ピクシブ百科事典

ガンダムアスタロト

がんだむあすたろと

ガンダム・アスタロトとは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

厄祭戦末期に建造されたガンダム・フレーム採用型モビルスーツの一機。
終戦後、ギャラルホルンに名を連ねるウォーレン家により行われた月面調査の最中、巨大クレーターの底部から発見され、以後三百年近く同家の手により管理・保管されてきた。
しかし、ウォーレン家は10年前に地球経済圏との癒着が発覚した事で取り潰しの憂き目に合い、アスタロトもまたアングラな市場を彷徨う事になった。

紆余曲折を経て、アスタロトは月のアバランチコロニーに拠点を置く複合企業「タントテンポ」の管理下に置かれるが、その間に装備や装甲は分解・売却されており、タントテンポの手に渡った時点でほぼフレームのみの状態となっていた。
タントテンポの頭目テッド・モルガトンの温情によってタントテンポに身を寄せていたウォーレン家の跡取ヴォルコ・ウォーレンは、家の象徴であったアスタロトを復元する為に奔走し、その際他のモビルスーツのパーツやタントテンポの工業部門が生産した部品を利用して修復を敢行。これによってアスタロトはオリジナルに似せた不完全な形ではあるがガンダム・フレーム機としての姿を取り戻すに至る。
しかし、機体を改修したヴォルコは脳に記憶チップを埋め込む手術を受けた結果、空間認識能力が著しく低下しており、機体はテッドの専用機として扱われた(この際、義手を持つテッドに合わせて義手を介した神経接続システムも組み込まれており、機体と義手を接続する事で右腕のみ阿頼耶識システムと同等の反応速度を得る事が出来る)。
その後、テッド暗殺の為に送り込まれた傭兵アルジ・ミラージが、同じくテッド暗殺の為に送り込まれた同業者を退けるべく、重傷を負ったテッドに代わりこれに搭乗。テッド亡き後はアルジをパイロットとしてアスタロト本来のパーツを奪還する為の、そしてアルジの復讐の為の戦いに投じられる。

アスタロトはガンダム・フレームにスピナ・ロディ百錬などの装甲を装着した結果、左右非対称なシルエットを持ち、左腕部に至っては入手が容易であったスピナ・ロディの腕部装甲がそのまま転用されている。また、脚部などはタントテンポがヴォルコの記憶チップに残された整備データを元に再現したもので、微かにオリジナルの面影を残している。
複数の機体の装甲をパッチワークしている性質上機体の重心バランスは劣悪であり、腰部に装備された推進装置「ブーストアーマー」によるアシストを得て姿勢制御が行われている。

フレームの基礎設計は他のガンダム・フレームと同様だが、右腕に特殊なエネルギー伝達機構が組み込まれていた。しかし、闇市場へ流出した際に伝達用のケーブルを搭載した右腕の外装や伝達機構と接続する本来の武装が失われた為、レストア後は使用されていない。

機体データ

型式番号ASW-G-29
全高18.2m
本体重量30.6t
動力源エイハブ・リアクター×2
使用フレームガンダム・フレーム
武装
  • ライフル
  • ナイフ
  • デモリッションナイフ
  • サブナックル
  • 210mm対物ライフル
  • パンツァーファウスト
パイロットテッド・モルガトン→アルジ・ミラージ


武装

ライフル

ウォーレン家が管理していた時代からアスタロト専用に整備されていた射撃兵装。
オーソドックスな仕様のマシンガン。

ナイフ

標準的なモビルスーツ用格闘兵装としては小振りなナイフ。
破壊力ではデモリッションナイフに及ばないが、そのサイズもあって取り回しに優れ、関節部の破壊などで威力を発揮する。
非使用時にはブーストアーマーに格納される。

デモリッションナイフ

モビルスーツの全長を超える程の規格外のサイズを誇る折りたたみ式ナイフ。
そのサイズを取り回す為にサブグリップが備えられており、非使用時はマウントアームを介してバックパックにマウントされる。
刃を折りたたんだ状態ではその剣幅を利用して防御に用いる事も可能。また、その状態で剣を振るい、インパクトの瞬間に刀身を展開する事で相手の意表を突く事が出来る等、応用の幅は広い。
一方で、展開ギミックの関係上刀身には可動部が存在し、そこを狙われた場合は装備が分解する等の欠点もある。

サブナックル

左腕に外装される大型マニピュレータ。
百錬の腰部装甲を転用したガントレットにセットされ、デモリッションナイフを振るう際の補助などに使用される。
百錬の装甲はテイワズの重工業部門が輸出した正規品をタントテンポが購入した物。

210mm対物ライフル

モビルスーツの全長にも匹敵する長砲身を持つ対物ライフル。
安定して運用するには腰部ハードポイントと接続する必要があり、ブーストアーマーとの選択式装備となるが、マニピュレータによる保持のみでも射撃は可能。
銃身にはバイポッドが配されており、これを利用し安定した射撃が可能。

パンツァーファウスト

使い捨てのロケット弾。マウントアームを介してバックパックに二基携行可能。
ナノラミネートアーマーで防御を固めたモビルスーツ相手には決定打に欠けるが、使い方次第では相手の意表を突く事も出来る。

バリエーション

ガンダム・アスタロトオリジン

厄祭戦末期に建造されたガンダム・アスタロトの本来の姿。
詳細はガンダム・アスタロトオリジンを参照。

ガンダム・アスタロトリナシメント

アスタロトオリジンの装甲と共に装備を一新したアスタロト。
ガンダム・ウヴァルとの戦闘で装甲の80%を奪還したが、その戦闘の後ナナオ・ロナリオによって強奪され、木星圏の闇市場へ流された後、ジャンマルコ・サレアノによって市場から引き揚げられ、パイロットであるアルジに合わせた強化改修が加えられた。
左腕部サブナックルはガルム・ロディの膝装甲を転用した大型の物に変更されている他、右肩には大型装備の取り回しをサポートするサブアーム付きシールドが増設されている。
また、武装についても新たにパイルバンカー付きの大型鉈「バスタードチョッパー」が追加されており、左右のマウントラッチにはコンバットナイフ及びライフルを懸架可能な武装ラッチが追加された。
バスタードチョッパーのパイルバンカーは炸薬式ダインスレイヴとも呼べる物であり、至近距離であればナノラミネートアーマーの防御を突き破る事が出来るが、使用の際にはデモリッションナイフの峰の部分に合体させる必要がある。

関連項目

鉄血のオルフェンズ月鋼
ガンダム・フレーム
ガンダム・アスタロトオリジン ガンダム・ウヴァル

ガンダムアシュタロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムアスタロト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47460

コメント