンに使用する出力を出せないために、腰部に補助動力を搭載する必要がある。
また、頭部カメラも超長距離狙撃専用のものに換装される。このカメラは軌道上から火星地表にいるMSを正確に狙い撃てるほどの、ダインスレイヴの有効射程を最大限に活かせる極めて高い精度を持つ。
しかしリアクターの出力のほとんどをダインスレイヴに回しているため、機体がまともに動けず方向転換もままならない。(その為かなりの遠距離から使用されている)

ガンダム・フラウロスでも専用弾頭を装着すれば同様の使用が可能だが、当初は弾頭のデータが存在しなかったために、サルベージしたデータから作成した一発きりの試作弾頭を使用した最後の出撃以外ではダインスレイヴ弾頭を使っていない。

性質

劇中その威力と射程で猛威を奮ったが、完全兵器などではなく相応の欠点も多い。

まず第一に、弾頭のサイズが非常に大きいために一発ずつの先込め、後込めにせざるを得ず、装填に手間取るので次弾の攻撃までタイムラグがどうしてもできてしまう。

第二に、威力があまりにも高すぎるために周囲に及ぼす影響が大きく無計画に使用すると被害が大きくなってしまう。

第三に、誘導兵器ではなく真っ直ぐ飛ぶだけであるため、発射地点と発射タイミングさえ知れば機動性の高い兵器に腕のいいパイロット(例:ガンダムバエルとマクギリス)であれば十分に回避が可能ということ。
本編で高い命中精度を持っているように見えたのは、後述する運用の他に、MSパイロットにほぼ例外なく「ナノラミネートアーマーで実弾はほぼ完全に防げるから射撃武器は弱いものだし、わざわざ回避せずに装甲で受け止める」という考えが刷り込まれているからであり、その認識が覆れば更に命中率は落ちる。
厄祭戦当時は、AIによる人間を超えた反応速度と高い機動姓を併せ持つMAには回避されてしまい決定打にはならなかったとされている。

最後に、この兵器を使用する事自体が条約違反であるため、表立って使うと世間的な印象は非常に悪くなり政治的には不利な要素ともなる。
実際、イオク・クジャンタービンズ討伐の際に相手の降伏信号を無視し非武装船にもダインスレイヴを使った件はタービンズの上部組織テイワズにとって非常に有利なカードとなり、直後のイオク謹慎だけでなく本編数年後の火星政権再編人事への介入にも影響を及ぼす程となっている。

作中ラスタル・エリオンはこれらの欠点をクリアし、メリットだけを最大限に生かせるように巧妙に運用している。

第一の欠点に対しては、部隊の最後方に配置した上で本体を装備したグレイズ一機につき装弾作業用のフレック・グレイズを一機随行させる。

第二の欠点に対しては、周囲に何もない宇宙空間や火星の荒野に向けて使用する。

第三の欠点に対しては、大量の数を用意して面制圧を行う。これによって、ラスタルが意図したことではないが作中最強のパイロットである三日月・オーガスの「戦術的な視点を持たない」というほぼ唯一の欠点を突いて、致命傷を与えることに成功している。

一列に羅列している様はガンダムXのGビットを彷彿とさせる。

最後の欠点に対しては、地球圏での戦いであったマクギリス革命軍との戦闘時に、予め仕込んだ間者を使い「敵軍の方が先にダインスレイヴを撃った」という構図を作ってから使っていた。
鉄華団を火星で掃討する際に使った際は、あらかじめマスコミを現場から遠ざけた上衛星軌道上から撃たせている。
ただし火星での使用時はクリュセまで爆音と振動が届いてしまい隠蔽にも限界があったためか、一度しか砲撃は行われなかった。
尚、監視の目が届かない圏外圏での海賊掃討などには堂々と使用しているらしい。

どれも自身の権力、影響力とアリアンロッド艦隊の兵力を最大限に利用しており、ラスタルの戦術眼と目的のためならば手段を選ばない容赦の無さが窺える。

なお宇宙空間では発射された実弾は永久に初速を失わないため、回収できなければスペースデブリとなり二次的な被害が発生する可能性があるが、作中では特に問題にはなっていない。

立体物

グレイズが使用したモデルは、プレミアムバンダイにて『HGIBO ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット』に同梱される。 
セットの内容はグレイズ(イオク機)、レギンレイズ・ジュリア(最終決戦仕様)、グレイズ(ダインスレイヴ装備型)×2。

関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
レールガン 超兵器
ギャラルホルン
ガンダムフラウロス グレイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ダインスレイヴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12322

コメント