ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ティルフィング

てぃるふぃんぐ

北欧神話に登場する魔剣。 主神オーディンの末裔である王が、土精を脅して造らせた無敵の剣。 ただし土精の呪いが込められており、三度願いを叶えると持ち主に死をもたらす。
目次 [非表示]

概要

北欧神話に登場する魔剣

英字で【Tyrfing】と綴り、テュルヴィング、ティルフュング、テュルフングとも呼ばれる。


この剣は、主神オーディンの末裔であるスウァフルラーメという王が、ドヴァリンとドゥリンという二人の土精(ドヴェルグ)を捕らえた際、命を救う代わりに作ることを要求して出来た。

その剣の注文も、「石や鉄を布の様に引き裂き」、「錆びも刃毀れもせず」、「柄や装身具は金で出来ていて」、「狙った相手は外さない魔力がある」という無茶なものを突きつけた。

土精たちは生き永らえるために、全ての注文を叶えて出来上がったのが、このティルフィングである。


柄・鍔・鞘・ベルトに至るあらゆるパーツが金色に輝き、刀身は妖しい輝きを湛え暗闇でも美しく光るという。

大きさは諸説あり、またルーン文字が刻まれているという伝承もある。


呪われた剣

しかし主神の末裔とはいえ、ただの人間にここまでいいようにされて黙っている土精ではなかった。

土精はこの剣に「一度抜けば誰かを殺さなければ鞘に収まらず、三度願いを叶えるがそれが終わると持ち主に死の運命を与える」という強力な呪いを掛けた。


かくしてスウァフルラーメはこの剣を手に入れ、戦場に出撃。

数々の勝利を収めるも、アルングリムという男と剣を交えて敗れ去り、ティルフィングによってとどめを刺されてしまった。

その後アルングリムはティルフィングを我が物とし、さらにスウァフルラーメの娘を娶って王となる。

だが剣の呪いは収まるところ知らず、六人の持ち主を渡り歩いてその半数と関係者たちを祟り殺している


アルングリムとスウァフルラーメの娘の間には12人もの子供が生まれるも、息子たちは揃いも揃って狂戦士となり、その長男であるアンガンチュールは王位を継ぐと各地で戦乱を招き、ティルフィングの毒牙にかかって身を滅ぼしてしまう。そしてティルフィングもアンガンチュールの墓所に埋葬されることになる。


その後アンガンチュールの娘・ヘルヴォールヴァイキングの船に乗り込み男装して海を駆け、各地を荒らしまわる烈女として暴れまわっていた。そんな折、自身の父が稀代の名剣(=ティルフィング)を持っていたことを知り、父の墓所へと向かう。

そこはアンガンチュールの怨念の炎によって燃え盛り、誰も近づけないでいたが、ヘルヴォールはそれをものともせずに塚の中心に辿り着き、ティルフィングを要求する。

アンガンチュールも娘の胆力を認め、ティルフィングを譲った。


その後、ヘルヴォールは結婚して二人の息子をもうけるが、穏やかな人格者の長男と父と同じく狂戦士の気質を持つ二男・ヘルドレイクにティルフィングを譲ることにするも、ヘルドレイクがティルフィングの魔力に魅入られて兄を殺害してティルフィングを手に入れてしまう。

以来、ティルフィングを持ったヘルドレイクは常勝無敗の戦士となり、やがて一国の王へとのし上がっていく。

ヘルドレイクはゲッツムブリンドという戦士と反目していたため、彼の追放を講じて呼び出すも、ヘルドレイクの打倒を神々に祈願するゲッツムブリンドにより、なんと神界からオーディンが直々に馳せ参じ、ゲッツムブリンドに変身してヘルドレイクに知恵比べの勝負を仕掛ける。

ところがヘルドレイクは全智を誇るオーディンの問答にすべて答えるという、とんでもない知恵者でもあった。全ての問いにあっさり答えを返すヘルドレイクに業を煮やし、オーディンは人間では知り得ない神界の知識を持ちだして負けさせようとする。ここでヘルドレイクは自分の相対するものがゲッツムブリンドでないことを悟り、ティルフィングを抜いて襲いかかった。オーディンは間一髪でに変化して逃げ遂せるも、尾羽を切られてしまう。これが鷹の尾羽が短い由縁とされている。

事実上の敗北を喫したオーディンはヘルドレイクを危険視し、その晩のうちに魔法を使って暗殺者を呼び寄せ、ヘルドレイクを抹殺するのだった。


ヘルドレイクの死後、剣は彼の息子である二人の兄弟に譲られる。

しかしここでもティルフィングの呪いが発動し、兄弟は後継者争いを始め、それがやがて一つの戦乱を呼んでしまう。最終的にティルフィングを手にしていた兄が勝利を収め、戦乱は終息する。

この一連の争いが伝家の宝剣の呪いだと悟った兄は、ティルフィングを手放す決意をする。

だが出来なかった。

どんな手段を使って手放しもティルフィングは兄の下に帰ってきたのだ

それから、兄の運命とティルフィングの行方について、知る者はいない……。


登場作品

FF3、FF11、FF12RW、FF14、FFL、DFF系(AC・NT版以外)に登場する剣系武器。

FF12RW以外は「ティルヴィング」表記。

尚、FF6にも登場するが、こちらは武器ではなく敵専用特技である。


ファイアーエムブレム聖戦の系譜に登場する神器。

祝!聖戦15周年!!

こちらではダーナ砦の奇跡の時に聖戦士バルドが竜族から授かった聖剣であり、戦後グランベル領内にバルドが興したシアルフィ公爵家に受け継がれている。本編開始時点では当主のバイロン卿が所持し、嫡男シグルド、さらに息子のセリスが継承することとなる。

ロードオブヴァーミリオンIII五影剣


ティルフィング

CV:雨宮天

詳細はティルフィング(ファントムオブキル)を参照。


CV:土田玲央

詳細はティルヴィング(モンスト)を参照。


別名・表記ゆれ

ティルヴィング


関連タグ

北欧神話

魔剣 呪い


ストームブリンガー …… この剣が原形とも推察されている。

関連記事

親記事

魔剣 まけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました