2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

Amazonアマゾンプライムにある言葉のPrimeなどとは別物です。

概要

テレビ業界(ラジオ放送を含む)において最も視聴率が高くなる時間帯で、日本の場合19時~23時の4時間を意味する。
同義語にゴールデンタイムがあるが、両者の違いは22時台を含むか含まないかの違いしかなく、一般的にはほぼ同義語として使われている。
※なお、YouTubeの生放送については、放送業界用語以外で用いる場合では全く異なる。

この時間帯は各局とも人気タレントを多く起用した看板番組が並び、激しい視聴率争いが繰り広げられていた。
しかし、リーマンショック東日本大震災以降の自粛ムード、規制強化、SNSによる炎上対策強化、動画サイトの普及、番組のマンネリ化などによる視聴者(特に若者)のテレビ離れが加速し、視聴率は低迷の一途を辿っている。

2016年現在NHKと民放ネットワーク5局の全局合計視聴率は60%を割り込むほどになっており、80%をゆうに超えていたテレビ全盛期と比べて2割以上も落ち込んでいる。かつてはゴールデンタイムで視聴率1ケタだとすぐ打ち切りが囁かれていたが、現在は1ケタでもAクラス(横並びで3位以上)に入ることも珍しくなくなっている。(ただし、テレビ東京は基準が他局と異なる)

かつてこの時間帯は多くの大ヒットアニメ特撮アクションドラマメロドラマ(トレンディドラマ}・時代劇番組が放送されていたのだが、現在では数えるほどしか放送されておらず、低予算バラエティ番組が大半を占めてしまっている。

昔のテレビが映っている古いVHSやDVDは宝物として後世に伝えたいものである。

アニメ

20世紀にはこの時間帯にアニメが多数放送されていたということは、今日では驚きである。
バブル崩壊以降スポンサーも懐が厳しくなり、さらに少子化や習い事の普及によってゴールデンに新枠アニメを開設しても視聴率が取れず、後継作品が育たなかった。

アニメを多数放送しているテレビ東京系列でさえ2010年代には次々とアニメ枠を手放し、2019年にはドラえもんクレヨンしんちゃんもついに撤退したため、一度民放のプライムタイムのアニメは消滅していた。2021年現在はテレビ東京系列の金曜19時台枠のみ設置されており、それ以外では『金曜ロードSHOW!』枠でジブリなど日テレ系列のアニメの映画が繰り返し頻繁に放送されている程度である。

表現規制も厳しくなっており、また深夜アニメ・ネット配信アニメでも社会現象アニメが生まれている時代であるため、この時間帯に高い金を出して枠を買う意味も減っている。

ドラマ

※執筆お願いします。

ラジオ

ラジオ放送業界に

関連タグ

放送 テレビ局 放送時間 時間帯 放送業界用語 視聴率

放送業界以外でプライムに関するタグ

Prime プライム
サブプライム

関連記事

親記事

テレビ てれび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2539

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました