ピクシブ百科事典

視聴率

しちょうりつ

あるテレビ番組をその地区のテレビ所有世帯のうち何パーセントが視聴したかを表す推定値。テレビ番組の人気の指標のひとつとなる。
目次[非表示]

概要

モニターとして選ばれた家庭のテレビに計測機器をとりつけて得たデータを元にしている。
「どのくらいこの番組が見られているか」という指標のひとつともなり、人気の度合いを計るバロメーターでもあるため、番組の延長やテコ入れ打ち切りにも影響する。

視聴率の調査は関東、関西、名古屋、札幌、岡山香川、北部九州(これらはいずれもテレビ東京を含む民放5キー局が入る地域)、仙台福島、新潟、静岡、広島で毎日行われているが、一般的に報道などで「視聴率○%」と表される時の数字は関東のものである。
調査する世帯数は関東・関西・名古屋地区が600世帯、その他の地域が200世帯の標本調査であるが、調査対象が総世帯数と比べてあまりにも小さいため誤差が大きく出やすいなどの指摘がある。例えば関東地区で「視聴率10%」と発表された場合、視聴率計測をしていない約1500万世帯を含めた真の視聴率は「7.6~12.4%の間に収まる確率が95%」という理論値となり、さらに20回に1回はこの枠からも外れる。視聴率20%と発表された場合は同じく「16.7~23.3%の間に収まる確率が95%」である。
このように単発の視聴率は誤差が大きく出るため、テレビ局の現場では単発の視聴率よりも同じ時間帯の前4週間の視聴率を平均した「前4週平均視聴率」を重視しており、これを番組の継続・打ち切りなどの判断基準としているところが多い。
なお、年に数回、上記以外の地方都市でも視聴率調査が行われている(ただし民放が2局以下の福井や宮崎などは調査の対象外となっている)。

録画して見る人の割合までは解らないため、リアルタイム視聴のみのデータでありそのため録画機材の発達した現在ではデータの扱いに付いて度々論争のネタともなっているが、ビデオリサーチ社やテレビ業界などは「視聴率は『どれくらいの世帯がコマーシャルを見てくれるチャンスがあるか』、というスポンサーのために計測している数字であるから、CMの飛ばし見が多くなる録画率は計測する意味が無い」というスタンスを一貫して取り続けてきた。2015年からは録画視聴率の一種である「タイムシフト視聴率」も計測されるようにはなったが原則公表はされておらず、未だに旧来通りの視聴率計測が主流である。

現在、日本の視聴率調査はビデオリサーチ社が事実上一手に握っている状態となっている。

かつては視聴率は各放送局に問い合わせれば一般視聴者にも教えてくれたため、2ちゃんねるなどでは「視聴率スレ」がドラマやアニメ関係の板に立ち一喜一憂や論争を繰り広げる様が定番であった。
しかし2013年初頭頃から各局ともこのサービスを相次いで打ち切ったため一般視聴者が視聴率を知る機会は大幅に限られたものとなった。(が、それ以降も何だかんだ言いつつ一部の番組を除いて情報がいろいろと流出している模様。)
「テレビ局がビデオリサーチ社から有料で買い取っている情報を視聴者からの問い合わせに対して無料で教える、という行為は企業コンプライアンスの面から見て問題がある」というのがサービス停止の理由と公表されているが、フジテレビの視聴率急落・低迷が露呈した直後に打ち切られたため、ネット住民を中心に色々と邪推されている。
(こう書くと「金を出せば教えてくれるのでは?」と聞こえそうだが、そもそも視聴率というのが視聴者の興味本位に応えるためのものではなく「スポンサー企業の広告効果の指標のひとつ」として測定している、というのが第一目的であることから、有料であれば教えてくれるという訳でもないようである。)

なお、欧米では視聴率と同時に視聴人数も計測されており、日本のように視聴率よりも「○○○万人が視聴した」といった視聴人数の発表の方が重視されている。

視聴率の現状

視聴者の在宅率にも左右されるため当然時間帯によって上下差がある。
視聴率が最も高くなる時間帯は夜の19時~23時で、この時間帯を『プライムタイム』と呼び、NHK総合や4大民放では10%(いわゆる『2ケタ』)が最低限のノルマとされている。
次いで高くなるのが平日朝のお出かけ前と夕方18時~19時、夜23時~深夜0時であり、この時間帯のノルマは時間帯にもよるがだいたい7%くらいと考えられている。
土日の日中や平日のランチタイムでは全体の視聴率がプライムタイムの約半分程度となり、5%を超えられるかどうかが一応の目標となる。日曜朝や夕方時間帯放送のアニメの成否に視聴率5%ラインが意識されている理由もここにあると言える。また平日ランチタイム前後の時間帯はもっと低くなり、深夜0時台と比べても大差がなくなる。
そして最も視聴率が低くなるのが深夜枠であり、午前1時を過ぎると2%とれれば御の字、1%を切る番組も少なくなくなる。
視聴率の動向がもっとも注目されるのは無論プライムタイム(広告料で言うところのAタイム)の時間帯であるが、近年では各テレビ局ともプライムタイムとド深夜(同・Cタイム)の狭間に当たる深夜時間帯(23時~25時、Bタイムに当たるゾーン)に力を入れており、この時間帯を日本テレビは「プラチナゾーン」、テレビ朝日は「プライム2」と独自に呼んでいる。

ただし、アニメ番組の場合は視聴率よりも関連グッズの売上などによるスポンサー収入の方が重視される傾向が強い。そのため、視聴率が高くてもスポンサー収入が少ない番組は放送を終了してしまうこともある。
逆の極論を言えば、たとえ視聴率が0%であっても何故かスポンサーの離れない(収入が得られる)番組があったとしたら放送局側としては打ち切る理由はないということになる。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「視聴率」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3161

コメント