ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 北欧神話に登場する魔剣。ダインスレイヴ(ダインスレイブ)、ダインスレイフとも。
  2. 競走馬の名前。
  3. ファンタジー企画「pixivファンタジアSR」の戦闘ギルドの名前。→ダーインスレイヴ水晶騎士団
  4. アニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』に登場する機動兵器。→ダーインスレイヴ(VVV)
  5. アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場する兵器。→ダインスレイヴ
  6. ゲーム『原神』の登場キャラクター。→ダインスレイヴ(原神)
  7. アニメ『戦姫絶唱シンフォギア』に登場する聖遺物。→イグナイトモジュール
  8. ゲーム『モンスターストライク』に登場するモンスター。→ダーインスレイヴ(モンスト)

1.の概要

北欧神話の英雄の一人であるデンマーク王「ヘグニ」が所有していた剣であり、一度引き抜いたが最後、他者を斬り殺すまで鞘に収める事が出来ないという恐ろしい魔剣であるとされている。


「ダーイン」の名は製作者のドワーフの名前から取られており、名前を全て和訳すると「ダーインの遺産」という意味になる。


ダーインスレイヴの恐ろしさを表すエピソードは『エッダ』の中で語られており、その内容は以下の通り。


ヘグニが留守にしていた折に、娘のヒルドがへジン王に捕らえられてしまった。

これを知ったヘグニはヒルドを探し求め、今日のオークニー諸島にあるハー島にいる事を突き止めた。

ヒルドは父を歓迎して和睦を申し出たが、時既に遅く、ヘグニはダーインスレイヴを抜刀していた為に、周囲の人々を斬り殺してしまう。これが切っ掛けとなり、ヘグニとへジンの対立は本格化して、人々は次々と戦死していった。

ヒルドは毎晩、戦場に残って魔術で兵士達を蘇生させた。争いは益々泥沼化していき、ラグナロクの時まで止む事は無かったという。


日本の創作作品において

ギルガメッシュの「王の財宝」に貯蔵された宝具のひとつとして、ダインスレフ(ダーインスレイヴ)の原典が登場。

尚、本来の持ち主であるヘグニは未だにFateシリーズには登場していない。


ガルムのウートガルザが持つ三日月刀として登場。

しかし、これといって呪いの類は確認されていない。


完全者が振るう銃剣に、魔剣として「ダインスレイヴ」の銘が打たれている。

人類の霊的解放を目的とした「プネウマ計画」を掲げる彼女にはピッタリな銘であろう。


無印のゲーム版にのみ登場する「剛鎚ダーインスレイヴ」という武器が該当。

ただし、原点とは異なり、剣では無くメイスとなっている。

尚、マイナーチェンジ版の『BOOST』『爆ブースト』から登場した強化武器である「凶鎚ベルセルク」も、北欧神話を名前の由来としている。


第3期『GX』にて、先史文明期の聖遺物としてカケラの状態で登場。

アルカノイズの万物を分解する能力に対抗すべく、損壊したシンフォギアの修繕に伴う改造計画において、ギアの動力コアに錬金術の理論体系を元に組み込まれ、強化形態・イグナイトモジュールを実現させた。


関連タグ

北欧神話 魔剣 妖刀

関連記事

親記事

魔剣 まけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44289

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました